操舵装置

パワステオイルの交換時期はいつ?交換費用と交換方法についても

更新日:

パワステオイル

パワステオイルの交換時期や交換費用などを考えたことはありますでしょうか。

日常、パワステオイルの交換時期や交換費用について耳にすることは殆どありません。

しかし、パワステオイルの場合も他のオイル同様に劣化をしますので交換が必要です。

ここでは、パワステオイルの交換時期や交換費用などについて解説していきます。

Sponsored Link

 

パワステオイルの交換時期

寿命

交換時期の目安

走行距離:50,000km ~ 10万km

使用年数:5年 ~ 10年

パワステオイルの交換時期には幅があります。

なぜなら、交換時期はハンドル操作頻度により変動し、走行距離や使用年数で計れるものではないためです。

走行距離や使用年数で計れるものではないと言いながら走行距離や使用年数を目安にしている理由は、ハンドル操作の頻度からは交換時期の目安が掴みにくいためです。

日頃からハンドル操作が多い運転では交換時期は早まり、走行距離:20,000km、使用年数:2年で交換のこともあります。

パワステオイルの明確な交換時期はメーカから謳われていません。

パワステオイルの交換時期はハンドル操作の頻度 (運転の仕方) によりますので、メーからは明確な交換時期を謳われていません。

一部のカー用品店では決り文句のように走行距離:20,000km、使用年数:2年での交換をオススメしてきますが、走行距離や使用年数は目安であり、交換時期の最優先はハンドリング (ハンドル操作) に違和感や異常を感じた時です。

Sponsored Link

 

パワステオイルの交換費用

費用

パワステオイルの交換費用

  • 全量交換費用 (普通車)
  • 希釈交換費用 (普通車)

 

全量交換の費用 (普通車)

ディーラー交換の場合
  • パワステオイル    :¥2,000円~¥3,000円(2L ~ 3L)
  • 石油(灯油)ポンプ    :¥100円
  • 500ml~1Lの空容器:PETボトル可
  • 工賃                        :¥5,000~¥6,000円程
  • 交換費用の合計      :¥7,100円~¥9,100円程
交換時間

交換時間は20分 ~ 30分程です。

 

 

最も交換費用が安い

自分で交換の場合
  • パワステオイル    :¥2,000円~¥3,000円(2L ~ 3L)
  • 石油(灯油)ポンプ    :¥100円
  • 500ml~1Lの空容器:PETボトル可
  • 交換費用の合計       :¥2,100円~¥3,100円程

自分で交換の場合は工賃がかからないため費用を抑えれます。

 

希釈交換の費用 (普通車)

自分で交換の場合
  • パワステオイル   :¥3,000円 ~ ¥4,000円(3L ~ 4L)
  • 石油ポンプ     :¥100円
  • 500ml~1Lの空容器:PETボトル可
  • 交換費用の合計      :¥3,100円~¥4,100円

自分で交換の場合は工賃がかからないため費用を抑えれます。

Sponsored Link

 

パワステオイルの交換方法

ジャッキ

パワステオイルの交換方法については『パワステオイルの交換方法』にて詳しく解説しています。

全量交換の場合には『エア抜き』も、あわせて必要です。

Sponsored Link

 

パワステオイル交換時期の症状

ハンドル

交換時期の症状

  • ハンドル操作が重い (通称:重ステ)
  • ハンドル操作時の異音
  • ハンドル操作時のひっかり
  • 走行中の焦げた匂い
  • パワステオイルの真っ黒

交換時期を迎えたパワステオイルではハンドル操作に何かしらの違和感があります。

ハンドル操作が重いことや操作時に異音などが聞き取れます。

 

色から判断がわかりやすい

ハンドル操作から判斷が難しい時は、パワステオイルのを確認します。

本来パワステオイルの色は透明感のある綺麗な赤色です。

パワステオイルの色が真っ黒の時は交換時期です。

パワステオイルの確認はエンジンルーム内のパワステオイル用のリザーブタンクに注油してあります。

パワステオイルの色から劣化を見分けることはわかりやすい方法です。

 

パワステオイルが劣化する理由

パワステポンプ(パワステオイルポンプ)

パワステオイルはハンドル操作のたびに加圧と減圧を繰り返します。

同時に加圧・減圧時にはを生じます。

特に高負荷時ほど高温の熱を生じます。

パワステオイルは自身が生じた熱により、パワステオイル自身の劣化を早めます。

また、劣化したパワステオイルには汚れなど不純物が含まれています。

汚れたパワステオイルは、オイル経路の詰まりを生じるほか、パワステオイル漏れの懸念があります。

パワステオイル漏れは、パワステ機構の周辺部品へも不具合・不調を与える恐れがあります。

 

まとめ

  • パワステオイルの交換時期に明確な定めはありませんが、目安5年・5万kmです。ハンドル操作の頻度によります。
  • パワステオイルの交換費用は、最も高い全量交換で¥10,000円未満(工賃含む)です。
  • パワステオイルの交換方法には、全量交換 (上級者向け) と希釈交換 (初・中級者向け) の2通りがあります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

Sponsored Link

-操舵装置
-, ,

Copyright© 自動車部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.