車を売る時に傷は査定に影響する?減額相場についても解説

キズ

車を売ろうと考えた時にどれ程の大きさの傷があると査定に影響するか気になるのではないでしょうか?

また傷を修復して査定に出した方が良いか、あるいは傷の修復をせずにそのまま査定に出した方が良いか、どちらが得になるかあわせて気になるところです。

当記事では車を売る時に傷は査定にどう影響するか?

また、査定前の傷を修復するかしないかについても解説し、どちらの場合が車を高く売ることができるか、お伝えたてしていきます。

査定に影響する傷と影響しない傷

  1. 浅い傷 (ツメが引っかからない程度)
  2. 浅い傷 (再塗装のみ)
  3. 深い傷 (板金&再塗装が必要)

査定に関わる傷は上記3つのランクに分けて査定が行われます。

車の査定には『減点方式』が用いられます。

減点方式とは、車種(グレード)、年式、走行距離などから導いた標準査定額から、査定対象部に傷や凹み(ヘコミ)が見つかるごとに減点査定していく方式です。

最終的に積み重なる減点が多ければ査定額もあわせて低くなり、減点が少なければ査定額は高くなります。

浅い傷 (ツメが引っかからない程度)は査定に影響しない

浅い傷 (ツメが引っかからない程度) の場合、査定影響を及ぼすことはありません

車を運転していれば走行中の飛び石などで薄くて細かい傷がつく事は避けることができません。

あまりにも無数に傷についている場合は、マイナス査定時 (減額) の対象になりますが、止むを得ずついてしまう浅く細かい傷や常識の範囲内の傷であれば、減額の対象になることはありません。

また、買取り店は自社で整備工場 (自社工場) を備えてあり、磨くと消える程度の浅い傷は自社工場にて安価で早く修復することができるため、査定時に減額される心配はありません。

査定に影響しない浅い傷 (ツメが引っかからない程度) を見分ける参考としてを使用する方法があります。

傷に水をかけ水の膜が張った状態から傷が見えなければコンパウンドなどで磨くと消える傷です。

傷が見えている場合は、磨いても消えない恐れがあります。

ただし、ワックスがかかっている場合は水を弾いてしまい判断がつきにくくなります。

MEMO

査定士は細かい傷がついていることを理由にマイナス査定(減額)にする事例があります。

コンパウンやタッチペンドなどを使用すれば簡単に消すことができる傷は、査定前に処理しておくことが無難です。

コンパウンドやタッチペンはカー用品店で購入することができます。

注意

傷を消すつもりが返って傷を大きくしてしまうことがありますので、傷を消す際は注意して消してください。

浅い傷 (再塗装のみ)

傷・凹みの大きさ 減額の目安(円)
 1cm×1cm 未満 無減点
 カードサイズ未満
(1cm×1cm ~ 9cm×9cm)
¥10,000円
カードサイズ以上 ~ A4サイズ未満
( 9cm×9cm ~ 30cm×30cm)
¥10,000円~¥20,000円

A4サイズ以上
(30cm×30cm 以上)

¥15,000円~¥40,000円

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

 

傷が浅く再塗装のみで修復できる場合は、塗装面積の大きさにより減額が異なります。

1cm未満の小さな傷や凹み(ヘコミ)は減額されることはありません。

1cm以上の傷・凹みの場合は、傷・凹みの大きさにあわせて減額も大きくなります。

MEMO

減額は『日本自動車査定協会』が定めたものであり、買取り店により多少の違いはあります。

深い傷 (板金 & 再塗装が必要)

傷の大きさ 減額の目安(円)
A4サイズ以下 (9cm~30cm) ¥15,000~¥50,000円
A4サイズ以上 (30cm以上) ¥20,000~¥80,000円
パネル面積の1/2以上

¥70,000円~¥20万円

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

 

板金修理や再塗装が必要な深い傷の場合も面積により減額が異なります。

傷の範囲がパネル面積半分を超えた場合は部品交換が必要となり、更に減額があります。

MEMO

浅い傷(再塗装のみ)の場合同様に、買取り店により多少の違いはあります。

同一パネルに集中した傷

サイドパネルやバンパーなど、同一パネルに傷がある場合は、1つの場合も複数の場合も査定の評価同じになります。

例えば、バンパーに大きな傷が1つあった場合は全塗装あるいは部品交換となります。

別の例では、飛び石などでバンパー全体に複数の傷が散らばっており、この場合もパンバー全体を再塗装することになります。

どちらの場合も再塗装となり、同一パネル上にある傷は1つであっても複数であっても査定の評価は同じになります。

 

『カーセンサー.net』で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

 

修復歴のある車両

車の外装に傷が見えなくても、過去に修復歴がある場合は大幅に減額されます。

修復歴の定義

修復歴車の定義は、過去に交通事故や災害などにより、車の車体骨格(フレーム)部位を損傷し『修正』あるいは『交換』など修復した車です。

以下の8ヶ所のいずれかを修復した場合は、外装に傷がなくても修復歴車となります。

ボンネットやドアなど8ヶ所以外を修理や交換をした場合には、修復歴とはならず査定にも大きく響くことはありません。

また、事故を起こした車両であっても車体骨格(フレーム)に修復歴がなければ修復歴車とはなりません。

車体骨格(フレーム)
日本自動車査定協会 修復歴の定義

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア

修復歴車の減額

みなし修理費

減点の算出方法

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

 

( スマートフォンの方は横スクロールができます )

クラス分け スズキ スバル ダイハツ トヨト(レクサス) ニッサン ホンダ マツダ(フォード) 三菱
特C       センチュリー、レクサス プレジデント、GTR     ディグニティ
特B       レクサス、セルシオ シーマ      
特A       マジェスタ、ソアラ シーマ NSX、レジェンド   デボネア
      クラウン、スープラ フーガ、フェアレディZ(Z32) レジェンド センティア ディアマンテ、GTO
  レガシィ   マークX、アルテッツァ スカイライン、フェアレディZ(Z33、Z34) インスパイア、S2000 RX-7、RX-8 シャリオグランディスロイヤル
キザシ WRX、インプレッサ   86、プリウス ブルーバード、シルビア アコード、シビック ロードスター、アテンザ ギャラン、ランサーエボリューション
SX4、スイフト インプレッサ ミラジーノ1000 カローラ、ヴィッツ ノート、キューブ フィット、HR-V デミオ、ファミリア ランサー、ミラージュ
アルト、ワゴンR R1、ヴィヴィオ ムーヴ、コペン ピクシス デイズ、モコ N BOX、S660 キャロル、AZ-1

ekワゴン、トッポ

 

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

 

修復歴がない状態の車両価格が¥100万円であったとします。

修復歴の減点区分(B)と車両のクラス分け(Ⅲ)から、みなし修理費は約¥80万となります。

減点の算出式に基づいて計算した結果、約¥24万円の減額があります。

修復歴がない車両状態¥100万円から約¥24万円が減額され、修復歴のある車両の査定額は¥76万円となります。

同様に修復歴の減点区分を『B』として、車両のクラス分けごとに算出した結果が以下の表です。

修復歴のある車の減額の目安

〔 修復歴がない状態の車両価格を¥100万円、修復歴の減点区分を『B』とした場合 〕

クラス分け 代表的な車種 減額(円) 修復歴有の査定額
特C センチュリー、レクサス、GTR ¥36万円 ¥64万円
特B セルシオ、シーマ ¥33万円 ¥67万円
特A マジェスタ、NSX ¥30万円 ¥70万円
クラウン、フェアレディZ(Z32) ¥28万円 ¥72万円
マークX、スカイライン ¥26万円 ¥74万円
プリウス、ブルーバード ¥24万円 ¥76万円
カローラ、ノート ¥22万円 ¥78万円
ワゴンR、ヴィヴィオ ¥22万円 ¥78万円

出典:日本自動車査定協会 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕車両本体の評価

 

修復歴車高級車になるほど減額大きくなります。

 

トラブルを避けるために修復歴車は正直に申告

車買取り店の査定士は修復歴のある車両は気がつきます。

修復歴があることは、あらかじめ正直に申告しておくことが後のトラブルを招きません。

気持ち良く買取り手続きを行うためにも、修復歴がある場合は事前に申告しておきましょう。

 

 

『カーセンサー.net』で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

 

傷は修復して査定に出すべきか?

板金修理や塗装が必要な大きな傷やヘコミがある場合、修復せずに査定依頼することが良いです。

なぜなら、板金修理や塗装は大きな費用がかかり、かけた費用以上にプラス査定になることはないためです。

大きな傷やヘコミは修復せずに査定依頼するようにしましょう。

特に大手車買取り店では自社に整備工場や提携工場を備えています。

自社工場では安価で修復することができますので、大手買取り店の場合は査定時に大きくマイナスされれるケースは少ないです。

バンパーの傷やヘコミと査定

バンパーは最も傷やヘコミが入りやすいパーツです。

傷やヘコミがある場合はマイナス査定になりますが、小さな細かい傷の場合マイナス査定になることはほとんどありません。

バンパーの修復は容易であり部品代は安価なため、思いのほか大きなマイナス査定にはならないことが多いです。

ウィンドウの傷

運転に支障をきたす大きな傷はマイナス査定になりますが、支障をきたさない極小さな傷は査定に影響を及ぼすことはありません。

飛び石による傷はガラス交換となり、ガラス交換費用が査定額から引かれます。

自費で交換した場合は大きな費用がかかり得をすることは考えにくいため、飛び石による傷は修復せずに査定に出すことが良いです。

ボディーのヘコミ

車のボディーにヘコミがある場合は大小問わずマイナス査定になります。

ヘコミが大きい場合と小さい場合で査定額は異なりますが、¥50,000円以上の減額になります。

ヘコミが大きければ大きいほど査定額は大きくマイナスになります。
ボディーのヘコミを修理した場合、高額な修理費用がかかります。

修理費用を超える査定額がつく事はありませんので、ヘコミがある状態で査定に申し込みことが良いです。

塗装が剥がれている

長期間屋外に駐車していた車の場合、屋根やボンネットの塗装が剥がれてしまうことがあります。

塗装の剥がれは大きなマイナス査定になることは覚悟しなければなりません。

板金塗装に再塗装を依頼した際は高額な費用がかかります。

査定時に塗装費用を上回る査定額がつくことはありませんので、塗装が剥がれてしまった時はそのまま査定に出すことが良いです。

車に長期間乗っていると錆が出ることは仕方の無いことです。

また、雪国や塩害地域では車の下回りやマフラーなどは錆が多く見られます。

小さな錆がある場合は、マイナス査定になります。

小さな錆はカー用品店にある錆落としなどで処理することができます。

下回りなどの広範囲の錆は困難を要するうえ、かけた費用以上の査定額は期待が出来ませんので、錆がついた状態で査定に出します。

自ら修理することは傷を悪化させる懸念も

傷や凹み (ヘコミ) の修理を自ら行う場合は、傷を修復するつもりが返って悪化させてしまうことがあります。

傷や凹み (ヘコミ) が悪化した場合は査定を下げてしまう恐れがあります。

自ら修復を行う場合は、細心の注意をしてください。

査定士が見ているところは4つ

  • 外装
  • 内装
  • 走行距離
  • エンジン

外装

ボディーの傷やヘコミは勿論、アンテナの破損などもチェックされます。

また、ボディーカラーは査定に影響し、人気色の白、パールホワイト、黒、シルバーはプラス査定になります。

内装

特に汚れがつきやすいフロアーマットや内装は重点的にチェックされます。

クリーニングでは取り切れない汚れの場合は交換が必要になりマイナス査定となります。

タバコやペットの臭いがある場合も同様にクリーニング費用として査定はマイナスになります。

走行距離は1年1万kmが理想

走行距離の理想は1年1万kmです。

年式と走行距離から、1年1万kmよりも多い場合はマイナス査定になることがあります。

対して1年1万kmより少ない場合はプラス査定になることもありますが、必ずしもプラス査定になるとは限りません。

車や機械は動かすことで潤滑油が各パーツに行き渡り、動かすことで負荷のバランスが取れるようになっています。

走行距離が少ない車両が必ず良い車両状態とは限りません。

エンジン

  • 車台番号
  • エンジン異音
  • エンジンオイル
  • 修復歴
  • 改造部品の有無
  • 電装品(バッテリーなど)

エンジン本体をはじめ最も重要な車台番号、エンジンの異音、エンジン周辺の部品やエンジンオイルの漏れ、修復歴、改造部品の有無、バッテリーなどの電装系などを確認します。

エンジンのオーバーホールや新しくエンジンを載せ替えている場合はプラス査定になることがありますので事前に申告をしておきましょう。

傷やヘコミがあっても高く買取ってくれる方法

自らできる高く売る為の洗車と車内の清掃

車を査定に出す前に洗車車内清掃をしておくことは査定に少なからず影響を及ぼします。

車が綺麗であれば大切に使用していたことは査定士へ伝わります。

車へ愛着を持った方と車をただの足車にしか考えていない方では査定士への印象も変わります。

普段からメンテナンスが行き届いている車はしっかり整備されている印象を与えます。

査定士にプラスの印象を持ってもらうことは微妙な傷を判定する際に有利に働くこともあります。

目に留まるゴミやフロアーマットについたなどは落としておくことが大切です。

特に臭いは自分では気がつきにくいですが、他人には不快に感じるものです。

車内に臭いがある場合は、脱臭費用(クリーニング費用)として査定から減額されます。

クリーニング業者を利用してまで清掃する必要はありませんが、自分で出来る範囲の清掃は行う方が査定にプラスになります。

複数の買取り店の査定額を比較することは重要

傷がある車を少しでも高く買取ってもらう方法は、複数の買取り店に査定依頼し各買取り店の査定額を比較します。

なぜなら、同じ傷であっても買取り店によって減額対象になる場合と非減額対象になる場合があるからです。

ある買取り店では¥30,000円の減額対象の傷が、別の買取り店では消える傷は非減額対象となることもあり、買取り店によってに対する評価が異なります

この様な傷が数ヶ所あれば、買取り店によって査定額は¥10万円以上の大きな差が生じます。

1社のみの査定では買取り店の特徴がわからないほか、提示された査定額が相場より高いか低いかさえもわかりません。

車を高く売るには複数の買取り店へ査定依頼することが重要かつ必須条件です。

 

『カーセンサー.net』で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

 

得意・強みを持つ車種を扱う買取り店

知人の車を高く買い取ってくれた店舗があなたの車も高く買取ってくれるとは限りません。

なぜなら、知人の車種と買取り店が得意とする車種が合致していたからと考えられるためです。

あなたと知人の車種が同じジャンルの車種であれば高額査定の期待が持てますが、異なるタイプの車種の場合、必ずしも高く買取ってくれるとは限りません。

あなたがお乗りの車種に強みを持った買取り店、得意とする買取り店を選ぶことが、あなたの車を高く売ることができます。

その為には、複数の買取り店へ査定依頼をし競争させることです。

上位3社を競争させる

複数の買取り店にて査定依頼をした後は、査定額が高い上位3社に絞ります。

絞った上位3社を競争させることで買取り額を高く出来ます。

 

3社を競争させる方法は簡単です。

『A社の査定額は○○万円でした。B社はどれくらいまでいけそうですか?』

 

『今、B社の査定額が最も高く○○万円です。C社はどれくらいまでいけそうですか?』

 

『C社は○○万円と言っています。B社はどれくらいまで頑張れそうですか?』

これだけで簡単に競争させることができ、査定額が上がります。

後は、一番高い査定額の買取り店へ売却するのみです。

まとめ

  • 車についた傷は査定に影響する傷としない傷があります。
  • 査定前に大きな傷を修復することはをしますので、傷がついた状態で査定依頼をします。
  • 修復歴がある車両は大きく減額されます。
  • 傷がある車を最も高く売る方法は、複数の買取り店へ査定依頼しなければ一番高い査定額はわかりません。買取り店を比較した場合、査定額に¥10万円以上の開きがあるケースもあります。

プラス10万円以上の査定額で家族サービスや1ランク上のグレード車を購入

車を売りたい時に車買取り店を1店舗ごとに足を運んでいては時間的効率が悪く、車の売却は予定よりも遅れ、査定額が下がる恐れがあります。

売却時期が遅れることは車が古くなることと変わりありませんので、査定額に影響を及ぼします。

車を高く売るには買取り相場が下がらない間に早く売ることです。

効率良く買取り店を選び、かつ高額で売却するには『車買取一括査定』の利用をすることです。

車買取一括査定では、1度の申し込みで同時に複数の買取り店に査定依頼ができ、買取り店同士の競争からオークションのように査定額が上がる傾向にあります。

車を高く売りたいと考えるなら『車買取一括査定』を最優先に利用することです。

ほんの少しの手間が、最高額で売れる!?

『カーセンサー.net』は、全国にある買取り業者の登録数が1,000社以上と圧倒的に多く、他では掲載されていない地方にしかない地場の買取り業者や、スポーツカーに特化した買取り店や旧車に特化した買取り店、近年需要が高まっている軽自動車、輸出向け車両や廃車解体業者、他の買取り査定では目にしない買取り店など、様々な方面に強みを持った買取り店が見つかります。

強みがある業者が登録されていることは、あなたの車を高く買い取ってくれる買取り業者が見つかりやすくなります。

 

カーセンサーのコンテンツ内容は、初心者の方に必要な一括査定の知識が盛り込まれており、誰でも安心して利用できるほかサイトの操作も使いやすくなっています。

全国網羅し扱う車種の幅も広く、最高額の買取店が見つけやすくなります。

 

 

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

最高額で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

 

 

少しでも高く売って、お得に買い替える!

『ズバット車買取比較』は、全国にある150社以上の買取業者へ無料で一括査定ができるサイトです。

車買取業者により査定額は異なりますので、1社のみの査定では本当の車の価値がわかりません。

『なるべく車を最高額で売りたい』とお考えの場合は、無料一括査定であれば同時複数の査定額が比較でき、一番高い査定額に売却することができます。

最大で10社の一括査定が無料で行えます。

 

 

ズバット車買取比較

一番高い査定額で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください