電装系

プラグコードの交換費用はいくら?寿命と症状についても

2018年11月4日

プラグコード

車の消耗品であるプラグコードは、将来は交換しなくてはなりませんが、交換費用や何年・何万キロのタイミングで寿命を迎えるか気になるのではないでしょうか?

また、寿命に早く気がつくためには、寿命の際に表れる症状などを知っておくことが良いと思います。

当記事では、プラグコードの交換費用と寿命、寿命が迫った時の症状についてお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

 

プラグコードの交換費用

費用

プラグコードの部品代は車種により異なりますが、1本:¥2,000円~¥4,000円ほどになり、 各シリンダーに1本取り付きますので、4気筒エンジンでは4本、6気筒エンジンでは6本必要になります。

6気筒エンジンの場合の合計部品代は、¥2,000円 ~ ¥4,000円 × 6本 = ¥12,000円 ~ ¥24,000円程になります。

自分で交換する場合は工賃がかかることはありませんが、ディーラーで交換した場合は工賃が¥2,500円ほどかかります。

プラグコードの交換費用

  • プラグコードの部品代 (1本):¥2,000円 ~ ¥4,000円程
  • 工賃            :¥2,500円程
  • 工賃を含めた合計 (6気筒) :¥12,000円 ~ ¥24,000円程

 

メモ 

プラグコードは純正品に比べ、社外品 (NGKなど) の方が性能が良く価格も安く販売されています。

 

 

プラグコードの寿命は10万km

走行距離

プラグコードの交換時期の目安は約10年10万kmです。

場合によっては3年3万km5年5万kmで交換する場合もあります。

プラグコードが寿命になると導線に亀裂、あるいは断線し電気が漏れます。

端子部に電解腐食が生じると接触不良となる場合もあります。

スパークプラグ(点火プラグ)の交換時期が近い場合は、あわせて交換すると手間が省けて良いです。

関連記事>>>『スパークプラグの交換時期と費用はいくらかかる?寿命直前の症状についても』

Sponsored Link

 

 

プラグコードの寿命前の症状

  • アイドリングの不安定
  • 発進時のもたつき
  • 加速の低下
  • 出力の低下
  • 登坂走行時にもたつく
  • オーディオなどにノイズが入る
  • 亀裂部から火花が散る

 

プラグコードの寿命や不具合は導線の亀裂に起因した断線あるいは絶縁不良(リーク)です。

プラグコードに断線あるいはリークが生じた場合、基準を満たす電気が流れずスパークプラグ(点火プラグ)の失火が起き、主に混合気の爆発に支障をきたします。

アクセルペダルを踏み込んだとしてもエンジン回転数は上がらず、加速性能が悪くなるほか、オーディオなどにノイズが入りECUなどへ影響を及ぼす恐れがあります。

湿度が高い日に症状が頻繁に表れる場合は、リークしていることが疑われます。

水は電気を通しやすいため、プラグコードに霧吹きなどで水をかけて不調(走行性能の低下やノイズなど)を確認することもできます。

水をかけた後、走行性能に低下を感じた場合はプラグコードに亀裂などがあり、リークしていることが考えられます。

リークは暗い場所で確認することもでき、亀裂が入った部分から青白い火花が飛んでいる場合はリークしています。

メモ

断線の診断には専用のテスターを使用します。

測定したコードの抵抗値が基準値を超えていた場合はリークしています。

 

注意

失火した場合は生ガスにより触媒を溶損する恐れがあります。

その後は走行不能となりますので、プラグコードに寿命の症状が表れた際は交換をしましょう。

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

  • プラグコードの交換費用(6気筒エンジン)は、工賃を含め¥12,000円 ~ ¥24,000円程かかります。
  • プラグコードの寿命は約10年・10万km。場合によっては3年5年の交換もあります。
  • プラグコードの寿命の症状には、走行性能の低下やアイドリングの不安定などがあります。
  • プラグコードの寿命が迫り、失火が続くと触媒の溶損や走行不能になる恐れがあります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事>>>『車のプラグコードとは?パワーケーブルとの違いや効果は?

 

Sponsored Link

 

7年経過の車は修理を続けると損をするの?買い替える判断基準についても

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

10万kmに差し掛かり寿命が近づく車は修理をするとをします。

 

 

関連記事新車を最も安く買う方法!値引きと購入費用を抑えるコツと時期を徹底解説!

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

 

カーセンサー.net

『カーセンサー.net簡単ネット査定』は、全国にある買取り業者の登録数が1,000社以上と圧倒的に多く、他では掲載されていない地方にしかない地場の買取り業者や、様々な車種やジャンルに特化した強みを持った買取り店、輸出向けや廃車解体業者、他の買取り査定では目にしない買取り店など、あらゆる買取り店が見つかります。

カーセンサーのコンテンツ内容は、初心者の方に必要な一括査定の知識が盛り込まれており、誰でも安心して利用できるほかサイトの操作も使いやすくなっています。

全国網羅し扱う車種の幅も広く、安心できる車買取店が見つけやすいです。

 

無料 ( 公式サイト )
↓  ↓  ↓
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

ズバット車買取比較

『ズバット車買取比較』は、全国にある150社以上の買取業者へ無料で一括査定ができるサイトです。

車買取業者により査定額は異なりますので、1社のみの査定では本当の車の価値がわかりません。

『なるべく車を最高額で売りたい』とお考えの場合は、無料一括査定であれば同時に複数の査定額が比較でき、一番高い査定額に売却ができます。

最大で8社の一括査定が無料で行えます。

 

無料 ( 公式サイト )
↓  ↓  ↓
大手を含む100社以上の車買取業者から、最大8社に無料一括査定依頼

 

-電装系

© 2022 はなブログ