「走行系統」 一覧

タイヤ 外れる

走行系統

車のタイヤが走行中に外れる原因と前兆とは?ナットの緩みと増し締めについても!

走行中にタイヤが外れる(ホイール含む)てしまうと大変危険です。 走行中にタイヤが外れることがない様に、気をつける点や運転中に現れる前兆についてお話していきます。 ※タイヤのみが外れる場合ではなく、タイヤとホイールがついた状態で外れる場合についての解説になります。 Sponsored Link   走行中にタイヤが外れる原因 走行中にタイヤが外れる原因 スタットボルトの破断・損傷 ナットの締め付け不足や緩み     スタッドボルトの破断・損傷 スタッドボルトはナットの締め過ぎに ...

ひび割れ

走行系統

タイヤ側面のひび割れを放置するとバーストの原因に? 限界状態でも車検は通る?

車のタイヤにはゴムの劣化を遅らせる劣化防止剤などが練りこまれていますが、タイヤを長く使用していると、いずれゴムが硬化して経年劣化が起きてしまいます。 そんな、ひび割れたタイヤを乗り続けた場合バーストして事故に繋がるのでは? ひび割れたタイヤで車検は通る?など様々なことが頭の中をよぎります。 今回は、そんな疑問や悩みについて解説していきます。 Sponsored Link   ひび割れはバーストに繋がる? バーストは、タイヤ内部の構造が破壊(ダメージ)されなければバーストに至りませんので、タイヤ表 ...

スリップサイン

走行系統

スリップサインの見方と探し方は?溝の測り方と片減りでも車検は通らない?

タイヤの磨耗がどれくらい進行しているかを判別する『スリップサイン』の見方や『スリップサイン』がどこにあるか探し方がわからない方もいるかと思います。 また、スリップサインやタイヤの溝をどの程度まで使っても車検を通すことができるのか? 片減りは車検に通るのか? 『夏用タイヤ』と『スタッドレスタイヤ』の確認に違いはあるのか? など、『スリップサインの見方』や『タイヤの溝深さの測り方』、『スタッドレスタイヤ』などについて解説していきます。 Sponsored Link   タイヤのスリップサインとは タ ...

ハイドロプレーニング現象

走行系統

ハイドロプレーニング現象は雨の高速道路に多い?スリップ以外の対策とは?

雨の日の高速道路で多いと言われる、ハイドロプレーニング現象 (あるいは、アクアプレーニング現象) とは具体的にどのような現象が起きるのでしょうか。 起きやすい条件や時速何キロで走行するとリスクが高くなるか、日々の点検で気をつける点など、安全な運転ができる内容を解説していきます。 Sponsored Link   ハイドロプレーニング現象とは すごく簡単に言いうと、『高速走行時に車のタイヤが水の膜の上に乗ってしまい、車がほぼ空中に浮いてしまう状態になる現象』です。 これでは少しわかりにくいと思いま ...

スタンディングウェーブ現象

走行系統

スタンディングウェーブ現象でバーストした時の 対処法!原因は高速と空気圧?

自動車の免許を取得する際に教習所で習う『スタンディングウェーブ現象』 このことについて、もう一度確認したいという方もいらっしゃると思います。 特に『スタンディングウェーブ現象』は命の危険にも繋がり、安全の為には知っておかなければならないことです。 どのような点に気をつければ良いか理解し、安全な運転ができるように解説していきます。 Sponsored Link   スタンディングウェーブ現象とは スタンディングウェーブ現象とは、『タイヤ接地面の後側が波(ウェーブ)打つ異常変形』のことです。 &nb ...

スローパンクチャー

走行系統

F1や車のスローパンクチャーとは?原因の見つけ方と修理方法は?

F1などの自動車レースでは、実況や解説の方が『スローパンクチャー』という用語を使っています。 その時の映像からはタイヤがパンクしたように見えますが、パンクとスローパンクチャーにはどのような違いがあるのでしょうか? スローパンクチャーとは何か、見分け方や起こる原因・修理・対策などについて解説していきます。 Sponsored Link   スローパンクチャーとは スローパンクチャーとは、タイヤの空気が『徐々に抜けていくパンク』のことです。 しかし、パンクは和製英語で、本来『パンクチャー』が正しい呼 ...

ユニフォミティマーク

走行系統

新品タイヤにある赤丸と黄丸の意味は?マークを消す方法は?

新車や新しくタイヤを履き替えた際に、目につくと同時に疑問に思うことがあります。 『タイヤに赤色のマークと黄色のマーク?』、『新品なのに汚れがついている?』 など、この『赤丸』と『黄丸』は何?と疑問に思われる方がいらっしゃると思います。 このマークは購入後に必要になることはありませんが、タイヤメーカーやタイヤ販売店にとっては大事なマークとなり、運転者にとっても良い結果をもたらすマークです。 今回は、この『赤丸』と『黄丸』の意味について解説していきます。 また、このマークを消したいという方もいらっしゃいますの ...

スローパンクチャー

走行系統

車のタイヤをイタズラでパンクさせられた時の対策は?釘を刺されても保険は適用できる?

車を運転中にタイヤに釘が刺さってパンクすることはよくあります。 年間におけるJAFの救援依頼件数の2位が『タイヤのパンク』のことからも、走行中のみならず駐車中も含め、パンクすることはよくあります。 直近10年の救援依頼件数を調べてみると、パンクの救援依頼は常に上位3位以内に入っています。 そして、近年は2位が連続しており、タイヤのパンクは増加傾向にあります。 パンクしたタイヤを見て『いつ、どこで釘を踏んだのだろう?』、『イタズラでは?』と考えてしまうものです。 走行中に偶然刺さってしまった釘と、イタズラに ...

ランフラットタイヤ

走行系統

ランフラットタイヤに釘が刺さったとき修理費用は?パンクしたまま走行は可能?

ランフラットタイヤに釘がささったパンクの場合に不安になることは、『ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて修理費が高くなる?』と思われる方がいらっしゃると思います。 また、『釘がささったりバーストした状態で走行することは問題ないの?』と不安に思われる方もいらっしゃると思います。 ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて高価なタイヤになりますので、そのような気持ちになってしまいます。 今回はこの2つの不安について解決していきます。 Sponsored Link   釘がささった場合の修理費用は ...

ランフラットタイヤ

走行系統

ランフラットタイヤはパンクしたら気づかないまま?走行できるけど修理は必要なの?

一般的なタイヤでは走行中にパンクをした際は、スペアータイヤに交換することになります。 パンク後も走行できてしまう丈夫なタイヤでは、『パンクに気がつかないのでは?』と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。しかし、ランフラットタイヤはパンクした際にも走り続けることができます。 またパンクをしても走れる事ができるのであれば、『修理の必要はあるの?』と思われる方もいらっしゃると思います。 今回はこの2つの疑問について解説していきます。 Sponsored Link   走行中や外見からは気がつかない ラ ...

Copyright© 自動車の図書館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.