車の購入

車の買い替えが最も安い時期は何月?損をしない為に知るべきこと

3月

こんな方におすすめ

  • 車を安く買い替えたい。
  • 車の買い替えにベストな時期や月ってあるの?
  • ベストな時期があるなら理由も知りたい。

上記の疑問にお答えします。

車はお金がかかるので、少しでも安く買い替えたいと思いますよね。

特に車の場合は買い替え後の維持費もかかりますので、なおのこと安く買い替えたいと思います。

実は車を安く買い換えられる時期があります。

それは3月です。

3月は最も安く車を買い換えられます。

 

【理由】

なぜなら、多くの企業は3月に決算時期を迎えるためです。

3月の決算時期に向けて追い込みをかけるため、3月は車を安く買い替えできます。

3月決算が近づく2月も買い替えに適している時期でが、最も安く買い替えられる時期は3月です。

 

2番目に安く買い換えられる時期は9月中間決算の時期です。

車の買い替えは決算時期を狙えうと安く買い替えられます。

 

車を最も安く買い換えられる時期は3月です。

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

当記事の前半では、車の買い替えが安い時期を理由を含めて解説しつつ、納車までの交渉手順を詳しくお伝えします。

記事の後半では3月と9月の他に、安く買い替えられる時期・月をお伝えします。

当記事を読み終える頃には、車を安く買い換えられる時期・月を知れるほか、納車に向けてのスケジュールや準備についてもわかります。

 

 

車の買い替えは決算時期の3月が最も安く買える

3月

車の買い換えは3月が最も安く買い換えられます。

車の買い替えが安い時期・月
1位 3月(決算時期)
2位 9月(中間決算時期)
3位 夏の賞与 (6月 ~ 7月) / 冬の賞与 (11月 ~ 12月)

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

1位:3月が最も安い理由は決算時期

決算期(決算時期)

3月に安く買い換えられる理由は、決算を控え販売台数を増やすために積極的な値引きをします。

決算時期に積極的な値引きをする理由は、目標達成のために『販売台数を増やしたい』からです。

販売台数を増やしたい理由は、メーカーからのインセンティブ (報酬) が大きくなるためです。

メーカからの報酬 (インセンティブ) は、年間販売台数目標を達成したか否かで決まります。

また年間販売台数目標の達成後は、販売台数に応じてインセンティブ (報酬) が上乗せされます。

ディーラーと自動車メーカー (トヨタや日産など) ) との間には、年度の初めに年間目標販売台数目標を決めます。

販売台数が多ければ報酬であるインセンティブは大きくなり、反対に販売台数が少なければ報酬 (インセンティブ) は小さくなります。

3月は決算時期を控え販売台数を増やすために積極的な値引きをします。

 

報酬 (インセンティブ) は値引きの原資となる

値引き

報酬 (インセンティブ) が重要な理由は、値引きの原資となるためです。

値引きの原資は大きければ好循環が生まれるため、販売店は大きな値引きをしてでも販売台数を増やそうとします。

3月は決算が目の前に迫っているため、販売台数の目標達成に追い込みをかけ大きな値引があります。

翌年の3月まで数ヶ月間ある4月や5月では大きな値引きはありません。

理由は値引きをせずに目標を達成できれば大きな利益となるためです。

年度初めの4月や5月の時期は値引きはされず、決算時期が迫ると値引きは拡大されます。

注意点

3月31日までに納車 (登録) を完了しなければ大きな値引きは期待できません。

4月1日以降の納車 (登録) では、値引きはあるもの大きな値引きは期待が持てません。

 

車販売店が値引き拡大をして売る理由はメリットが多く好循環が生まれるため

積極的な値引きする理由

値引きをしてお客様に喜ばれる。

  ↓

値引きするため販売台数増える

  ↓

販売台数が増えるため
報酬 (インセンティブ)が増える。

  ↓

報酬 (インセンティブ)が増え
値引きの原資になる。

  ↓

再び値引きができる。

  ↓

値引きをしてお客様に喜ばれ
かつ販売台数増える。

  ↓

販売台数が増え目標達成し
報酬 (インセンティブ)が増える。

  ↓

値引きの原資となる

  ↓

繰り返し好循環が生まれる。

車販売店が値引き拡大して売る理由は、好循環が生まれるとわかっているためです。

 

3月が買い替え時期に適しているまとめ

  • 3月は決算時期を控えているため積極的な値引きがあり、車を安く買い替える最適な時期です。
  • 積極的な値引きの理由はメーカーと約束した販売台数目標を達成のためです。
  • 販売台数目標を達成すると報酬 (インセンティブ)があり、翌年度の値引きの原資となります。
  • 報酬 (インセンティブ)は値引きの原資となり、再び販売台数を増やし好循環が生まれます。

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

3月31日納車に向けた交渉の手順

3月31日まで

3月31日の納車 (登録) に間に合わせるには、12月下旬頃から開始します。

車を安く買い換えられる時期は3月ですが、3月に買い替えを開始しては納車 (登録) に間に合いません。

3月31日までに買い替えを完了 (納車・登録) するには、12月下旬頃から開始しなければなりません。

交渉の手順

  • 12月:希望車種の情報収集。
  •   1月:希望車種を絞り販売店を訪問。遅くても1月下旬頃までに1度は訪問。
  •   2月:価格交渉(1週間 ~ 2週間位の期間)の後、希望車種を購入。
  •   3月3月31日までに納車 (登録)

3月は繁忙期のため少し余裕期間を設けてあります。

短期間で交渉を終えそうな場合は3月31日納車に向けた調整が必要です。

 

遅くても3月15日までには購入を決める

車庫証明(自動車保管場所証明書)(申請書)

車の買い替えは遅くても3月15日までには決めましよう。

なぜなら、車庫証明 (自動車保管場所証明書) の取得に1週間かかるとすれば、3月15日頃までには決めておかなければ3月31日納車は厳しいからです。

 

車庫証明の申請は警察署

車庫証明の申請は警察署です。

申請は月曜日 ~ 金曜日の平日のみです。

東京都の場合は、8:30 ~ 17:15までの間に申請と受け取りの両方を完了しなければなりません。

通常、車庫証明は交付まで4営業日 ~ 5営業日 (中2日 ~ 中3日) ほどかかります。

3月は繁忙期のため車庫証明の交付までに時間を要する恐れがあります。

余裕を持って1週間かかるとすれば、車の買い替え (車の購入) は3月15日までには決めましょう。

3月15日の車の買い替え (購入) から逆算すると

  • 2月上旬 ~ 2月中旬:希望車種選びを開始
  • 2月下旬 ~ 3月上旬:交渉開始
  • 3月上旬 ~ 3月15日:車の買い替えを決める
  • 3月15日 ~ 3月23日:車庫証明の申請と交付

繰り返しになりますが、車を安く買い替えるには、3月1日 ~ 3月31日の期間に納車 (登録) を完了しなければなりません。

交渉が早く進み2月に終えても、あるいは交渉が長引き4月にずれ込んでも大きな値引きは期待が持てません。

特に4月1日以降の場合は値引きは縮小します。

2月であれば決算時期が迫っているため、3月ほどではありませんが値引きは期待できます。

大きな値引きを狙うには3月中(3月1日 ~ 3月31日)に納車(登録)を完了することです。

販売店の訪問時期や希望車種を選ぶ時間、交渉期間を調整し、3月中(3月1日 ~ 3月31日)の納車(登録)を狙い車を安く買い替えましょう。

 

人気車種・カラーと繁忙期に起因した納車遅れに注意

乗用車(普通車+小型車)の販売台数

3月の月ごとの販売台数

 出典元:日本自動車販売協会連合会:http://www.jada.or.jp/

直近4年間 (2019年 ~ 2016年9月) の販売台数を見ると3月は継続的に1位のことから、毎年3月は1年で最も車が売れる繁忙期です。

理由は新社会人の就職や引っ越し、転勤などが重なる時期のためです。

注意点は、3月31日納車 (登録) に間に合わせることです。

 

2月・3月は積極的な値引きはありますが、人気車種人気カラーほど年度内の納車が厳しいリスクを伴います。

希望の車種や希望カラーの在庫が少ない場合は、3月31日納車 (登録) に間に合わないことがあります。

人気車種_人気カラー

 

4月1日以降の納車では販売店は大きな値引きをする理由はありませんので、大きな値引きを期待するには3月31日までに納車 (登録) を終えるよ、余裕を持って交渉を進めましょう。

反対に余裕を持って早く進めてしまった為に、2月中に納車 (登録) が決まってしまう場合もありますので調整しながら交渉を進めましょう。

納車遅れ注意点のまとめ

  • 3月は1年を通して最も車が売れる繁忙期のため納車 (登録) に時間がかかる恐れがある
  • 人気車種や人気カラーは納車 (登録) に時間がかかる恐れがある

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

2位:9月の中間決算時期

9月

3月に決算を迎える車販売店は9月中間決算を迎えます。

3月ほど大きな値引きの期待は持てませんが、3月同様に9月も安く買い替えられる時期です。

直近4年間 (2019年 ~ 2016年9月) の販売台数を見ると9月は継続的に2位です。

9月の月ごとの販売台数 出典元:日本自動車販売協会連合会:http://www.jada.or.jp/

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

3位:6月 ~ 7月は夏のボーナス時期 (ボーナス商戦)

ボーナス商戦

夏のボーナスの時期はボーナス商戦が開催されるセール期間中です。

夏のボーナスの時期は新車発表されることが多く、新車発表と重なれば新車を安く買い替えられる時期です。

新車発表

もちろんボーナス商戦の時期は新車でなくなくても値引きが行われます。

特に毎週末は売り込みに力を入れているほか、低金利ローンなどを組み合わせた好条件のボーナス商戦を開催しています。

他社の販売店と比較や競合させることで、さらなる値引きの拡大にも期待が持てます。

【交渉の手順 6月納車の場合 (7月納車は1ヶ月遅れで開始)】

  • 5月上旬 ~ 中旬:希望車種と競合車種の情報収集。
  • 5月中旬 ~ 下旬:競合させるディーラー(販売店)のリストアップ
  • 6月上旬 ~ 中旬:商談開始(競合ディーラーを訪問)
  • 6月中旬 ~ 下旬:希望車種の値引き交渉を本格化
  • 6月下旬 ~ 月末:月末かつ週末を狙い最後の値引き交渉 (ダメ押し)

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

同じく3位:11月 ~ 12月は冬のボーナス時期 (ボーナス商戦)

ボーナス商戦

夏のボーナス時期と同様にボーナス商戦が開催されるセール期間中です。

【交渉の手順  11月納車の場合 (12月納車は1ヶ月遅れで開始) 】

  • 10月上旬 ~ 中旬:希望車種と競合車種の情報収集。
  • 10月中旬 ~ 下旬:競合させるディーラー(販売店)のリストアップ
  • 11月上旬 ~ 中旬:商談開始(競合ディーラーを訪問)
  • 11月中旬 ~ 下旬:希望車種の値引き交渉を本格化
  • 11月下旬 ~ 月末:月末かつ週末を狙い最後の値引き交渉(ダメ押し)

 

夏 (6月 ~ 7月) と冬 (11月 ~ 12月) のボーナス時期の月ごとの販売台数

夏(6月 ~ 7月)と冬(11月 ~ 12月)のボーナス時期の販売台数 出典元:日本自動車販売協会連合会:http://www.jada.or.jp/

 

 

無料 ( 公式サイト )
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

3月の月末を狙う

リスクがあるためおすすめしませんが、3月月末は大きな値引きの期待を持てます。

  • 『運』による理由は、担当の営業者がノルマ(3月の販売台数のノルマ)を達成していない場合です。
  • 『リスク』は3月月末を狙うため、納車(登録)が4月1日以降になる恐れがあることです。

3月決算までは残り数日しか有りませんので、担当の営業者がノルマ(販売台数)を達成していなければ、販売台数達成の為に大きな値引きをしてくる期待を持てます。

ただし、担当の営業者がノルマを達成しているか・達成していないかは販売店側にしかわからないほか、わかったとしてもノルマ未達成の営業者を担当に指名することはできません。

4月1日納車になる恐れがあるためおすすめはできません。

 

毎月の月末の週末(特に4月や8月)

4月と8月の販売台数(2019年 ~ 2016年)2019年 ~ 2016年の月毎の販売台数ランキング 出典元:日本自動車販売協会連合会:http://www.jada.or.jp/

 

車販売店の営業者には月ごとの販売台数ノルマがあります。

直近4年間 (2019年 ~ 2016年) の月ごとの販売台数を見ると、4月8月の販売台数は落ち込みます。

4月と8月の場合は、月末の週末 (土曜日、日曜日) を狙うと値引きの期待が持てます。

ただし運によるところがあり、運が良く月の販売台数ノルマを達成していない営業者が担当になればいいですが、ノルマ達成している営業者では値引きはほぼ期待できません。

 

まとめ

  • 車を安く買い換えるには3月決算時期が安く買い換えられます。
  • 2番目に安い買い替え時期は9月中間決算の時期です。
  • 3番目に安い買い替え時期は夏のボーナス時期(6月 ~ 7月)です。冬のボーナス時期(11月 ~ 12月)です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事新車を最も安く買う方法!値引きと購入費用を抑えるコツと時期を徹底解説!

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

 

カーセンサー.net

『カーセンサー.net簡単ネット査定』は、全国にある買取り業者の登録数が1,000社以上と圧倒的に多く、他では掲載されていない地方にしかない地場の買取り業者や、様々な車種やジャンルに特化した強みを持った買取り店、輸出向けや廃車解体業者、他の買取り査定では目にしない買取り店など、あらゆる買取り店が見つかります。

カーセンサーのコンテンツ内容は、初心者の方に必要な一括査定の知識が盛り込まれており、誰でも安心して利用できるほかサイトの操作も使いやすくなっています。

全国網羅し扱う車種の幅も広く、安心できる車買取店が見つけやすいです。

 

無料 ( 公式サイト )
↓  ↓  ↓
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

ズバット車買取比較

『ズバット車買取比較』は、全国にある150社以上の買取業者へ無料で一括査定ができるサイトです。

車買取業者により査定額は異なりますので、1社のみの査定では本当の車の価値がわかりません。

『なるべく車を最高額で売りたい』とお考えの場合は、無料一括査定であれば同時に複数の査定額が比較でき、一番高い査定額に売却ができます。

最大で8社の一括査定が無料で行えます。

 

無料 ( 公式サイト )
↓  ↓  ↓
大手を含む100社以上の車買取業者から、最大8社に無料一括査定依頼

 

-車の購入

Copyright© クルマ部 , 2020 All Rights Reserved.