タイヤの購入

レグノより静かなタイヤはあるの?静粛性の高いプレミアムコンフォートタイヤを解説!

2023年3月21日

レグノより静かなタイヤ

出典元:ブリヂストンタイヤ

 

レグノより静かなタイヤはありますか?
できれば安くて静かなタイヤが欲しいです。

上記の質問にお答えします。

 

『静粛性の高いタイヤが欲しいなー』

と、思っている時に

レグノより静かなタイヤってあるの?

と、思ったことはありませんか。

 

答えは、

レグノより静かなタイヤはありません

 

レグノは他のタイヤとは明らかに違う圧倒的に静かなタイヤです。

レグノを超える静かなタイヤはありません。

 

当記事ではレグノも含めた静粛性の高いタイヤについて解説・お伝えします。

記事を読むことで静粛性の高いタイヤを見つけることができドライブが快適になります。

 

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)  
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

レグノよりも静かなタイヤはあるの?

レグノより静かなタイヤ』はありません

 

レグノは静かなタイヤの代表と言えるプレミアムコンフォートタイヤです。

圧倒的に静かなタイヤがレグノです。

 

最も静かなタイヤが欲しい方はレグノをおススメします。

 

レグノ  =  静かなタイヤの代表と言えるプレミアムコンフォートタイヤ

 

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

静かなタイヤの種類・特徴

静かなタイヤの種類

  1. コンフォートタイヤ(標準の静かさ)
  2. プレミアムコンフォートタイヤ(最高級の静かさ)

 

 

コンフォートタイヤ

コンフォートタイヤとは、静粛性に優れるほか、乗り心地や快適性を重視したタイヤです。

コンフォートタイヤ
  1. 静粛性
  2. 乗り心地
  3. 快適性

 

コンフォートタイヤは一般的なタイヤに比べるて静かなタイヤですが、静粛性の高いタイヤの中では標準の静かさです。

 

滑らかな乗り心地

道路のつなぎ目を通過した際のショック (突き上げ) や振動などは小さく、乗り心地は滑らかでゴツゴツした感じはありません。

 

 

走行音は小さい

走行時の音の伝わり方は小さいく、ロードノイズ (低音:ゴーやガーなど) とパターンノイズ (高音:シャーやヒューなど) のどちらも抑えられたタイヤです。

 

パターンノイズとは簡単に言うと ”タイヤ溝からの風切り音” です。

 

 

コンフォートタイヤのデメリット

コンフォートタイヤのデメリットは通常のタイヤに比べて価格が高いことです。

 

価格は高いですが、価格に見合った性能は十分あり、乗り心地の良さや静かな車内は快適です。

 

自宅のソファーに座って会話をしているような感覚があり、車の移動中も楽しい時間・空間となります。

 

コンフォートタイヤよりも、さらに静かで快適なタイヤにプレミアムコンフォートタイヤがあります。

 

 

プレミアムコンフォートタイヤとは?

プレミアムコンフォートタイヤ
  1. 高い静粛性
  2. 快適性
  3. 乗り心地
  4. 燃費性能
  5. 走行安定性(運動性能)

など、あらゆる面において理想のタイヤです。

 

プレミアムコンフォートタイヤは全て(静粛性、快適性、乗り心地、燃費性能、走行安定性・運動性能など) にこだわる方には理想のタイヤです。

最も静かで快適な最高級のタイヤです。

 

コンフォートタイヤに比べて価格は高いですが、価格に見合う性能は充分あります。

 

 

静粛性の高いプレミアムコンフォートタイヤの種類と特徴

  • レグノ (ブリヂストン)
  • アドバンデシベル V552 (ヨコハマ)
  • ビューロVE303 (ダンロップ)
  • エフィシェントグリップコンフォート(GY)※1
  • プライマシー4+ (ミシュラン)

※1 GY:グッドイヤー

 

各プレミアムコンフォートタイヤの特徴を解説します。

 

 

レグノ(ブリヂストンタイヤ)の特徴

  • 高い静粛性
  • タイヤ寿命まで維持する静粛性
  • 燃費性能『AA』
  • 車のタイプにあわせたシリーズ
  • レグノを履いたお客様の感想・口コミ

 

特に『高い静粛性』と『タイヤ寿命まで維持する静粛性』の2つはレグノ最大の特徴です。

 

 

高い静粛性

レグノには大きな特徴が2つあります。

1つ目の特徴は高い静粛性 (快適性) です。

先程、お伝えした通りレグノより静かなタイヤはありません

車で移動しているとは思えないほどの静かさがあり、友達や家族との会話も非常に聞き取りやすいです。

 

 

タイヤ寿命まで続く静粛性

2つ目の大きな特徴は高い静粛性(快適性)がタイヤの寿命まで続くことです

購入初期 (新品時) からタイヤが寿命を迎えるまで静粛性を保ちます。

他社には真似ができないレグノだけの大きな特徴です。

 

一般的にタイヤが摩耗するとトレッドパターンも変化するため、走行音 (ロードノイズやパターンノイズ) は大きくなります。

レグノはタイヤが摩耗しても購入初期と同じ静粛性を保ちます。

 

レグノはプレミアムコンフォートタイヤの中で最も静かなタイヤです。

 

 

燃費性能:『AA』

燃費性能は『AA』 の評価があり、低燃費タイヤに入ります。

レグノ燃費性能(ラベリング)

 

 

車のタイプに適した専用タイヤが用意されている

  • セダン専用:GR-XⅡ
  • ミニバン専用:GR-VⅡ
  • 軽自動車専用:GR-Leggera

 

レグノはセダンやミニバン、軽自動車など車のタイプに適した専用タイヤが用意されています。

 

レグノGR-XⅡは『ジーアール クロスツー』と呼びます。

 

 

レグノを履いたお客様の感想・口コミ

 

50歳 男性

非常に静かなタイヤと感じました。

 

45歳 男性

静かさがタイヤの寿命まで維持する。

 

30代 男性

タイヤはレグノ(GR-XⅡ)しか買わないと決めています。

 

20代 会社員 男性

静か過ぎて車じゃないみたい。

 

圧倒的な静粛性 (静かさ) とタイヤの寿命まで維持する静粛性からリピータが多くいらっしゃいます。

 

以下に当てはまる方
  • タイヤ選びを面倒に感じている方
  • どんなタイヤを買おうか迷っている方
  • どんなタイヤを選べばいいかわからない
  • タイヤ選びに時間を取られたくない方
  • これなら間違いがないタイヤが欲しい方

レグノを買っておけば間違いはありません。

 

 

アドバンデシベルV552(ヨコハマタイヤ)

タイヤの名前には、

  • デシベル:dB (音圧や音の強さを表す単位)
  • アドバン

を用いているだけあり走行音の静かさには定評があるほか、アドバンの名前からもスポーツ性能も感じ取れるキビキビしたタイヤです。

 

ヨコハマタイヤと言えば雨に強いタイヤ

ウェットグリップ性能最高ランクの『』を取得しており、濡れた路面にも強くの日も安心できるタイヤです。

静かでしなやかにも走れるタイヤです。

 

 

ビューロVE304 (ダンロップ)

ビューロVE304 (ダンロップ) 最大の特徴は、タイヤの中に特殊吸音スポンジが入っていることです。

 

 

特殊吸音スポンジの効果とは

プレミアムコンフォートタイヤ

 

路面からの走行音 (ロードノイズやパターンノイズなど) を吸収します。

ロードノイズの抑制は同時にパターンノイズの共鳴も抑制するため高い静粛性を備えています。

 

ノイズ発生のメカニズム


  • 走行時に路面から音を拾う


  • 拾った音は空洞部で共鳴しより大きなノイズ (音) を発する


  • ノイズ対策にタイヤ内部に特殊スポンジを入れる


  • 走行音を吸収し共鳴などを防ぐ効果がある


 

特殊吸音スポンジによって静粛性を高めているため、一般的なタイヤ (特殊吸音スポンジが入っていないタイヤ) と比べると当然のことながら静かです。

 

国内タイヤメーカにおけるスポンジ素材の採用はダンロップ社のみです(2023年2月現在)

 

 

ウェット性能

ウェットグリップ性能最高ランクの『a』を取得しています。

の日でも安心した運転ができます。

ウェットグリップ性能『a』は先程、お伝えしました『アドバンデシベルV552 (ヨコハマタイヤ) 』も取得しています。

 

特殊吸音スポンジが入っているタイヤにはルマン (ダンロップ) 、欧州タイヤメーカーのコンチネンタル (ブランド名:コンチサイレント) も同様の技術を採用しています。

 

 

エフィシェントグリップ コンフォート(グッドイヤー)

エフィシェントグリップ コンフォート[EfficientGrip Comfort]

  • 燃費性能:AA
  • タイヤの減り (摩耗) が遅い
  • 共鳴しにくい
  • コストパフォーマンスが良い

 

 

燃費性能:AA

プレミアムコンフォートタイヤの中では数少ない燃費性能:『AA』を取得してます。

先程、お伝えしましたレグノも同じく『AA』を取得しています。

 

 

タイヤの減り(摩耗)が遅い

タイヤの長寿命を売りにしている通りタイヤの減り (摩耗) は遅いタイヤです。

 

2万kmを走った後にタイヤを見ても、

『このタイヤ摩耗してる?』

と思うほど、タイヤの減り(摩耗) が遅いタイヤです。

 

距離を乗る方やタイヤを長持ちさせたい方に向いているタイヤです。

 

 

共鳴しにくい

プレミアムコンフォートタイヤの中でも細かいパターンに設計されたタイヤです。

細かいパターンはロードノイズやパターンノイズの共鳴を抑制し高い静粛性を実現します。

 

 

コストパフォーマンスが良い

プレミアムコンフォートタイヤの中では抑えた価格ではありながら、タイヤは非常に長持ちする (摩耗が遅い) ためコストパフォーマンス優れたタイヤです。

 

 

プライマシー4+(プラス) (ミシュランタイヤ)

  • タイヤ寿命まで続くウェット性能
  • 新車装着率(欧州車)が高い
  • 電気自動車・ハイブリッド車にはe・プライマシー

 

 

プライマシー+ (プラス) は ”プライマシー4”の性能をさらに向上したリニューアルタイヤのため + (ぷらす) がつきます。

 

 

タイヤ寿命まで続くウェットグリップ性能

最も大きな特徴はウェットグリップ性能持続に優れています。

タイヤが摩耗してもウェット性能はタイヤ寿命まで続きます。

 

 

タイヤのラベリング制度出典元:グッドイヤー

 

ウェットグリップ性能最高の『a』を取得しています。

タイヤのサイズによっては『b』もあります。

 

ミシュラン以外のタイヤは摩耗に伴いウェット性能も低下

他のタイヤの場合、購入初期はウェットグリップ性能が高くても、タイヤの摩耗に伴いウェットグリップ性能は低下します。

理由はタイヤ溝が浅くなると排水容積 (タイヤ溝の容積) が減少し購入初期と同等の排水効率を実現できないためウェット性能は低下します。

 

 

ウェットグリップ性能を維持する理由

【 タイヤ溝の断面形状 】

  • 他のタイヤメーカ :V字
  • プライマシー4+:長方形

 

多くのタイヤ溝の断面形状はV字です。

V字断面のタイヤ溝はタイヤが摩耗すると排水性能低下します。

 

一方、プライマシー4+のタイヤ溝の断面形状は長方形です。

タイヤの主溝 (しゅみぞ) は真っ直ぐに切られているため、タイヤが摩耗してもV字形状の様に排水性能は損なわれません。

 

断面形状:長方形のデメリットはないの?

タイヤの接地面がたわみにくくなり(タイヤのブロックが揺れにくくなる)、直進安定性やブレーキング時の安定性、カーブ走行時のふらつきなどを抑制できるためです。

プライマシー4+の主溝 (しゅみぞ) はV字断面ではありませんが、ブロックの剛性を保ち直進安定性やブレーキング時の安定性、カーブ走行時のふらつきなども抑制しています。

走行性能を犠牲にすることなくウェットグリップ性能向上したタイヤです。

 

 

新車装着率(欧州車)が高い

新車装着されているタイヤは自動車メーカの厳しい基準をクリアしていなければなりません。

タイヤの信頼性や評価を得る1つの指標とも言えます。

 

プライマシーシリーズ (ミシュラン) は欧州車の新車装着率最も高いタイヤです。

  • BMW
  • ベンツ
  • アウディ
  • ボルボ

など、欧州自動車メーカーにはプライマシーシリーズが新車装着されています。

 

プライマシーシリーズ (ミシュラン) は欧州自動車メーカからの評価が高いタイヤです。

 

 

電気自動車用(ハイブリッド車を含む)にはe・プライマシー

e・プライマシー』は電気自動車ハイブリッド車に向けたプレミアムコンフォートタイヤです。

 

e・プライマシーが向いている車

  • 電気自動車
  • ハイブリッド車

向けのプレミアムコンフォートタイヤです。

 

加速時のトルクが太い電気自動車 (ハイブリッド車) にあわせたタイヤに設計・製造されています。

電気自動車 (ハイブリッド車) にお乗りの方でプレミアムコンフォートタイヤを欲しいと思っている方は『e・プライマシー』を選ぶと良いです。

 

電気自動車 (ハイブリッド車) 向けのプレミアムコンフォートタイヤはミシュラン以外にはありません (2023年3月現在)。

 

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

こんな方におススメのプレミアムコンフォートタイヤ

  • レグノ (ブリヂストンタイヤ)
  • アドバンデシベルV552 (ヨコハマタイヤ)
  • ビューロVE303 (ダンロップ)
  • プロクセス (トーヨータイヤ)
  • エフィシェントグリップ コンフォート(グッドイヤー)
  • プライマシー4 +(プラス)(ミシュラン)

 

 

レグノ (ブリヂストンタイヤ)

  • 常に高い静粛性を求める方
  • タイヤ選びの時間がない方

 

数あるタイヤの中から選ぶのは面倒に感じている方はレグノを選んでおけば間違いはありません。

レグノで不満を感じるなら他のタイヤでも不満を感じます。

このタイヤを選んでおけば間違いない、タイヤが摩耗しても静粛性を維持して快適にドライブを楽しめるタイヤがレグノです。

タイヤはレグノしか買わないと決めているお客さんもいるほど間違いのないタイヤです。

 

 

アドバンデシベルV552 (ヨコハマタイヤ)

  • ウェット性能重視
  • 静粛性&キビキビ走りたい方

 

ウェット性能は申し分なく抜群です。

静粛性のほかにキビキビと走りたい方には良いタイヤです。

名前の通りアドバンの乗り味も残しているプレミアムコンフォートタイヤです。

 

 

ビューロVE303 (ダンロップ)

  • ウェットグリップ性能 "a" を望んでいる方
  • 特殊吸音スポンジの静かさを求める方

 

特殊吸音スポンジを採用したタイヤは静かで不快感はありません。

ダンロップにこだわりつつ、ウェットグリップ性能も "a" 等級を望んでいる方にはビューロVE303はおススメです。

 

 

エフィシェントグリップ コンフォート(グッドイヤー)

  • 距離を乗る方
  • 燃費の良いタイヤが欲しい方
  • コスパを求める方

 

 

距離を乗る方には耐摩耗性が高く、かつ燃費の良さ (燃費性能:AA) は両方の ”良いとこ取り” です。

コストパフォーマンスにも優れた経済的なタイヤです。

 

 

プライマシー4 +(プラス)(ミシュラン)

  • 雨天の運転が多い方
  • 信頼性の高いタイヤが欲しい方
  • 電気自動車 (ハイブリッド車) にお乗りの方

 

雨天時の運転が多い方にはおススメのタイヤです。

プライマシー4 +(プラス)はタイヤ寿命までウェットグリップ性能を持続するため雨天時の運転も安心できます。

 

欧州自動車メーカから新車装着タイヤに採用されている実績が豊富にあるため信頼性も高いです。

電気自動車(ハイブリッド車)にお乗り & プレミアムコンフォートタイヤが欲しい方は『e・プライマシー』一択です。

 

他社からは電気自動車 (ハイブリッド車) 向けのプレミアムコンフォートタイヤは販売されていません(2023年3月現在)。

 

 

タイヤ選びは普段の運転の仕方や用途、車種に合わせてタイヤを選ぶことが大切です。

雨の日は車に乗らないと決めている方が、ウェットグリップ性能が高いタイヤを選ぶ必要はありません。

高い静粛性にこだわる方にはレグノが適しているなど、自分にあったタイヤを選ぶことが大切であり買った後も後悔はしません。

 

 

タイヤを安く買うならタイヤフッドがおススメ

タイヤフッド

度重なるタイヤの値上げが実施されていますが、タイヤを安く買うならタイヤフッドTIREHOOD|タイヤフッド ) で購入すると高価なタイヤ安く買えます。

 

もちろん、安いからと言ってタイヤの品質が悪いなどは一切ありません。

 

他の店舗で買うタイヤと全く同じ品質のタイヤです。

 

例えば

【 同じタイヤ銘柄 】

  • オートバックス:¥25,000円
  • タイヤ館   :¥43,000円
  • タイヤフッド ¥15,000円

 

例えば、同じタイヤ銘柄を3店舗で比較すると、

オートバックス:¥25,000円タイヤ館:¥43,000円のタイヤが、

タイヤフッド ( TIREHOOD|タイヤフッド ) では¥15,000円ほどで買えます。

 

タイヤフッドなら圧倒的安いです。

 

タイヤフッド ( TIREHOOD|タイヤフッド )はタイヤ購入後のタイヤの組み換え店予約も購入と同時に予約できるほか、無料6ヶ月間パンク保証がつくため、手間も費用も抑えられ大変おすすめです。

 

関連記事タイヤフッドってどうなの?利用者から聞いたリアルな評判を徹底解説!

 

タイヤフッドの疑問

  • なぜ、こんなに安いか?
  • 安いけど品質は大丈夫?
  • タイヤ購入後の組み換えは?

などの疑問をお持ちの方はこちらで詳細に解説しています。

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

まとめ

  • レグノより静かなタイヤはありません
  • 静かなタイヤを求めるならプレミアムコンフォートタイヤあるいはコンフォートタイヤがおススメです。
  • タイヤ選びが面倒な方はレグノを買っておけば間違いはありません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

タイヤフッド (TIREHOOD)

タイヤフッド ( TIREHOOD|タイヤフッド ) はタイヤをネット販売しているサイトです。

直接販売 (直販) 形式を採用しているため、タイヤ価格は実店舗より安く購入できます。

購入タイヤはタイヤフッド提携先のタイヤ交換店へ直送のほか、自宅の配送も可能です。

(タイヤのみ購入し取付店は自分で探すことも可能です)

 

タイヤフッド提携先のタイヤ交換店は、全国で4,900店舗以上 (全国のガソリンスタンドなど) 、1都道府県当たりの平均は約104店舗あります。

提携先のタイヤ交換店が無いなど困ることはありません。

タイヤ交換店 (提携先) の予約は、タイヤ購入時にあわせて取れるため手間を省けます。

 

タイヤ交換時に他の店舗で買ったタイヤだからと心配することも一切ありません。

全タイヤに無料6ヶ月間パンク保証が付いたうえ、タイヤを安く買えます。

 

タイヤ安く買いたい方
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

-タイヤの購入
-,

© 2024 くるくる