【表筑波スカイライン】茨城県道236号 峠道・ワインディング

概要

『表筑波スカイライン』は、茨城県土浦市~茨城県つくば市を結ぶ、

全長約10.5kmの茨城県道236号です。

茨城の峠道、茨城のワインディングと言えば、

『表筑波スカイライン』という印象の強さがあり、

茨城県の代表的なワインディングロードです。

クルマ好きの方の会話の中に、

『筑波山』とあった場合は、『表筑波スカイライン』のことを指すことがあります。

 

地図

【Google mapより引用】

 

 

表筑波スカイライン

勾配はあるにはありますが、

走りの楽しさに影響するほどの勾配はありません。

それよりも、50m~100mに1度コーナーが訪れますので、

右へ左へとハンドル操作が一番忙しいです。

主にハンドル操作アクセルワークくらいです。

車両に寄るところもありますが、

コーナーで減速する場合はアクセルを緩めるくらいでOKです。

シフトチェンジやアクセル/ブレーキを踏み替えることは、

ほとんどなく、それのみでコーナーは曲がれます。

コーナーを抜けたらアクセルを踏んで加速し、

次のコーナーでアクセルを緩めて減速するといった走りになります。

『表筑波スカイライン』の走りは、

主にこの2つが走る楽しさに繋がります。

  • 頻度の高いハンドル操作
  • アクセルワーク

 

注意点

完全2車線ではあるが・・・・

片側1車線の両側2車線道路です。

しかし道幅が充分に広いわけではありませんので、

見通しの悪いコーナーでは対向車に注意が必要です。

センターライン上には、チャッターバー(通称キャッツアイ)や

センターポールが至る所にあります。

 

脱輪

ある区間では、側溝に蓋が無いところもあります。

道幅が充分に広いわけではありませんので、

左側のラインを外して脱輪しないように注意が必要です。

 

自動二輪走行禁止

理由はわかりませんが、『自動二輪車走行禁止』の標識が随所にあります。

 

 

朝日峠駐車場

朝日峠駐車場には飲料の自動販売機やトイレがあります。

駐車可能台数は30台~40台位あります。

スポーツカーが多く止まっているので、

スポーツカーが好きな方であれば、

クルマを見ているだけでも楽しめると思います。

 

ゲート開門時間

朝日峠駐車場は入口にゲートがあります。

開門時間9:00~16:00です。

 

ここにもチャッターバー

なぜか駐車場内にもチャッターバー(キャッツアイ)があります。

いくら低速でもあまり踏みたくないものです。

駐車する時にはこのチャッターバー気になります。

 

 

まとめ

茨城県のワインディングロード、『表筑波スカイライン』は、

人気No.1と言っても過言ではないだけあり、

走っているクルマの多くはスポーツカーです。

観光地に繋がる道路でもありますので、

ファミリーカーも走っています。

そして走ることを目的としてここへ来たドライバーは、

『表筑波スカイライン』何度も往復し走りを楽しんでいます。

本当に人気のあるワインディングロードと思い知らされました。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

リクエストがある方は、

《お問い合わせ・リクエストフォーム》からお願いします。

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.