吸気・排気系

車のマフラーから白煙を排気する季節は冬や寒い時期に多い?

投稿日:2019年1月18日 更新日:

マフラー

冬や寒い日にマフラーから白煙がよく出ると思ったことはないでしょうか。

実はマフラーから出ているのは白煙ではなく、乱反射した『水蒸気』です。

冬や寒い日に頻繁に見る理由は気温が関係しています。

当記事では、冬や寒い日にマフラーから白煙 (水蒸気) が頻繁に出る理由について解説します。

Sponsored Link

 

マフラーから白煙 (水蒸気) が出る理由

蒸気

マフラーから白煙が出ているように見えるものは、実は白煙ではなく『水蒸気』です。

また、マフラーから水蒸気が出ることは故障やトラブルではなく必然的なことで心配はいりません

水蒸気 (水) は2つの工程で生成されます。

  • ガソリン燃焼時 (軽油燃焼時)
  • 触媒浄化後

オイル臭いがした場合は、水蒸気ではなく白煙を排気しています。

白煙が出る原因については『オイル上がりとオイル下がりとはどんな症状?白煙の原因と対策方法は?』で詳しく解説しています。

 

ガソリン燃焼時 (軽油燃焼時) から水が生成

水

ガソリン燃焼後 (軽油燃焼時) と排気ガスの浄化後は、化学反応により『水』が生成されます。

ガソリンに含まれる水素は、燃焼時に空気中の酸素と反応し『水』を生成されます。

 

触媒浄化 (化学変化) から水が生成

触媒は燃焼工程を終えたが排気ガスを浄化するシステムです。

排気ガス中には3つの有害な成分が含まれています。

排気ガス中の3つの有害成分

  • 一酸化炭素 (CO)
  • 炭化水素 (HC)
  • 窒素酸化物 (NOx)

 

矢印 

3つの有害な成分は触媒の浄化システム (化学反応) により『水』に生成されます。

触媒で浄化後 (化学反応後)

  • 一酸化炭素 (CO)   → 『水』と二酸化炭素(CO2)
  • 炭化水素 (HC)    → 二酸化炭素(CO2)
  • 窒素酸化物(NOx)  →  窒素(N)

ちなみに生成される水分量は、触媒浄化後に生成される水分量の方が多くなります。

 

冬や寒い日に水蒸気が多い理由

冬

水蒸気は大気で急激に冷やされる水滴 (細かい水の粒) に変わりやすく、さらに光の乱反射が加わると白煙の様に見えます。

また、温度差があるほど水蒸気濃く見えるため、などの寒い時期にはより白煙の様に見えます。

気温が低い日のほか、湿度高い日も白煙の様に見えやすくなります。

 

Sponsored Link

白煙と水蒸気の違い

白煙

白煙の特徴

  • オイルの臭いがする (オイルが焦げた臭いがする)
  • エンジン暖気後も白煙は排気し続ける
  • 立ち上った排気 (白煙) はしばらく消えない

白煙の特徴は、マフラーから排気後しばらく消えないことです。

マフラーから白煙を排気する場合は、オイルが燃焼しているなどエンジンにトラブルがある恐れがあります。

【関連記事】>>>『オイル上がりとオイル下がりとはどんな症状?白煙の原因と対策方法は?』

 

水蒸気の特徴

  • 無臭
  • エンジン暖気後はほとんど排気されない
  • 立ち上った排気はすぐに消える

水蒸気の特徴は、マフラーから排気された後にすぐに消えることです。

熱湯から出る水蒸気が部屋の天井まで残っていることがないように、水蒸気の場合はすぐに消えます

水蒸気が排気することは完全燃焼しておりエンジン状態良いと言えます。

また、触媒も正常に作用していますので問題はありません。

反対に水蒸気少ない場合は、不完全燃焼や触媒にトラブルなどが生じている恐れがあります。

【関連記事】>>>『車のマフラーの触媒の交換と修理にかかる費用はいくら?寿命と音についても』

 

まとめ

  • マフラーから白煙が出ている様に見えるのは実は水蒸気です。
  • マフラーから水蒸気が出る理由は、燃焼時に必然的に生成される『水』が急冷乱反射することから白煙の様に見えるためです。
  • 水蒸気は急冷するほど水滴 (細かい水の粒) になりやすく、濃く見えます。
  • 燃焼時に水が生成することは、エンジン状態良く完全燃焼している証です。
  • 水蒸気と白煙の判別は、臭いすぐに消えるかが大きな違いです。

【関連記事】>>>『車のマフラーから水が出る原因は水蒸気と気温?アイドリング時に多い理由は?』

Sponsored Link

車は修理より買い替えが得する理由

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

10万kmに差し掛かり寿命が近づく車は修理をするとをします。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

-吸気・排気系

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.