燃料供給系 車のトラブル

車の燃料フィルター(フューエルフィルター)とは?構造と詰まりについても

投稿日:2018年11月21日 更新日:

燃料フィルター(フューエルフィルタ)

出典:みんカラ( 燃料フィルター交換と徳島ドライブ!)

あまり聞き慣れない部品の1つに『燃料フィルター』があります。

燃料フィルターは燃料供給に関わる重要な部品であり、不具合が生じた場合はエンジンや走行性能に支障をきたしてしまう部品です。

当記事では、燃料フィルターとはどのような役割りをする部品で、どのような構造をしている部品かお伝えしていきます。

Sponsored Link

 

燃料フィルターとは

燃料フィルター

ガソリンや軽油などの燃料は、燃料タンクから吸い上げられ燃料フィルターを通過しエンジンへ供給されます。

車の燃料フィルターとは、ガソリンや軽油に含まれる塵やホコリ、微量の水分などの不純物異物ろ過して取り除くフィルター (エレメント) です。

燃料はフィルター全体に均一に行き渡る仕組みになっています。

 

 

燃料フィルターの取り付け場所

燃料フィルター

出典:JAF

燃料フィルターは燃料タンクからエンジンまでの燃料供給ラインの途中にあります。

取り付け場所は車種により異なり、エンジンルーム付近にある車種もあれば、リヤトランク下などジャッキアップしなければアクセスできない場所にある車種もあります。

 

 

燃料に不純物が混入する事例

ガソリンスタンドで給油中に給油口の隙間から異物が混入することや、燃料そのものに不純物が含まれている場合があります。

燃料に水分を含む理由は、燃料タンク内の結露が原因で水分を含みます。

 

結露について>>>『車の燃料タンク(ガソリンタンク)が錆る原因と防止について!錆取り方法は?』

 

 

燃料フィルターを交換しないとどうなる?

エンジンへ供給する燃料の中に汚れや不純物が含まれている場合、エンジン不調や故障の原因、加速性能の低下など支障をきたします

エンジンが故障しないよう、燃料はフィルターで不純物をろ過(取り除いて)してからエンジンへ供給します。

Sponsored Link

 

 

燃料フィルターの構造

ガソリン車の燃料フィルターの構造

燃料フィルター

燃料フィルターの構造はシンプルに造られており、次の部品から構成されています。

 

燃料フィルターの構成部品

  • 外装ケース
  • ろ紙 (フィルター・エレメント)
  • IN側パイプ
  • OUT側パイプ
  • ふた(パッキン含む)

 

 

【 外装ケース 】

ろ過する為の、ろ紙 (フィルター・エレメント) を格納する単純な外装ケースです。

 

 

【 ろ紙 (フィルター・エレメント) 】

ろ紙 (フィルター・エレメント)にて、燃料に含まれる不純物を取り除きます。

ろ紙は表面積を大きくするために幾重にも折り重り、ろ過効率の向上を図っています。

 

 

【 IN側パイプ 】

燃料タンクから送られた燃料はIN側パイプから外装ケース内へ流入し不純物を取り除きます。

 

 

【 OUT側パイプ 】

不純物を取り除いた燃料は、OUT側パイプを通過しエンジンへ燃料供給します。

 

 

ディーゼル車の燃料フィルターの構造

ドレンバルブ 水抜き
 出典:Amazon 】

ディーゼル車の場合もガソリン車と同様の基本構造ですが、1つだけ大きく異なる点があります。

ディーゼル車の場合には水抜き用『ドレンバルブ』が設けてあります。

ディーゼル車の燃料に用いられる軽油は、ガソリンに比べて水分を多く含みます。

フィルター・エレメントで取り除かれる水分量はガソリンに比べて多く、排水作業が必要のために取り付けられています。

 

 

【 排水手順 】

フューエルフィルター警告灯【 出典:ネッツトヨタ山口 】

排水時期が迫ると、メーターパネルなどに排水を促す警告等が点灯します。

水と軽油の比重では水の比重が大きい (重い)ため、上部に軽油下部に水が溜まりますので、ドレンバルブを回し (開き) 水のみを排水し軽油のみになったところでドレンバルブを戻す(閉める) のみで完了です。

ドレンバルブ 水抜き
 出典:Amazon 】

ガソリン車の燃料フィルターと異なる点は、水抜き用のドレンバルブが設けてあるのみで、その他の仕組みや構造はガソリン用と同様になります。

Sponsored Link

 

 

燃料フィルターの詰まり

燃料フィルター【 出典 第一自動車工業株式会社

 

フィルター・エレメントの目詰まり

取り除かれた不純物が長年に渡り堆積すると、フィルター(ろ紙)が真っ黒になり、同時に目詰まりを生じます。

燃料フィルターの取り付け場所は、目につきにくい所に取り付けられていることや、外装ケースが透明ではない場合があり、分解しなければ汚れが堆積しているか判断できないことがあります。

燃料フィルターが詰まると次のような支障をきたします。

  • エンジン始動の悪化
  • アイドリングの不安定
  • 加速性能の低下
  • エンジン吹け上がり低下
  • 走行中のエンジン停止の懸念
  • エンジンから異音

 

燃料フィルターが詰まると燃料はエンジンまでスムーズに供給されず、走行性能の低下やエンジン故障に繋がります。

直ぐに車が始動困難になることはありませんが、徐々に不調が大きくなります。

 

 

 

まとめ

  • 燃料フィルター(フューエルフィルター)とは、燃料の不純物や異物をろ過する部品です。
  • 燃料フィルターの構造は、外装ケース内にろ過するフィルター・エレメントが入った部品です。
  • 燃料フィルターが詰まるとエンジンや走行性に支障をきたします。
Sponsored Link

 

 

修理するか買い替えるか?

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

寿命が近づく10万kmに差し掛かろうとしている車を修理するのであれば、この先のことを考えると『買い替える方が得』をします。

-燃料供給系, 車のトラブル

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.