燃料供給系

軽自動車に間違って軽油を給油するとどうなるの?適切な対処法を解説!

給油ノズル

本来、軽自動車にはレギュラーガソリンを給油しなければなりませんが、間違って軽油を給油した場合、非常に焦りますよね。

実際、軽自動車に間違って軽油を給油した救援依頼 (JAF) はあります。

当記事では軽自動車に軽油を給油した場合、車はどうなるか解説します。

当記事を読むことで間違って軽油を入れた際の適切な対処がわかります。

 

Sponsored Link

 

 

軽自動車に軽油を給油するとどうなる?

  • 加速不良
  • マフラーから黒鉛を排気
  • いずれエンジン停止

 

軽自動車はガソリンエンジン車のため、本来は燃料にガソリン (レギュラーガソリン) を給油しなければなりません。

軽油を給油する車両は、ディーゼルエンジン搭載車です。

 

ガソリンと軽油ではエンジンの燃焼方法は異なるため、エンジンは燃料に合わせた設計をしています。

ガソリンエンジンに軽油を給油することは、エンジン形式に合った燃料ではありませんので、エンジンは正常に動きません

 

Sponsored Link

 

 

【対処法】誤って軽油を入れた際はエンジンをかけない

エンジン始動

軽油を入れた場合、エンジンをかけてはいけません。

次になるべく早く軽油を抜き取らなければいけません。

ガソリンスタンドの方に誤って軽油を入れてしまったことを伝え適切な対処を仰ぎましょう。

 

 

エンジンをかけてしまった場合

JAF

エンジンをかけてしまった場合、直ぐにエンジン停止し、JAFあるいは保険会社へ連絡して下さい。

 

エンジンをかけた場合には、クリーニング費用あるいは修理費用がかかります。

エンジンが『かかる』『かからない』によっても費用は異なります。

 

エンジン部品の交換やエンジンオーバーホールをしなければならない場合は、約¥30万円程の高額費用がかかります。

 

 

少量の場合は薄めれば問題ない?

少量の軽油であれば、ガソリンを満タンに継ぎ足せば、問題ないといった意見もあります。

しかし、少量とはどれくらいか判断がつきにくいものです。

 

自分で判断するよりもガソリンスタンドの方や整備士、JAFなど専門の方に適切な処置を仰ぐことが良いです。

 

 

軽油を満タンに給油した場合

軽油を誤って満タンに給油した場合は、タンクから軽油を抜けなければなりません。

軽油の比重はガソリンに比べて重く、燃料タンクの下に溜まるため、軽油の抜き取りにはタンクの下から抜かなければなりません。

自分では難しいため、JAFに救援依頼をしましょう。

 

 

まとめ

  • 軽自動車に軽油を給油すると、いずれエンジン停止します。状況によってはクリーニングや修理費用がかかります。
  • 軽自動車に軽油を給油した場合、エンジンをかけてはいけません
  • 軽自動車に軽油を給した場合は、JAFなどに救援依頼をしましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

 

 

Sponsored Link

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

タイヤフッド (TIREHOOD)

タイヤフッドはタイヤをネット販売しているサイトです。

直接販売 (直販) 形式を採用しているため、タイヤ価格は実店舗より安く購入できます。

購入タイヤはタイヤフッド提携先のタイヤ交換店へ直送のほか、自宅の配送も可能です。

 

タイヤフッド提携先のタイヤ交換店は、全国で4,200店舗以上 (全国のガソリンスタンドなど) 、1都道府県当たりの平均は約90店舗あります。

提携先のタイヤ交換店が無いなど困ることはありません。

タイヤ交換店 (提携先) の予約は、タイヤ購入時にあわせて取れるため手間を省けます。

 

タイヤ交換時に他の店舗で買ったタイヤだからと心配することも一切ありません。

全タイヤに無料6ヶ月間パンク保証が付いたうえ、タイヤを安く買えます。

 

タイヤ安く買いたい方
↓  ↓  ↓
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

-燃料供給系

Copyright© クルマ部 , 2020 All Rights Reserved.