車の廃車手続きをディーラーでした場合のかかる費用と期間は?保険の解約はいつ行う?

廃車

愛車を廃車する時、よくお世話になっているディーラーで廃車依頼を考えることがあると思います。

そんな時に、廃車にかかる費用や時間はどれくらいかかるのか? 保険はどのタイミングで解約すればいいか? など気になったりします。

今回は、廃車手続きの疑問・不安についてお話していきます。

Sponsored Link

廃車手続きをディーラーでする場合

ディーラー

車の廃車に伴う手続きをディーラーに依頼することは可能ですが、ほとんどの場合ディーラーで廃車手続きを行うと数万円の費用がかかってしまいます。

廃車手続きを行った時期によっては、税金や保険金などの還付金があるため、プラスになる期待を持つ気持ちが湧きますが、廃車手続きにかかる費用で相殺もしくは少しマイナスになり、プラスになることはあまり期待しないほうがいいです。

また廃車手続きにかかる費用は、『永久抹消』『一時抹消』によっても異なります。

 

・永久抹消・・・永久に車を使用しないことから車両をスクラップすることです。

・一時抹消・・・一時的に車の使用を停止するためのものです。

手続きにかかる費用は?

Sponsored Link

・永久抹消・・・80,000円 

・一時抹消・・・5,0350円  

 

永久抹消の内訳

・レッカー代・・・・・0円 ~ 30,000円(ガソリン代など)
・解体費用・・・・・・10,000円 ~ 30,000円 (解体工賃)
・書類等の手続き・・・10,000円 ~ 20,000円(代行費用)
 

一時抹消の内訳

・レッカー代・・・・・0円 ~ 30,000円(ガソリン代など)
・書類等の手続き・・・10,000円 ~ 20,000円(代行費用)
・廃車手続き費用・・・350円

 

意外と費用がかかる

廃車に伴う費用は思ったよりも多くかかるものです。

どうしてもかかってしまう費用は仕方がありませんが、節約できるところはなるべく費用をかけないようにした方が数万円でも手元に残ります。

特に節約できるのはレッカー代で、自走してディーラーに持ち込むことができるのであれば、大きな節約になります。

 

手続きにかかる期間は?

カレンダー

永久抹消・・・3日~10日
一時抹消・・・1日~3日
 

永久抹消

永久抹消では、完全に解体を終わらせてからでないと手続きが行えませんので、解体時間を要する分、どうしても時間がかかってしまいます。

 

一時抹消

一時抹消は、解体時間が省ける分、時間はかかりません。

それでも3日程かかってしまうこともあります。

Sponsored Link

廃車手続きに必要な物

廃車

永久抹消に必要な物

・車検証
・ナンバープレート
・印鑑証明書の実印
・印鑑証明書 (3ヶ月以内のもの)
・リサイクル券 (車購入時に頂く券)
・永久抹消登録申請書

ご自身で用意する必要な書類は上記6点になります。

その他に必要な書類はディーラー側が用意します。

自動車リサイクル券につていは、
自動車リサイクル券を紛失してしまった!再発行や廃車手続きはできる?

 

一時抹消に必要な物

・車検証
・ナンバープレート
・印鑑証明書の実印
・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
・自動車税納税証明書
・手数料納付書(350円)
・一時抹消登録申請書

 

『永久抹消』、『一時抹消』共に、上記の書類を一式揃えてディーラーにお渡しすると、廃車手続きを代行してもらえます。

 

 廃車をする場合は、『車検証の住所』と『現住所』が異なる場合は、住民票が必要になります。

 

費用を抑えるには解体業者に依頼

解体 スクラップ

ディーラーに廃車手続きの依頼をすると、多くの費用がかかってしまいます。

そこで、廃車にかかる費用を抑えるために、解体業者に依頼をすると費用を抑えることができます。

解体業者に依頼した場合、無料になることや場合によっては1万円程度のお金をいただけることもあります。

理由は、解体業者は解体(スクラップ)をする前に、車を分解して売れそうな部品は商品として売るためです。

お客様から廃車手続きの費用をいただかなくても、売った部品代で利益を得ることができるからです。

 

一番のおすすめは廃車買取業者に依頼

廃車買取業者

解体業者に依頼すると廃車手続きにかかる費用は抑えることができ、場合によっては1万円程度のお金をいただけることも可能ですが、廃車買取業者に依頼をするとさらに高値で買い取っていただけます。

水没した車両や事故車、ディーラーでは買い取っていただけない車両であっても、買い取り可能なうえ、廃車手続きに伴う代行費用0円になります。

廃車買取業者に依頼する方が断然お得になります。

Sponsored Link

廃車に伴う保険の解約を行う時期は?

保険

自賠責保険の場合

自賠責保険は強制保険とも言われ、自分の都合で解約ができない保険です。

車に乗る場合には自動的(強制的に)に契約される保険です。

しかし、次の場合には解約ができます。

・一時抹消登録・・・・・一時的に廃車
・永久抹消登録・・・・・永久に廃車。解体。

抹消登録を行えば、車を走らせることはできませんので解約ができます。

自賠責保険の『解約日』は、解約に必要な書類が保険会社に全て揃った時点で解約となります。

解約を申し込んだ日が解約日になるわけではありません。

通常は、申し込みから解約完了までに概ね1ヶ月弱かかります。

自賠責保険の場合には、1ヶ月以上の契約期間が残っていれば解約返戻金(還付金)を受け取ることができます。

解約返戻金は解約手続き完了後、約2週間程度で振り込まれます。

 

任意保険の場合

任意保険の解約には、自賠責保険の様に廃車の手続きが必要ありませんので、廃車手続きが完了する前に解約することができます。

任意保険の場合も同様に契約期間が残っていれば月単位で解約返戻金(還付金)を受け取ることができます。

契約開始が1日とは限りませんので、解約返戻金(還付金)を受け取るにはご自身の契約開始日を確認してください。

(例) 契約開始日が20日の場合には、その月の19日以前に解約しないと返戻金(還付金)がありません。21日に解約をしても1か月分の保険料がかかってしまいます。

 

先付け解約

先付け解約とは、あらかじめ何月何日に廃車になることがわかっている場合は、事前に保険会社に解約日をお伝えしておくものです。

先付け解約をしておくことで、解約を忘れることがありません。

 

中断証明書の発行

任意保険保険では多くの場合、『中断証明書』を発行してもらうと、再び車に乗ることになった際、等級を引き継ぐことができます(10年間有効)

『中断証明書』を発行しなかった場合は、再び6等級からのスタートになります。中断証明書は紛失すると無効になります。

 

まとめ

1:廃車手続きをディーラーで行うと、ほとんどの場合費用がかかります。

 

2:廃車手続きには、廃車買取業者が1番おすすめ。2番目におすすめは解体業者

 

3:自賠責保険の解約には『永久抹消』あるいは『一時抹消』の抹消登録が必要。

 

4:任意保険の解約に規制はなく、解約時に中断証明書を発行すると次回の等級が引継がれる。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

関連記事>>>自動車リサイクル券を紛失してしまった!再発行や廃車手続きはできる?

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.