ワインディング・峠道

椿ラインが通行止めになる条件とは?凍結と地図と紅葉についても

更新日:

椿ラインは神奈川県足柄郡箱根町 (箱根ターンパイク) から神奈川県足柄郡湯河原町を結ぶ、全長約13.5kmのワインディング・ロード(峠道)です。

箱根ターンパイク ⇒ 湯河原町への経路をお伝えします。

Sponsored Link

 

椿ラインの地図

【Google map より引用】

Sponsored Link

 

椿ライン

椿ラインは全線を通して直線区間がほとんどありません。

勾配のついたタイトコーナーやブラインドコーナーが連続し、減速・加速が繰り返さるので、シフトチェンジやハンドル操作を頻繁に繰り返します。

ワインディング・ロード、峠道らしい道路です。

幅員は峠道らしい広くも無く狭くもなく、前線2車線ありますので安心して走れます。

 

 

 

Sponsored Link

 

椿ラインの通行止めの条件とは?

雨量規制で通行止めがあります。

連続雨量の通行止め

  • 連続雨量:200mm
  • 時間雨量:  50mm

 

霧・濃霧

雨の日は高確率で霧・濃霧になります。

濃霧による通行止めはありません。

 

凍結

冬季は凍結します。

凍結時期や凍結時間帯は一般的な峠道と同じ、あるいはより注意が必要です。

椿ラインは日差しの当たりが悪い峠道のため、他の峠道と比べ凍結していることはおおいに考えられます。

 

紅葉シーズンの落ち葉に注意

椿ラインは紅葉を楽しむことは難しいです。

紅葉シーズンは落ち葉が大量にあり、落ち葉を踏むと滑ります。

走行ラインを外し落ち葉を踏むと滑ります。

Sponsored Link

1周24.0kmの周回コース

椿ラインの近くには、『湯河原パークウェイ』箱根ターンパイクがあり、1周約24.0kmの周回コースが造れます。

1周24kmの周回コース

【椿ライン 湯河原パークウェイ 箱根ターンパイク ⇒ 椿ライン】

【Google mapより引用】

 

バス

1日の本数は少ないですがバスが運行しています。

バス時刻表は以下よりご確認ください。

湯河原方面/箱根方面共に1日3本運行しています。(平日・土曜日・日曜日問わず)

(2017年12月30日現在)

 

休憩

スカイライウンジから7kmほど先に自動販売機、トイレがあります。 

景色を見れるポイントにもなっています。

 

まとめ

  • 椿ラインは雨量規制による通行止めがあります。
  • 凍結があります。日差しが悪く他の峠道より注意が必要です。
  • 紅葉シーズンは落ち葉多く滑りやすいです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事>>>【ターンパイク箱根の小田原本線の料金と営業時間について

Sponsored Link

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

-ワインディング・峠道
-, , ,

Copyright© 自動車の図書館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.