【国道465号の西側】千葉県 喜怒哀楽がある道

国道465号の西側は、千葉県夷隅郡~千葉県君津市にある全長約12.5kmあります。

清澄養老ライン(県道81号)の『老川十字路』~『名殿』の信号(久留里街道(国道410号))

までにあたります。

 

Sponsored Link

地図

【Google mapより引用】

前半

前半区間は、舗装も綺麗で広々ゆったりした区間もあれば、

離合ができない1車線区間や1.5車線区間に加え、

暗くて狭いトンネルや高さ制限のあるトンネル、幅員減少(幅員狭小)区間と、

準酷道と思わせる区間が入り交じっています。

急に広々ゆったりした道路になったり、急に幅員減少(幅員狭小)になったりと、

道路に喜怒哀楽があります。

しかし、2度、3度と走って線形を覚えれば、

これはこれで楽しいと思います。

  • 広々ゆったり区間は緩やかなカーブと緩やかな坂を気持ちよく流すドライブ
  • 幅員減少(幅員狭小)区間では、緊張感を持ったドライブ

流す時は流す、気を引き締める時は引き締めると言った、

メリハリのあるドライブが楽しめます

1本の道でいろいろなタイプを味わえる道路とも言えます。

 

出だしは幅員は広くトンネル内もゆったり。


トンネルを抜けて1kmほど行くと

『幅員狭小』区間。

ここから1kmほどは酷道区間です。


離合不可待避スペースはあります。


トンネル内は、幅員1.8車線くらいです。


トンネルを抜けた瞬間。


トンネルを抜けて1kmほど進むと、広々とした道路。

流す感じです。


急に幅員減少がやってきます。


トンネル内は特に幅員減少です。

高さ3.8m規制もあります。


トンネルが連続します。

このトンネルも離合時は徐行の必要があります。


トンネルを抜けた瞬間、快走路になります。

Sponsored Link

後半

後半区間は前半区間と違って、広々ゆったりした一般国道が続きます。

1ヶ所のみ幅員減少、タイトコーナー区間が現れますがそれ以外はなんの問題もありません。

休日にもかかわらず交通量が非常に少なく、歩行者や自転車もほぼいませんでした。

線形は緩やかなカーブと緩やかな登り坂・下り坂の組み合わせで、

信号も1ヶ所のみで非常に気持ちよく走れます。

 

まとめ

全線通して交通量は非常に少ないです。

交通量の割りに立派な区間もあれば、

交通量に見合った1車線区間もあります。

特に前半区間はいろいろなタイプが現れますので、

それぞれの区間で走っている時の気持ちが違います。

いろんなことを思いながら走れると思います。

全長12.5kmの1本の道を走り終えた時は、

5種類~6種類位の道を走った気持ちになれると思います。

ハンドル操作やシフトチェンジやアクセルワークを楽しむと言うよりは、

ドキドキ・ハラハラ感を楽しむ道です。

 

関連記事>>>国道410号】前半は酷道ですか!? 千葉県

関連記事>>>【清澄養老ライン】千葉県道81号

 

今回もありがとうございました!

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.