車の下取りと買い取りはどちらが得なの?違いと差額についても

車の買取り

車を買い替える際に『下取り』と『買い取り』の2つの方法がありますが、どちらが得をするか気になるところです。

少しでも買取り額が高くなる方を選び、次の車の買い替えの足しにしたいと思われるのではないでしょうか。

特に下取りの場合は、よく理解していないと愛車を安く売ってしまうかもしれません。

当記事では、『下取り』と『買い取り』のどちらを選択するとお得になるかお伝えしていきます。

高く売る方法を知ることで、理想の車を手に入れる夢が近づきます。

下取りとは?買い取りとは?

車を売却する際には、『下取り』と『買い取り』の2通りがあります。

下取りとは

『下取り』とは、同一店舗で次の車の購入前提に、現在お乗りの車を買取ってもらうことです。

A店で現在の車を買取ってもらい、同じA店で新たらしく車を購入することが『下取り』になります。

買取りとは

『買取り』とは、車を買取ってもらうことになり、同一店舗で新しい車を購入しなければならない条件はありません。

A店で買取りしてもらい、B店で新しい車を購入しても構いません。

車を買う・買わない問わず、車を買取ってもらうことが『買取り』になります。

下取りのメリットとデメリット

車の下取りとは、新車を買うことを前提にディーラーなどに現在お乗りの車を買い取ってもらうことです。

下取りのデメリット

  • 下取り査定額が低い
  • 下取り調整をされ、損をする
  • 下取り費用がかかる
  • 納車時の価格相場で査定される
  • 社外品パーツはマイナス評価の対象

下取り査定額が低い

下取りでは高額査定は期待ができません。

一般的には¥10万円~¥20万円が相場になり¥30万円の下取り額がつけば上出来と言われています。

年式が新しい車両や希少性の高い車両でなければ¥30万円の下取り額は期待が持てません。

下取り調整をされ損をする

下取り調整とは

  • 新車価格を大きく値引きをした場合、穴埋めとして下取り額を抑えます。
  • 下取り額を大きく値引きをした場合、穴埋めとして新車価格の値引きを抑えます。

値引きを大きくした分の差額を、もう一方の価格の値引きをせずに埋め合わせするものです。

大きく値引きをしたように見せかけて実はあまり値引きはされておらず、値引きを最小限に抑えようとするものです。

下取り調整を防ぐには、下取り価格がいくらで、新車価格の値引き額がいくらか明確にすることです。

その為には、『下取りの見積もり』と『新車価格から値引きした見積もり』を項目別に分けて提示してもらいます。

『下取りの見積もり』と『新車価格から値引きした見積もり』を合算した見積もりでは、下取り価格と新車の値引き額が明確にわかりません。

ディーラーが提示した合算見積もりから¥30万円の値引きとわかったとしても、何の項目にいくら値引きをしたのか詳細な値引き額がわかりません。

もしかすると、下取り価格が¥30万円、新車価格の値引き額が¥0円ということも考えられます。

別々に見積もりを提示してもらうことで、値引きが無いものについては交渉することができます。

新車価格は値引きされていないので¥20万円の値引きをして欲しいなどと交渉し、下取り価格¥30万円とあわせて¥50万円値引きをすることもできます。

 

しかし、ディーラーも別々に見積もりを提示すると都合が悪いため、項目別に分けた見積もりは提示せず、『下取り見積もり』と『新車価格の見積もり』の2つを合算した見積もりを提示します。

項目別に分けた見積もりを依頼されるとディーラーとしても困るため、合算した見積もりしか提示できませんと断られることもあります。

 

合算した見積もりでは、何にいくらの値引きがされたか詳細がわかりません。

項目別の見積もりが無い為に詳細が掴めず、新車購入時の値引きはあったのか不明になります。

下取り費用がかかる

下取りの場合は、年式の古い車両や過走行車であっても下取り可能ではありますが、下取り費用として『下取り査定料』と『下取車書類代行手数料』を合わせた¥20,000円ほどの費用が請求されます。

下取り査定額が低い場合、¥20,000円の下取り費用を引かれると手元に残る金額は少なくなります。

手元に残る金額を多くするには、年式の新しい車両や走行距離が少ない好条件の車両を下取りした場合になります。

しかし、好条件の車両は下取りするよりも、買い取り査定に依頼した方がより高額査定がつきます。

納車時の価格相場で査定される

下取り査定額は、下取りする車がディーラーへ入庫した時点の査定額になります。

例えば、4月1日に下取り査定し5月1日に新車が納車する場合は、5月1日時点の査定額を算出します。

下取り車両がディーラーに入庫するのは5月1日のため、5月1日時点の査定額になります。

納車が1ヵ月後であれば1ヵ月後の査定額になり、2ヵ月後であれば2ヵ月後の査定額になります。

人気車種を購入し納車が6ヵ月後になる場合は、10月1日時点の査定額を算出します。

査定日から納車までの期間があればあるほど査定額は落ちます。

社外品パーツはマイナス評価の対象

下取りでは車外品パーツが取り付いているとマイナス査定になることがあります。

  • アルミホイール
  • エアロパーツ
  • オーディオ類

などは、純正に戻せる場合は戻しておいたほうが無難です。

下取り交渉時の注意点

交渉

下取り交渉の次に新車の値引き交渉の流れの理由

下取り車両がある場合はまず下取り交渉から入り、次に新車の値引き交渉に入る流れになります。

先に下取り交渉をする理由は、下取り額が想定していた査定額よりも高額であった場合、買い取り査定に向かうことなく商談の流れに沿って契約してしまうことがあるためです。

また次に控えている新車購入の商談へ気分良く入ってもらうために、¥20万円~¥30万円ほどの下取り額を提示しておく為でもありあます。

ディーラーはお客様に『下取り額が¥20万円~¥30万円なら下取りに決めよう』と思わせることが狙いです。

しかし、買い取り査定であれば¥20万円~¥30万円以上の買い取り額がつくことは充分に考えられます。

無料サービスには注意

ディーラーなどの下取りでは、例えばスタッドレスタイヤや納車手続きにかかる費用など様々な無料サービスがつくことがあります。

無料サービスは得をしたと思われがちですが、無料サービスを沢山つけることで得をしたように錯覚させるためです。

ディーラーにとっては、無料サービスや手続きにかかる費用を無料にしたところで大した痛手にはなりません。

あなたを得した気にさせ、良いイメージを抱きスムーズに契約をするためのものです。

下取りのメリット

  • 新車購入と下取りを同じ店舗で手続きができる
  • 納車までの間、車に乗れない間がない。
  • 買い取りでは買値がつかない車両も下取りなら可能

新車購入と下取りを同じ店舗で手続きができる

下取りのメリットは、次の車の購入と現在の車の下取りを同じ店舗で手続きができることです。

店舗を移動することなく、1つの店舗で手続きできることが一番のメリットです。

納車までの間、車に乗れない期間がない

下取りの場合は、購入した車が納車するまで現在お乗りの車に乗り続けることができます。

車に乗れない期間がないため、車が無くて困ることはありません。

ただし最近は買い取りにおいても納車までの間、代車を用意してくれる買取り店 (ガリバーやラビットなど) が増えてきています。

買い取りでは買値がつかない車両も下取りなら可能

買い取りでは買値がつかない過走行車(10万km超え)や年式の古い車両であっても、とりあえず走行可能あれば¥5万円ほどの下取り額がつく傾向があります。

損傷が激しい車両でなければ下取りは可能ですが、高額な下取り額は期待できないほか、査定額¥0円の場合は廃車処分に必要なお金を請求されマイナスになるここともあります。

買い取りのメリットとデメリット

車買取り

買い取りは、現在お乗りのお車を買い取るのみになり、新車を購入しなければ買い取りしてもらえないことはありません。

A点で買取り査定を依頼した後に売却した買取り額を持ち、B店で新たな車を購入しても良いです。

買い取りのデメリット

  • 異なる店舗で手続きが必要
  • 車が無い期間ができてしま恐れがある

異なる店舗で手続きが必要

同一店舗で車の購入と買い取り依頼の手続きすることはできません。

下取りに比べ高額査定の期待を持てることから、デメリットと感じない方もいらっしゃいます。

車に乗れない期間ができてしまう恐れがある

買い取りの場合は、購入した車が納車するまでの間、車に乗れない期間ができる恐れがあります。

特に、人気車種では納車までに数ヶ月かかる場合があり、納車までの数ヶ月間は車に乗れない期間が続きます。

ただし、最近の買い取り業者の中には無料で代車を用意してくれる買い取り業者もあります(ガリバーやラビットなど)

代車については事前に確認しておくことで、車に乗れない期間を防ぐことができます。

買い取りを選んだ場合のメリット

  • 買い取り価格の相場が高い
  • どんなジャンルの車種にも強い
  • 買い取り査定は現時点の査定額がつく
  • 複数の買い取り業者の比較や競争ができる
  • 社外品パーツなどもプラス評価の対象になる

買い取り価格の相場が高い

買い取り査定は、下取り査定に比べて1.5倍以上の査定額がつく傾向にあります。

人気車種や年式が新しいなど好条件の車両は、さらに高額な査定額がつくことも珍しくありません。

下取り査定額¥20万円の場合、買い取り査定では¥30万円以上。

下取り査定額が¥30万円の場合、買い取り査定では¥45万円以上の査定額がつきます。

下取り査定に比べ¥10万円~¥15万円も高い査定額なら、次に購入する車の純正オプションのを追加や、スタッドレスタイヤの購入、アルミホイールの購入などが頭に浮かびます。

夜間でも高画質録画可能なドライブレコーダーや扱いやすい工具を購入することも可能になります。

車に限らず自宅のリフォームや大型TVの購入、家族サービスやお子さんのおもちゃの購入や大切な恋人との旅行など、¥10万円~¥15万円以上の差であなたの身近な方へ大きな喜びを与えることができます。

どんなジャンルの車種にも強い

人気のあるスポーツカーやマニュアル車、FR車などは万人受けはしませんが、車好きの一部には根強いファンがいます。

最近ではマニュアル車やFR車、スポーツカーは希少価値があり、現在でもマニュアル車にこだわる車好きの方も大勢いらっしゃいます。

人気車種や一定層のファンがいる車種は、高額買取が期待できます。

買い取り査定では、スポーツカーや輸入車など、それぞれのジャンル強みを持った様々な業者が参入しています。

万人受けする車両でなければならないことはなく、どのようなジャンルの車両でも必要とされます。

買い取り査定は現時点の査定額がつく

買い取り査定では、現時点の車の状態から査定額を決定します。

下取り査定のように数ヵ月後の納車を見越した、「1ヶ月落ちの査定」や「2ヶ月落ちの査定」はありません。

複数の買い取り業者の比較や競争ができる

買い取りを利用した場合、複数の買い取り店舗で査定額の比較や競争をさせることができます。

次の車を買う・買わないに問わず、複数の買い取り業者を競争させることで高額査定を引き出すことが出来ます。

下取りの様に購入予定の自動車メーカーに縛られることはありません。

社外品パーツなどもプラス評価の対象になる

買い取りの場合は、人気の高い社外品パーツ、アルミホイールやエアロパーツなどが取り付いている場合はプラス査定の評価対象になります。

買取り査定の為に社外品パーツを取外し純正に戻す手間も必要もありません。

下取りと買い取りはどちらが得?

下取りと買い取りでは、買い取りになります。

特に実店舗の買取り店よりも、インターネットを利用した『無料一括車買取り査定サイト』高値がつく傾向があります。

年式が新しいなど状態が良い車両や人気車種の場合は、下取りに比べた査定額は50万円以上の開きがあることもあります。

買い取りの最大のメリットは、下取り査定に比べ買い取り額が10万円単位で高いことです。

手続きと査定額の優先度により、どちらが得と感じるか違いはありますが、買取り査定額には、デメリットである手続きを打ち消すほどの価値があります。

『カーセンサー.net』で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

高く売却することは実質、次の車を安く買える

買取り額に高値がつくことは、実質、次に購入する車を安く買えることを意味します。

高く売却するほど次に購入する車の資金は少なく済み、実質安く購入したことになります。

少しでも高く売り、次に購入する車を安く買いたい場合は、無料一括車買取り査定を選ぶべきです。

車の買取り

下取り査定は安く、一括買い取り査定が高い理由

下取り査定の場合は、ディーラーはおおよその下取り価格の相場から、あなたに査定額を提示します。

この時に下取り額を交渉するのは、あなたとディーラーのみの交渉になります。

ディーラーがこの金額で交渉したいとあれば、一方的にディーラーの希望する金額で下取り額が決まってしまいます。

 

一方、インターネットを利用した一括買取り査定の場合、交渉は全国にある複数の業者同士が交渉し価格を競い合います。

交渉と言っても実際に行われるのは、オークション形式で価格を競い合います。

オークション形式で価格を競い合う場合、買取り査定に出すタイミングや時期・季節、人気車種によって予想していた買取り額よりも高値がつくことがあります。

インターネットを利用した『無料一括車買取り査定サイト』には様々な買い取り業者が登録をしています。

スポーツカー専門業者や輸入車向け業者や、地方に特化した地域密着型の業者、軽自動車に特化した業者など、それぞれの分野に強みを持った買い取り業者が登録されている為、万人受けする車種でなくても高値がつく期待が持てます。

 

無料一括車買取サイトはインターネットから申し込めるため、一度に多くの買い取り業者を比較や競争させるメリットもあります。

少しでも高額な買取り額を引き出すためには、できるだけ多くの買取り業者に査定依頼し買取り額の比較・競争をさせることです。

特に買い取り業者同士を競争させることは、高額査定を引き出せます。

A店の査定額はいくらだった、B店の査定額はいくらだったと伝えることで査定額を上げることができます。

 

また、無料一括査定を利用せずに、街頭にある実店舗を1店舗ごとに回っていたのでは、丸1日かけても2店舗ほどしか回ることができず効率が悪過ぎます。

少しでも高い買取り額を引き出す為には、インターネットから申し込める無料の一括査定が一度で同時に複数の買取り査定を行え、効率良く高値で買取ってくれる業者の比較ができます。

インターネットを利用するため実店舗を回る必要が無く、わざわざ会社の休日まで待ち続ける必要もありません。

雨の日も暑い日も、平日・休日問わず仕事から帰宅後に自宅のパソコンやお手元のスマホから、同時に複数の買取り査定に申し込むことができます。

理想を購入する足しにするには、できる限り多くの査定をして比較競争させることが、より高い買取り額を見つけることができます。

査定額を比較するだけでも、A店とB店に¥10万円の開きがあることもあります。

査定額10万円~20万円以上の得をして、憧れの車やアルミホイールを履きたい、家族サービスをして喜んでもらいたいのであれば、無料一括車買取り査定を利用するべきです。

 

もし、それでも下取りに出したいのであれば、下取り査定に出す前に『無料一括車買取り査定サイト』を利用し愛車の相場価格知っておくことです。

その上で下取り査定に依頼し、買取査定額と比べてみてください。

ディーラーなど、下取り業者がいかに安く買い取ろうとしているかハッキリとわかります。

もし、下取り額があなたの満足する下取り額であれば、そのまま下取りしてもらえば良いですが、おそらく下取り査定額に無料サービスをつけたとしても、無料一括買取り査定額には及ばないはずです。

高額査定が見つかる無料一括買取り査定

少しでも高く売って、お得に買い替える!

『ズバット車買取比較』は、全国にある150社以上の買取業者へ無料で一括査定ができるサイトです。

車買取業者により査定額は異なりますので、1社のみの査定では本当の車の価値がわかりません。

『なるべく車を最高額で売りたい』とお考えの場合は、無料一括査定であれば同時複数の査定額が比較でき、一番高い査定額に売却することができます。

最大で10社の一括査定が無料で行えます。

 

一番高い査定額で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓  無料

ほんの少しの手間が、最高額で売れる!

『カーセンサー.net』は、全国にある買取り店の登録数が圧倒的に多く、他では掲載されていない地方にしかない買取り店も登録されています。

全国網羅し扱う車種の幅も広く、最高額の買取店が見つけやすくなります。

 

最高額で売却したい方はこちらをクリック
無料 ↓  ↓  ↓ 無料

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください