タイヤの購入

車のタイヤを買うならどこのメーカーがおすすめ?特徴や性能を解説!

2022年8月14日

タイヤメーカー

どこのタイヤメーカーがおすすめか知りたいな。

タイヤメーカーによって違いはあるの?

安くて高性能なタイヤメーカーがあれば良いな。

 

タイヤを買う際、

  • タイヤメーカーによって違いはあるの?
  • タイヤを買うならどこのタイヤメーカーが良いか?

など、思ったことはありませんでしょうか。

 

車のタイヤは高額なうえ、購入から約5年間は履き続けるため、できるだけ良いタイヤを選びたいですよね。

 

実は車のタイヤはメーカーによって大きく違いがあります。

 

おすすめのタイヤメーカーは、ブリヂストンタイヤが一番良いです。

なぜなら、ブリヂストンタイヤは高性能タイヤだからです。

高性能タイヤは安全性においてもプラスに働きます。

 

夏用・冬用タイヤのどちらにおいても高性能なタイヤです。

 

  • 夏用タイヤ:ポテンザ
  • 冬用タイヤ:ブリザック

を聞いたことはありませんでしょうか。

 

ポテンザはF1にも採用されるハイグリップタイヤの代表です。

ブリザックは冬用タイヤ (スタッドレスタイヤ) No.1のタイヤです。

 

どこのタイヤメーカーが良いか悩んでいる方、迷っている方はブリヂストンタイヤを選べば間違いありません

 

当記事ではタイヤメーカーごとの性能や特徴を解説します。

 

当記事を読むことでタイヤメーカーの特徴がわかるほか、安全性や性能が高いタイヤはどこのタイヤメーカーかわかります。

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

 

クーポンの取得 & 利用方法

【簡単】タイヤフッドのクーポンコードの利用方法を解説!全タイヤ3%OFF!【期間限定】

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)  
↓  ↓  ↓
先着500名限定
クーポンコード [sale2212] 利用で3%OFF (12月31日まで)
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

車のタイヤを買うならブリヂストンタイヤがおすすめ

ブリヂストンタイヤ

タイヤ性能面安全性において、ブリヂストンタイヤ最高のタイヤです。

  • 静粛性
  • 乗り心地
  • 低燃費
  • グリップ性能
  • 安全性

など、あらゆる面で最高です。

 

ブリヂストンタイヤを履いておけば (買っておけば) 間違いはありません

 

タイヤ性能の高さは安全性の高さにも繋がりますので、価格が高いから損したということは全くありあません。

 

安いタイヤを買って危険な目に遭うより、安全を買う考えの方が賢明です。

タイヤ性能安全性を最優先している方にはブリヂストンタイヤが良いです。

 

ブリヂストンタイヤは高い金額を払っても後悔しないタイヤと言えます。

 

ブリヂストンタイヤの性能を上回るタイヤは他にはありません。

 

 

クーポンの取得 & 利用方法

【簡単】タイヤフッドのクーポンコードの利用方法を解説!全タイヤ3%OFF!【期間限定】

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
先着500名限定
クーポンコード [sale2212] 利用で3%OFF (12月31日まで)
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

 

ブリヂストンタイヤのラインナップ

REGNO (レグノ) 静粛性・乗り心地
POTENZA (ポテンザ) ハイグリップタイヤ(スポーツタイヤ)
Playz (プレイズ) 雨に強い(高ウェット性能)
ECOPIA (エコピア) 低燃費タイヤ
NEXTRY (ネクストリー) 低燃費タイヤ
DULER (デューラー) SUV専用タイヤ
ALENZA (アレンザ) SUV専用タイヤ
BLIZZAK (ブリザック) スタッドレスタイヤ

 

関連記事ブリヂストンタイヤを買うならタイヤ館が安い?高い噂も聞くけど本当は?

 

 

2番目以降のおすすめ

  • 2番目:ヨコハマタイヤ

  • 3番目:ミシュランタイヤ

4番目以降はほとんど差がありません。

 

 

2番目におすすめはヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤ

ADVAN (アドバン) スポーツタイヤ
BluEarth (ブルーアース) 低燃費タイヤ
ECOS (エコス) 低燃費タイヤ
GEOLANDAR (ジオランダー) SUV専用タイヤ
PARADA (パラダ) ドレスアップタイヤ
iceGUARD (アイスガード) スタッドレスタイヤ

 

ブリヂストンタイヤの次はヨコハマタイヤがおすすめです。

ヨコハマタイヤの特徴は強いタイヤです。

 

日本は世界の中でも雨の多い国です。

ヨコハマタイヤは日本の気候適したタイヤとも言えます。

 

またサーキット走行する方には、

ADVAN NEOVA』が大人気です。

ADVAN NEOVA (アドバン ネオバ) はSタイヤと呼ばれ、公道も走れるレーシング向けタイヤです。

 

SUV専用の『ジオランダー』シリーズはオフロードタイヤとして幅広い用途が可能です。

 

ヨコハマタイヤはブリヂストンタイヤほど高性能タイヤではありませんが、標準レベルより性能高いタイヤが欲しいかつ、ブリヂストンタイヤよりも価格少し抑えたい方におすすめのタイヤです。

 

雨を重視したタイヤ選び、ブリヂストンタイヤほど性能は求めていない、タイヤ価格を少し抑えたい方はヨコハマタイヤが良いです。

 

 

3番目におすすめはミシュランタイヤ

ミシュランタイヤ

PILOT (パイロット) スポーツタイヤ
PRIMACY (プライマシー) コンフォートタイヤ
ENERGY (エナジー) 低燃費タイヤ
LATITUDE (ラティチュード) SUV専用タイヤ
PREMIER (プレミア) コンフォート性能を兼ね備えたSUV専用タイヤ
CROSSCLIMATE (クロスクライメート) オールシーズンタイヤ
X-ICE (エックスアイス) スタッドレスタイヤ
Alpin (アルペン) スタッドレスタイヤ
CLASSIC (クラッシック) クラッシックタイヤ

 

ミシュランタイヤ (フランス製) は、先程、お伝えしたブリヂストンタイヤと遜色ない性能を備えています。

しかし、性能の割タイヤ価格高い点が目に付きます。

 

また、実際にミシュランタイヤを履いていた方からは以下の口コミを耳にします。

40才男性

ミシュランタイヤは他のタイヤメーカーと比べて摩耗が遅いと感じる。

 

タイヤの摩耗遅い理由はタイヤが硬めと考えられます。

タイヤが硬めということはグリップ性能下がるということです。

 

ミシュランタイヤは海外メーカー (フランス製) のため、入手までに時間を要することもあります。

 

ミシュランタイヤを選ぶのであれば、ブリヂストンタイヤを選ぶほうが良いと考えます。

理由はミシュランタイヤよりもブリヂストンタイヤの方がタイヤ性能は良いほか、タイヤ価格もミシュランタイヤに比べて抑えることができます。

 

ただし、純正タイヤがミシュランタイヤの場合は純正タイヤに合わせてミシュランタイヤを選ぶほうが良いです。

 

純正タイヤがミシュランタイヤでなければ、タイヤ性能とタイヤ価格の両面から、ブリヂストンタイヤを選ぶほうが良いです。

 

 

住友ゴム(ダンロップ/ファルケン)

  • ダンロップ
  • ファルケン

 

住友ゴムには、ダンロップとファルケンの2つのブランドがあります。

 

 

ダンロップ

ダンロップ

ENASAVE (エナセーブ) 低燃費タイヤ
LE MANS (ルマン) コンフォートタイヤ
VEURO (ビューロ) コンフォートタイヤ
DIREZZA (ディレッツァ) スポーツタイヤ
GRANDTREK (グランドトレック) SUV専用タイヤ
SPスポーツMAX ハイパフォーマンスタイヤ
ALL SEASON MAX (オールシーズンマックス) オールシーズンタイヤ
WINTER MAX (ウィンターマックス) スタッドレスタイヤ

 

ダンロップはハイドロプレーニング現象を解明しました。

 

 

ファルケン

ファルケン

AZENIS (アゼニス) コンフォートタイヤ/スポーツタイヤ/SUVタイヤ
SINCERA (シンセラ) 低燃費タイヤ
ZIEX (ジークス) スポーツタイヤ/コンフォートタイヤ
ユーロウィンター オールシーズンタイヤ
ESPIA (エスピア) スタッドレスタイヤ

 

ファルケンは安価なタイヤが目立ちます。

 

30才男性

劣化・摩耗が早い。

 

ダンロップ / ファルケン (住友ゴム工業) 共に目立った特徴はないことから、タイヤ性能面ではブリヂストンタイヤやヨコハマタイヤに比べて劣りますが、性能が劣ることからタイヤの価格帯は低く設定されています。

 

 

トーヨータイヤ

トーヨータイヤ

トーヨータイヤと言えば、ミニバン専用タイヤです。

幅広いミニバン専用タイヤを用意してあるため、ミニバン専用タイヤをお求めの方はトーヨータイヤがおすすめです。

価格帯も他社と比べて安価なタイヤが多いです。

 

50才男性

トーヨータイヤを履いた経験があるが、タイヤの劣化は早かった。

 

 

その他のタイヤメーカー

  • グッドイヤー
  • コンチネンタル
  • ピリレ

など

その他のタイヤメーカーは特別に際立った特徴はなくほとんど同じです。

 

 

車のタイヤを買うなら、ブリヂストンタイヤかヨコハマタイヤ

  1. ブリヂストンタイヤ
  2. ヨコハマタイヤ
  3. ミシュランタイヤ

 

車のタイヤを買うならブリヂストンタイヤヨコハマタイヤミシュランタイヤの3社です。

ただし、お伝えした通りミシュランタイヤを選ぶのであれば、ブリヂストンタイヤを選ぶほうが良いです。

 

ミシュランタイヤを選んで良い方は、純正タイヤミシュランタイヤの方です。

 

純正タイヤがミシュランタイヤでない方は、ブリヂストンタイヤかヨコハマタイヤから選ぶことが良いです。

 

 

クーポンの取得 & 利用方法

【簡単】タイヤフッドのクーポンコードの利用方法を解説!全タイヤ3%OFF!【期間限定】

 

タイヤ安く買いたい方(タイヤフッド)
↓  ↓  ↓
先着500名限定
クーポンコード [sale2212] 利用で3%OFF (12月31日まで)
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

 

まとめ

  • タイヤ性能を重視してタイヤを買うなら、ブリヂストンタイヤ最高タイヤです。
  • 2番目はヨコハマタイヤです。ヨコハマタイヤはに強いタイヤです。
  • 3番目はミシュランタイヤですが、ミシュランタイヤを買うのであればブリヂストンタイヤが良いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

関連記事タイヤをどこよりも安く買う方法を解説!どこで買うのがいいか一番安い店を詳細解説!

タイヤを安く買う方法

 

タイヤフッド (TIREHOOD)

タイヤフッドはタイヤをネット販売しているサイトです。

直接販売 (直販) 形式を採用しているため、タイヤ価格は実店舗より安く購入できます。

購入タイヤはタイヤフッド提携先のタイヤ交換店へ直送のほか、自宅の配送も可能です。

(タイヤのみ購入し取付店は自分で探すことも可能です)

 

タイヤフッド提携先のタイヤ交換店は、全国で4,800店舗以上 (全国のガソリンスタンドなど) 、1都道府県当たりの平均は約102店舗あります。

提携先のタイヤ交換店が無いなど困ることはありません。

タイヤ交換店 (提携先) の予約は、タイヤ購入時にあわせて取れるため手間を省けます。

 

タイヤ交換時に他の店舗で買ったタイヤだからと心配することも一切ありません。

全タイヤに無料6ヶ月間パンク保証が付いたうえ、タイヤを安く買えます。

 

 

クーポンの取得 & 利用方法

【簡単】タイヤフッドのクーポンコードの利用方法を解説!全タイヤ3%OFF!【期間限定】

 

タイヤ安く買いたい方
↓  ↓  ↓
先着500名限定
クーポンコード [sale2212] 利用で3%OFF (12月31日まで)

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
全タイヤ 無料の6ヶ月間パンク保証付き!

 

 

タイヤフッド【TIREHOOD】

 

-タイヤの購入
-

© 2022 はなブログ