走行系統

車のタイヤの溝にひび割れが!原因は環境と使い方?車の運転は危険?

タイヤ溝ひび割れ

こんな方におすすめ

  • 車のタイヤの溝にひび割れがある方
  • 車のタイヤの溝にひび割れできる原因を知りたい方
  • 車のタイヤの溝にひび割れがあり不安・心配な方

車のタイヤを確認した際、

  • 『タイヤの溝にひび割れがある!なんで?』
  • 『ひび割れの原因って何?』
  • 『ひび割れがあるけど、車に乗っても大丈夫なの?』

 

と思ったことはないでしょうか?

普段、あまり目にしない所だけに、見かけた時には驚きと同時に心配・不安にもなりますよね。

実はタイヤの溝のひび割れは、環境車の使い方が原因のことが多いです。

 

記事の前半は、『タイヤの溝のひび割れの原因』と『ひび割れタイヤの危険性』について解説します。

記事の後半は、ひび割れタイヤは交換が必要か否か、ひび割れの防止について解説します。

当記事を読むことで、タイヤ管理の知識がつくと供に危険なタイヤの使用を回避出ます。

 

Sponsored Link

 

タイヤの溝のひび割れ原因

タイヤ

 

 

経年劣化

ゴム

ひび割れの原因は、経年劣化によるゴムの硬化です。

ゴムは7年 ~ 8年程で柔軟性 (弾性力) を失い硬くなります。

経年劣化は自然の成り行きのため、避けることはできません。

タイヤの手入れをこまめにしていれば、多少の遅れはできるものの完全に避けることはできません。

紫外線 (直射日光) を多く浴びる・雨風によくあたる、湿気が多い環境では約3年 ~ 4年程で劣化します。

車の走行 (運転) と経年劣化をあわせると、タイヤは約5年程でひび割れを生じます。

タイヤには劣化防止剤が配合されていますが年月と供に自然と抜けるほか、使用環境が悪い程 (紫外線によく当たる程) 早く抜けます。

劣化防止剤が抜ける理由は紫外線の他にもあります。

 

 

環境(紫外線や雨)

紫外線

紫外線 (直射日光) に晒される環境はタイヤの劣化を促進させ、ひび割れを生じやすくなります。

タイヤは製造中に劣化防止剤を配合します。

劣化防止剤は徐々に抜けていきますが、特に気温が高い・暑い環境では通常に比べ早く抜けます。

車庫と青空駐車ではタイヤの劣化・ひび割れは大きく違います。

常時、紫外線が当たる環境 (場所) では、半年程 (6ヶ月程) でタイヤにひび割れを生じます。

 

 

タイヤの空気圧が規定圧より低い

タイヤ空気圧

空気圧が低いタイヤは、タイヤのたわみ量は大きくなります。

タイヤのたわみ

タイヤのたわみ量は大きいほどタイヤの負荷は大きく、ひび割れを起こしやすくなります。

 

 

 

空気圧が低いタイヤはリスクが多い

燃費

空気圧が低いタイヤは、ひび割れの他にもリスクがあります。

ひび割れどころでは済まない事態を起こしますので、タイヤの空気圧は規定圧を保つようにしましょう。

  • 燃費悪化
  • 発熱が多い
  • 偏摩耗
  • グリップ力の低下

 

 

常時、最大積載量

車の荷物(積載量)

重い車ほどタイヤへの負荷は大きくなります。

常に荷物を多く積む車や、乗車人数が多い車はタイヤの負荷を大きくし、ひび割れを起こしやすくします。

 

 

車を長期間放置

車

車に乗っていなければタイヤに負荷もかからず、タイヤを痛めないと思われますが、車に長期間乗らない場合もタイヤのひび割れ原因となります。

タイヤは製造中に劣化防止剤を配合します。

劣化防止剤は車の走行と供に (タイヤの回転と供に) 均一に行き渡ります。

車を長期間保管している場合、劣化防止剤は均一に行き渡りません。

また、タイヤの一点に車の荷重が集中し、ひび割れを生じやすくなります。

 

Sponsored Link

 

油性タイヤワックス

タイヤ側面になりますが、タイヤの側面に油性のタイヤワックスを塗布することも、ひび割れの基となります。

タイヤは製造中に劣化防止剤を配合しますが、油性タイヤワックスは劣化防止剤の働きを鈍らせてしまうため、タイヤの劣化時期は早まります。

水性タイヤワックスはひび割れの原因にはなりませんので、タイヤワックスを使いたい時は水性のタイヤワックスを使いましょう

 

 

タイヤの溝のひび割れの危険性

タイヤの溝のひび割れについて解説しています。

>> 車のタイヤの溝に出来たひび割れが深い時は危険

 

溝のひび割れはタイヤの交換時期?

タイヤの溝のひび割れと交換時期について解説しています。

>> 車のタイヤのひび割れは交換時期(寿命)?

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

 

タイヤの溝のひび割れ防止

溝のひび割れ防止は、ひび割れの原因と反対をすることです。

経年劣化はどうしてもさけられない為、自然の成り行きに任せるしかありません。

 

 

環境(紫外線や雨を避ける)

紫外線

紫外線 (直射日光) や雨などがあたりにくい環境に駐車をすることです。

気温が高い・暑い環境では劣化防止剤は通常より早く抜けます。

タイヤは製造中に劣化防止剤を配合します。

 

 

タイヤの空気圧は規定値を保つ

タイヤ空気圧確認

タイヤの空気圧は月に1度は確認し規定値を保つようにします。

 

タイヤ空気圧の管理は、ガソリン給油時に『タイヤの空気圧を見て欲しいんですが』と言えば、店員さんはチェックしてくれます。

タイヤ空気圧のステッカー

タイヤ空気圧ステッカー

 

タイヤ空気圧の規定圧がわからない方は、運転席のドアを開けた所にスッテカーが貼ってあります。

 

 

荷物や乗車人数を少なくする

乗車人数

荷物や乗車人数を減らし車の重量を軽くします。

重量が軽くなればタイヤへの負荷は軽減され、タイヤのひび割れや劣化を遅らせることができます。

 

 

車を長期間放置しない (走行させる)

運転

車を長期間保管する時は、1週間に1度位は最低15分以上、あるいは10km以上は車を走行させましょう。

車のチョイ乗りは他の理由 (エンジン) から車に良くありません。

最低でも15分以上、あるいは10km以上の走行をしましょう。

 

 

タイヤワックスは水性を使用

油性タイヤワックスはひび割れの基 (劣化防止剤の働きを鈍くします)となりますので、タイヤワックスを使う時は水性タイヤワックスを使いましょう。

 

 

まとめ

  • タイヤの溝がひび割れする原因は、環境 (紫外線)タイヤ空気圧の低下などがあります。
  • タイヤの溝のひび割れはバーストの恐れがあり危険です。
  • タイヤの溝のひび割れは安全を優先し、交換時期 (寿命) と考えるべきです。
  • 一般的にタイヤの交換時期 (寿命) は約5年です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

Sponsored Link

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

タイヤフッド (TIREHOOD)

タイヤフッドはタイヤをネット販売しているサイトです。

直接販売 (直販) 形式を採用しているため、タイヤ価格は実店舗より安く購入できます。

購入タイヤはタイヤフッド提携先のタイヤ交換店へ直送のほか、自宅の配送も可能です。

 

タイヤフッド提携先のタイヤ交換店は、全国で4,200店舗以上 (全国のガソリンスタンドなど) 、1都道府県当たりの平均は約90店舗あります。

提携先のタイヤ交換店が無いなど困ることはありません。

タイヤ交換店 (提携先) の予約は、タイヤ購入時にあわせて取れるため手間を省けます。

 

タイヤ交換時に他の店舗で買ったタイヤだからと心配することも一切ありません。

全タイヤに無料6ヶ月間パンク保証が付いたうえ、タイヤを安く買えます。

 

タイヤ安く買いたい方
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

-走行系統

Copyright© クルマ部 , 2020 All Rights Reserved.