走行系統

タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤ 安く 買う 方法

こんな方におすすめ

  • 新品タイヤをなるべく安く買いたい。
  • 新品タイヤにお金をかけたくない。
  • 安くて品質もしっかりした新品タイヤが欲しい。
  • 安く買えるタイヤがあるなら理由も知りたい。

上記の悩み・疑問を解決します。

 

記事を読んでわかること

  • 品質の良い新品タイヤを安く買う方法
  • 品質の良い新品タイヤを安く買える理由
  • 新品タイヤの購入は総額で決める理由

 

タイヤ購入時にタイヤ4本の値段と思ったら、1本の値段と聞いてビックリしたことはありませんか?

車のタイヤって消耗品と言われる割には高いですよね。

 

できればタイヤを安く買いたいと思ったことはありませんか?

そんな悩みを解決する方法は、『タイヤはネットで買う』です。

ネットで買うタイヤはオートバックスなど実店舗と比較して断然安いです。

 

例えば、トヨタのアクアの純正タイヤ

車種 アクア(トヨタ)
タイヤサイズ(純正) 175/65R15
タイヤメーカー (純正) PIRELLI(ピレリ_イタリヤ) CINTURATO P6

タイヤメーカー:ピレリは2011年から継続してF1で採用されているイタリヤのタイヤメーカーです。

 

  タイヤ1本の値段 タイヤ4本の値段 4本の価格差
オートバックス ¥7,940 ¥31,760 ¥14,820
タイヤフッド (ネット販売) ¥4,235 ¥16,940

タイヤ1本で¥3,705円の差、タイヤ4本では¥14,820円の差です。

 

なぜ、こんなに安いか?

理由はネット販売は直接販売 (直販) だからです。

もちろん、値段が安いからと言って低品質ではありません。

実店舗で販売されているタイヤと全く同品質です。

タイヤを安く買うなら、ネット販売で買うことです。

タイヤのネット販売サイトの1つに『タイヤフッド』があります。

『タイヤフッド』はタイヤ価格が安いうえ、『タイヤ取付け提携サービス』があります。

タイヤ取付け提携サービスは、タイヤ購入時にあわせて申し込みができます。

勿論、品質は実店舗で販売されているタイヤと全く同じです。

当記事では新品タイヤ安く買う方法と安い理由を具体的に解説します。

 

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

もくじ

新品タイヤを安く買う方法はネット販売の利用

インターネット

車のタイヤを買う手段には主に以下の5つがあります。

  • カー用品店
  • タイヤ量販店
  • ディーラー
  • ガソリンスタンド
  • ネット販売

 

上記5つの中でも車の新品タイヤを最も安く買う方法『ネットで買う』ことです。

『ネット販売』や『ネット通販』とも言われ、実店舗 (オートバックスなど) の価格に比べ驚くほど安いです。

 

関連記事

 

 

先程も紹介しましたが、

例えば、トヨタのアクアの純正タイヤ

車種 アクア(トヨタ)
タイヤサイズ(純正) 175/65R15
タイヤメーカー (純正) PIRELLI(ピレリ_イタリヤ) CINTURATO P6

タイヤメーカー:ピレリは2011年から継続してF1で採用されているイタリヤのタイヤメーカーです。

 

  タイヤ1本の値段 タイヤ4本の値段 4本の価格差
オートバックス ¥7,940 ¥31,760 ¥14,820
タイヤフッド (ネット販売) ¥4,235 ¥16,940

タイヤ1本で¥3,705円の差、タイヤ4本では¥14,820円の差です。

 

 

価格は約2倍の差があります。

品質はオートバックスであろうがディーラーであろうがどこの店舗と比べても全く同じです。

今、紹介したアクアの純正タイヤに限らず他のタイヤにおいても実店舗よりも格安で買えます。

安い理由直接販売 (直販) を採用しているためです。

 

安い理由は直接販売 (直販) を採用し中間マージンが無いため

タイヤメーカー

インターネットで買うタイヤが安い理由は、直接販売 (直販) の形式を採用しているためです。

直接販売 (直販) 形式では、中間マージンがないために商品を安く売ることが可能です。

 

インターネットにて安く売られているタイヤは、タイヤメーカーから直接販売 (直販) されています。

勿論、タイヤの品質は店舗と同じです。

安いからといって低品質や粗悪品ではありません。

直接販売 (直販) では、値段が高い商品ほど購入価格は安くなります。

つまり格安になります。

 

 

直接販売 (直販) の事例

タイヤに限らず実店舗に比べてネット販売の方が安い商品は、多くの場合で直接販売形式 (直販形式) を採用しています。

直接販売 (直販) はインターネットでは良くある販売方式です。

 

ドライブレコーダーの例

ドライブレコーダー

ラジオをお聞きの方ではご存知かもしれませんが、ラジオ番組の途中に5分 ~ 10分程度の商品紹介コーナーがあります。(日によって紹介される商品は異なりますが)

商品紹介コーナーで正に安い (格安) 理由を言っています。

以下を聞いたことはありませんでしょうか?

 

『今回紹介したドライブメーカはメーカー直販 (直接販売) のため、販売価格はなんと¥○○円のお値打ち価格でご提供させていただきます!』

 

ラジオ以外にもテレビの通販番組でも聞いたことがある方はいらっしゃると思います。

 

正に『メーカー直販のため』と言っています。

お値打ち価格とは、お買い得な価格の意味です。

 

ドライブレコーダーの例を用いましたが、他の商品においても安い理由は直接販売 (直販) のためです。

直接販売 (直販) は販売価格を安くできるうえ、インターネットではよく採用されている販売形式です。

 

観光地の特産品や果物産地の高級メロンの例

直販_直売

観光地や果物の産地などに行くと、道路脇に特産品や果物を販売しているお店を見たことはありませんでしょうか?

販売場所は実社会ですが、販売形式はインターネット同様に直接販売 (直販) 形式です。

高級メロンや新鮮かつ甘くて美味しい果物が安い理由は、直接販売 (直販) の為です。

お店の横に『直販』や『直売』と書かれた看板を見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

直接販売 (直販) では、中間マージンがないため安く販売ができます。

 

道の駅の野菜・農作物の例

直接販売_直販_直売

道の駅で売られている野菜や農作物などが安い理由も直接販売 (直販) のためです。

勿論、品質は落ちること無く新鮮かつ安く販売されています。

元々の野菜の価格がタイヤほど高額ではありませんので、スーパーの価格と比較して価格差は小さいですが、安く販売されていることは確かです。

直接販売 (直販) している事例は他にもありますが、一例を紹介しました。

 

 

オートバックスは直販ではない為、ネット販売に比べて高い

オートバックス

オートバックスなど実店舗で販売されるタイヤでは、仲介業者を挟んでいることから中間マージンを上乗せした価格で販売されています。

従って実店舗で買うタイヤは、ネット販売のタイヤに比べ価格は高くなります。

 

 

車のタイヤは格安になりやすい!理由は直接販売 (直販) かつ高額商品のため

タイヤ

直接販売 (直販) では、元々の値段が高い商品ほど格安になります。

¥1,000円の商品を直接販売 (直販) した価格差よりも、¥100万円の商品を直接販売 (直販) した方が価格差は大きく (格安) なります。

タイヤは高額商品にあたるため、正(まさ)に直接販売 (直販) すると格安商品となります。

  • タイヤを安く買う方法はネットで買う。
  • ネット販売のタイヤが安い理由は直接販売 (直販) を採用しているため。
  • 直接販売 (直販) はインターネットではよくある販売形式。
  • 直接販売 (直販) は、値段の高い商品ほど格安になる。
  • タイヤは正に直接販売 (直販) 形式を採用すると格安になる。

ネットで格安タイヤを販売している『タイヤフッド』安い理由直接販売 (直販) 形式を採用しているためです。

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

 

車のタイヤをネットで買う時のデメリット

デメリット

  •  適切なタイヤサイズの確認
  •  タイヤ購入の前にタイヤ取付店舗を探しておく(タイヤフッドは提携先が全国に有ります)
  •  持ち込みタイヤ取付はお断り
  •  即日交換は不可

 

適切なタイヤサイズの確認

実店舗でタイヤを買う場合、タイヤサイズがわからなければ店員さんにタイヤサイズを確認してもらうことができます。

 

ネットでタイヤを買う場合には、自分でタイヤサイズを確認しなければなりません。

しかし、タイヤサイズ確認は誰にでもでき簡単です。

愛車のタイヤ側面 (サイドウォール) に以下の刻印 (型) があります。

 

205/55R16 91V

 

あるいは、『タイヤ空気圧のステッカー (運転席のドアを開けた所に貼ってあるステッカー) 』 にもタイヤサイズ表記あります。

不安の方は両方の数字が一致しているかを見て確認ができます。

 

タイヤサイズの見方

タイヤサイズ205/55R16 91V の場合

表記 意味 単位
205 タイヤの幅 mm
55 偏平率 %
R ラジアル構造 -
16 リム径(要するにインチ数) インチ
91 ロードインデックス  
V 速度記号 km

 

車のタイヤサイズの見方

 

偏平率 (%) とは?

公式:偏平率 (%) = H/S × 100

偏平率とは、タイヤの断面幅 S (mm) に対する断面の高さ H (mm) の比率を表す数値です。

断面高さは、サイドウォールとも呼ばれます。

偏平率出典元 :DUNLOP

 

 

どうしても不安な方はネット販売サイトのサポートにて電話確認

電話

どうしてもタイヤサイズが合っているか不安の方は、ネット販売のサポートに電話確認ができます。

電話の前に準備するもの

  • 車検証(自動車検査証)

 

電話で伝えること

  • 車種(車検証に記載あり)
  • 年式(車検証に記載あり)

上記を準備した上で、販売サイトのサポートに電話をした後、車種や年式を伝えると純正タイヤサイズを教えていただけます。

 

 

タイヤ購入の前にタイヤ取付店舗を探しておく(タイヤフッドは提携先が全国に有るため不要)

ネット販売にてタイヤを購入する場合、別途、タイヤ取付 (タイヤ組付け) 店舗を探さなければなりません。

直ぐにタイヤ取付を希望している場合はタイヤ取付店へ直送できるほか、しばらく経ってからタイヤを取付けたい場合は、自宅保管後にタイヤ取付店へ持ち込むことも可能です。

 

 

持ち込みタイヤ取付のお断り

一般的に他の店舗で買ったタイヤの交換は嫌がられます。

 

問題が無い例

A店で買ったタイヤをA店でタイヤ取付は問題なく交換できます。

 

嫌がられる例

A店で買ったタイヤをB店でタイヤ取付を依頼すると嫌がられます。

理由は交換のみでは利益が生まれにくいからです。

 

店舗にとって大きな利益を生むのはタイヤを売った時です。

利益の薄いタイヤ取付のみではどうしても嫌がられます。

 

交換してもらえる場合もありますが、工賃は通常に比べて高く設定されています。

また、お断りを遠回しに伝えるために、高額な工賃 (タイヤ4本交換で¥2万円など) を提示されることもあります。

 

ちなみに、タイヤ購入後に同じ店舗でタイヤ取付をした場合の工賃は以下です。

  タイヤ1本の交換工賃 タイヤ4本の交換工賃
オートバックス ¥1,600 ¥6,400
イエローハット ¥1,600 ¥6,400
タイヤ館(ブリジストン系) ¥2,000 ¥8,000
ディーラー ¥2,500 ¥10,000
ガソリンスタンド ¥3,000 ¥12,000

ガソリンスタンドは、交換工賃が高いうえにタイヤ銘柄も少ないです。

店舗によるところもありますがオートバックスやディーラーと比べて交換作業の平均レベルは高いとは言えません。

 

 

最近は持ち込みタイヤ取付の工賃が安い店舗も見られる

最近は持ち込みタイヤ取付歓迎する店舗も少し見られるようになってきました。

理由はネットで買ったタイヤの持ち込み希望しているお客さんが増えたためです。

工賃はタイヤ1本の交換工賃:¥1,600円と安く設定されていますが、持ち込みタイヤ取付をしてくれる店舗数はまだまだ少ないです。

 

即日交換不可

ネット販売のためタイヤの即日交換はできません。

タイヤの種類や在庫状況によっては即日発送可能の場合はあります。

実店舗ではタイヤ購入後に即タイヤ取付も出来ますが、ネットで買うタイヤの場合は即日交換はできません。

 

車のタイヤを実店舗で安く買う方法

  • ネット販売は不安がある
  • 実物を見て買いたい
  • 店舗の方のアドバイスを聞きながら買いたい

上記のようにネットよりも実店舗で買いたい方へオートバックスなど実店舗にて安く買う方法をお伝えします。

 

実店舗でタイヤを安く買う方法

  • タイヤ価格が下る時期セール期間中)に買う
  • 車検時に購入

 

 

タイヤ価格が下る時期(セール期間中)に買う

  • 夏用タイヤ
  • 冬用タイヤ

 

夏用タイヤ

夏用タイヤのセール期間は積雪の多い地域・少ない地域によって異なりますが、夏用タイヤのセールが始まる時期は冬季が終わる3月や4月頃から増えてきます。

雪深い地域では5月頃からセールが始まる地域もあります。

また、暖冬の年は夏用タイヤのセールは通常に比べて早まることもあります。

タイヤを買う時期が決まっている場合は、日々の天候や購入年の気候などを確認しておくことがタイヤを安く買うことへ繋がります。

工賃はセール期間中であっても通常と同じ金額です。

 

冬用タイヤ (スタッドレスタイヤ)

冬用タイヤのセール期間も夏用タイヤの場合と同様に地域により異なります。

特に日々の気温によるところが大きいです。

気温が下がり始めた頃凍結が始まる直前からセールは始まります。

日々の気温や天気を確認しつつ、購入タイミングを狙わなければ安く買うことは難しいです。

 

目安は冬直前の10月下旬 ~ 11月上旬、あるいは冬用タイヤ (スタッドレス) の需要が落ち込んで冬が終わる3月下旬 ~ 4月上旬頃です。

売れ残りのスタッドレスタイヤを春 ~ 夏の期間に保管しておきたくないため、在庫になる冬用タイヤがあれば安く売られることがあります。

店側としてはなるべくタイヤを保管したくはありません。

なぜなら、タイヤは保管場所を取るほか、タイヤの劣化が進むためです。

また、工賃は店舗によって無料のこともあります。

 

車検時に購入

絶対ではありませんが車検とあわせてタイヤを買うと、タイヤ価格と工賃を割り引いてくれる場合があります。

店舗によっては割引されないこともありますので、タイヤを安く買いたい時は事前にタイヤ価格と工賃の割引の確認が必要です。

 

 

車のタイヤを実店舗で買う時のデメリット

実店舗でタイヤを買う場合のデメリットは、タイヤを安く買えるタイミングに合わせることが難しいため、安く買う機会を逃すことです。

 

【 夏用タイヤ 】

夏用タイヤのセール期間は3月か4月に始まります。 地

域によっては5月上旬にセールが始まる地域もあります。

暖冬の年では何月からセール期間が始まるか定まらず、日々の天気予報や気温のチェックは欠かせません。

 

【 冬用タイヤ 】

冬用タイヤの安く買える時期は10月下旬 ~ 11月上旬です。

あるいは冬用タイヤの需要が落ち込む3月下旬 ~ 4月上旬頃です。

しかし、年によって気温が大きく変動する年もあります。

夏用タイヤと同様に日々の気温や凍結が始まったか否かのチェックは欠かせません。

夏・冬どちらの場合も、セール期間は極めて短いうえに毎年の気温の変化によりセール期間にズレを生じます。

安く買える時期はハッキリと定まってはおらず購入のしづらさがあります。

また、タイヤを安く買える時期と自分がタイヤを買いたいタイミングが一致するかもわかりません。

セール期間中に買っておいて保管しておく方法もありますが、タイヤの経年劣化が進行するためもったいないです。

タイヤを安く買えたとしても運によるところが大きく現実的ではありません。

 

 

タイヤ取付はタイヤ工賃も含めた合計費用(トータルコスト)を意識すること

費用

タイヤを安く買う時に忘れてはならないことは、タイヤ工賃を含めた総額 (トータルコスト) を意識することです。

タイヤは安く買えたものの、タイヤ取付の工賃が高くついてしまっては安い店舗を探した手間や労力が半減されます。

 

タイヤ取付の工賃を安くしたいからといい、実店舗でタイヤを購入しても総額 (トータルコスト) は高価格となります。

当たり前ですが、タイヤを安く購入しタイヤ取付は工賃が安い店舗を選ぶと、最もタイヤを安く買えます。

タイヤを買う時にはタイヤ価格交換工賃を含めた総額 (トータルコスト) の意識が大切です。

 

 

タイヤフッドなら極めて少ないデメリットでタイヤを安く買えます

  • 適切なタイヤサイズは車種からも探せる
  • タイヤ購入と同時にタイヤ取付店の予約
  • 持ち込みタイヤ取付の心配なし
  • 無料6ヶ月パンク保証付き(24ヶ月に延長も可)
  • 即日交換

 

タイヤをネットで買う場合と実店舗で買う場合のデメリットをお伝えしましたが、ネット販売の『タイヤフッド』では、ほとんどのデメリットはありません。

即日交換以外は全て対応できます。

 

適切なタイヤサイズは車種からも探せる

タイヤサイズは車種からも探せます

適切なタイヤサイズに不安がある場合は、車種からも探せます。

メーカー、車種名、希望タイヤ (夏用か冬用かなど) を選択後、年式からタイヤサイズを自動的に絞り込みます。

 

タイヤフッド 【 出典元:タイヤフッド

 

 

自動的に絞り込む

最優的にタイヤサイズを選択しなければなりませんが、車種を選んでからタイヤサイズを自動的に数種類に絞り込むことでハードルは低くなります。

 

タイヤフッド出典元:タイヤフッド

 

 

タイヤサイズからも探せます

もちろん、タイヤサイズがわかる場合はタイヤサイズからも探せます。

 

タイヤフッド出典元:タイヤフッド

 

 

タイヤ購入と同時にタイヤ取付店の予約

タイヤ取付

タイヤフッドには全国に提携しているタイヤ取付店舗が4,200店舗以上あります。

タイヤフッドで購入したタイヤは全国の提携先のタイヤ取付店舗でタイヤ取付ができるため、わざわざ取付店舗を探す必要はありません。

取付店舗の予約はタイヤ購入時にあわせて予約を取ります。

購入タイヤは提携先の取付店舗へ直送できるほか、自宅への配送も可能です。

タイヤフッドから購入の場合、提携先の取付店舗の予約をしておけば、購入後のタイヤ取付は一切の心配はいりません。

 

持ち込みタイヤ取付の心配なし

先程、お伝えした通り、タイヤフッドには全国に提携しているタイヤ取付店舗が4,200店舗以上ありますので、持ち込みタイヤ取付の心配は一切ありません。

 

 

無料6ヶ月パンク保証付き(24ヶ月に延長も可)

タイヤフッドで購入したタイヤは、無料にて購入後6ヶ月間パンク保証が付きます。

さらに、保証期間を24ヶ月に延長も可能 (有料) です。

 

 

即日交換

ネット販売の為、即日交換のみ難しいです。 即日交換は難しいですが、購入タイヤの即日発送は状況により可能です。

 

 

タイヤフッドはメリットが大きく、デメリットは極少

タイヤフッドはネット販売による直接販売 (直販)のため、タイヤを格安で購入できます。

ネットや実店舗で買う際のデメリットもほぼ補えます。

タイヤフッドでは、極めて少ないデメリットでタイヤを安く買えます。

 

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

 

タイヤを安く買う方法のまとめ

  • タイヤを安く買う方法ネットで買うことです。
  • ネットで買うタイヤが安い理由は、直接販売 (直販) かつ、元々高額商品のため格安になります。
  • タイヤを買う時にはタイヤ取付工賃を含めた総額で検討することが大切です。

タイヤフッド (TIREHOOD)

タイヤフッドはタイヤをネット販売しているサイトです。

直接販売 (直販) 形式を採用しているため、タイヤ価格は実店舗より安く購入できます。

購入タイヤはタイヤフッド提携先のタイヤ交換店へ直送のほか、自宅の配送も可能です。

 

タイヤフッド提携先のタイヤ交換店は、全国で4,200店舗以上 (全国のガソリンスタンドなど) 、1都道府県当たりの平均は約90店舗あります。

提携先のタイヤ交換店が無いなど困ることはありません。

タイヤ交換店 (提携先) の予約は、タイヤ購入時にあわせて取れるため手間を省けます。

 

タイヤ交換時に他の店舗で買ったタイヤだからと心配することも一切ありません。

全タイヤに無料6ヶ月間パンク保証が付いたうえ、タイヤを安く買えます。

 

タイヤ安く買いたい方
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

-走行系統

Copyright© クルマ部 , 2020 All Rights Reserved.