車のトラブル

パワステオイルが漏れる原因はホース?放置した場合と車検についても

投稿日:

オイル

パワステオイルが漏れていることに気がついた時に、『なんでパワステオイルが漏れるんだろう?漏れる原因はなんだろう?』と疑問に思ったことはないでしょうか?

また、パワステオイルの漏れを放置した場合にはどのようなことが起きてしまうのか?

それとも、放置しても意外と大丈夫なものなのか?

さらにオイルが漏れている状況で車検を受けた場合、車検は通るか否かについても解説をしていきます。

3語は同じ意味

『パワステオイル』と『パワーステアリングフルード』と『PSF』は、呼称は異なりますが、3語は同じ意味です。

パワステオイル=パワーステアリングフルード=PSF

Sponsored Link

 

パワステオイルが漏れる原因

Sponsored Link

パワステホースの経年劣化や損傷

パワステオイルが漏れる原因パワステホース経年劣化損傷です。

パワステホースの劣化や損傷には2パターンあります。

 

パワステオイルの寿命 (経年劣化)

パワステホースの劣化や損傷する原因の1つにパワステオイルの劣化があります。

パワステオイルの劣化は、同時にワステホースも劣化させてしまいます。

パワステオイルの寿命は10年・10万km が目安です。

 

 

パワステホース自身の経年劣化からオイル漏れ

パワステホースの劣化はパワステホース自身がやせ細り、ホースを留めるバンドが緩みオイルが漏れる事例があります。

 

ステアリング操作・急ハンドルの多用

パワステオイルが寿命を迎える前にオイル漏れが起きた場合は、過度ステアリング操作急ハンドルの多様が原因です。

ステアリング操作時の油圧は高油圧(加圧)低油圧(減圧)を繰り返します。

油圧の変化(高油圧・低油圧の繰り返し)は、パワステホース負荷を与えホースの損傷へと繋がります。

ハンドルを切った際はパワステオイルは高圧になります。

高圧による損傷の他、既に亀裂や穴が空いている場合はオイルが穴から吹き出します。

 

据え切りの多様

特に据え切りはパワステオイルの油圧高くなり、パワステオイルの温度上昇させます。

パワステオイルは温度が上昇する程、パワステオイル自身の劣化時期早めます。

またパワステオイルの劣化は、同時にパワステホースも劣化させてしまいます。

据え切りとは、停止状態でハンドルを切ることです。

 

衝撃(事故や悪路走行)による破損

他には事故や悪路走行による衝撃からパワステ用オイルタンク破損し漏れる事例があります。

パワステオイルタンクはエンジンルーム内にあります。

車種により左右上下の位置は異なります。

 

水害

水害時の水流水圧からパワステポンプ故障し漏れの原因になります。

水害の場合にはパワステオイル漏れの他に、車両の広範囲に渡り不具合を生じます。

 

関連記事

 

非純正パワステオイルの使用

非純正パワステオイルを使用した場合は、パワステ用オイルタンク溶かしてしまうことがあります。

パワステ用オイルタンクを溶かす原因は、オイル成分と樹脂材質の化学反応によるものです。

タンクが溶けてしまうため漏れを生じます。

Sponsored Link

 

パワステオイル漏れを放置したらどうなる

 

オイルポンプの焼き付き

オイルポンプは無潤滑可動になり焼き付きを起こすと同時に異音白煙を上げポンプは故障しパワステ機能失います。

 

油圧低下からパワステ不能

パワステオイルの漏れに起因し油圧低下パワステ機能を徐々に失います。

全てのパワステオイルが漏れ出してしまうと、油圧はかからずパワステ機能を失います。

パワステ機能を失うとワダチなどで容易にハンドルを取られます。

オイル漏れが生じた際には、何かしらの異常・異変を感じるはずです。

早期にオイル漏れを修理することが安全です。

 

異音

パワステオイル漏れの放置は次第に大きな異音がします。

異音は車種などにより異なりますが、『ウイーン』『シュー』などが聞き取れます。

Sponsored Link

 

パワステオイルの漏れは車検に通る?

車検の検査項目の中でも車のオイル漏れ厳しくチェックされます。

パワステオイルに限らずブレーキフルードなど、フルード系は厳しいチェックがあります。

  • 明らかにオイルが漏れている場合は車検に通りません。
  • にじむ程度のオイル漏れは、車検に通る場合もあれば通らない場合もあります。

フルードとは

オイルの呼称には2通りあり単純に『オイル』と呼ばれるものと、同じオイルでも『フルード』と呼ばれる場合がありまます。

潤滑目的に用いる場合は潤滑油と呼ばれます。

フルードとは、オイルを用いて力を伝える (動力伝達) 場合にフルードと呼びます。

油圧は作用したオイルの力を利用してパワステ機能やブレーキを効かせています。

潤滑目的とは違い、動力伝達 (オイルで力を伝える) の場合にはフルードと呼びます。

同じオイルであっても使用目的から呼称が変わります。

  • 潤滑目的 (潤滑油) :オイル
  • 油で力を伝える (動力伝達) :フルード

 

一時的 (応急処置) でも良いので にじみ (漏れ)を抑えたい場合には、『パワステオイル漏れ止め剤』があります。

関連記事
パワステオイル漏れ止め剤
パワステオイル漏れ止め剤は効果がある?放置した場合のリスクについても

パワステのオイルが漏れた時に、応急処置や一時的でも良いので簡易的に漏れ止めができないかと考えたことはないでしょうか? また、『パワステオイル漏れ止め剤』は知っているけど、効果はあるか疑問・不安に感じた ...

続きを見る

車検に不安を感じるのであれば、オイル漏れを修理しておくことが無難です。

 

まとめ

  • パワステオイル漏れの原因は、パワステホース・オイルの経年劣化やハンドルの据え切急ハンドルの多様などです。
  • パワステオイル漏れの放置はパワステ機能が低下し、次第にパワステポンプの焼付きや大きな異音を生じ、パワステ機能を失います。
  • パワステオイル漏れは車検通りませんにじみ程度の場合は車検に通る場合もあります。

関連記事
パワステオイル漏れ止め剤は効果がある?放置した場合のリスクについても

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link

-車のトラブル
-, , , ,

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.