宮ケ瀬から伊勢原へ向かう宮ケ瀬レイクライン(神奈川県道64号)

今回は、神奈川県道64号伊勢原津久井線を紹介します。

神奈川の人気エリアの1つ 宮ケ瀬 鳥居原ふれあいの館』で紹介した、

神奈川県道60号と同県道64号の境目の所にある、

『尾崎』信号 → 『分かれ道』信号の区間、全長約6.1kmです。

愛称:『宮ケ瀬レイクライン』の一部区間です。

Sponsored Link

地図

【Google mapより引用】

 

 「尾崎」信号 → 「分かれ道」』信号 県道64号

この道路は峠道やワインディングロードではありません。

伊勢原市 → 宮ケ瀬湖方面に向かう、またはその逆(宮ケ瀬湖 → 伊勢原市)の道路です。

ドライブを楽しむといった道ではなく、宮ケ瀬湖 ~ 伊勢原市を結ぶ道路です。

この神奈川県道64号には愛称があり、宮ケ瀬湖畔を通るため

『宮ケ瀬レイクライン』という愛称があります。

今回紹介する区間は宮ケ瀬湖畔を通らないので、愛称がピンときませんが、

県道64号は今回紹介する区間より、さらに延長して宮ケ瀬湖畔を通り、

相模原市緑区まで結んでいます。

Sponsored Link

宮ケ瀬湖畔区間については、

神奈川の人気エリアの1つ 宮ケ瀬 鳥居原ふれあいの館』に書かれていますので、

そちらをお読みください。

 

今回の区間は特にかわった区間や面白みのある区間はありませんが、

神奈川県道64号線とは、

どんな道路なのか、まだ走ったことがない方や知りたい方の為に、

お伝えできる(注意する)箇所が2つありましたので

 

そちらについてお話します。

 

1つ目の幅員減少

【Google ストリートビューより引用】


尾崎信号から走り始めて1kmくらい行ったところに、

『幅員減少』の標識がありますが、確かに幅員は減少していますが、

すれ違いができないような幅員はありません。

2車線道路で中央は破線がありますので、普通に通れる幅員です。

幅員減少区間の進入時にガードレールに擦らないように気をつけるくらいです。

 

 

2つ目の幅員減少

【Google ストリートビューより引用】

終盤のほうに、『幅員減少』区間があります。

先程とは違い、ここは幅員が減少しています。

ここは事前に標識がありません

特に、カーブで対向車とタイミングがあった時は、

停止をしてすれ違いをした方が無難です。

直線区間では徐行で大丈夫ですが、

不安でしたら停止するのが確実で安全です。

この幅員減少区間200m~300mくらいです。

 

また、この区間は速度違反取締り強化をしていて、

制限速度は30km/hです。

これは事前に標識(案内板)があります。

 

この2点くらいが注意点で、それ以外は本当に普通の道路です。

 

おわりに

伊勢原方面から宮ケ瀬湖方面(宮ケ瀬湖から伊勢原方面)に向かう際に使うといいと思います。

全体的に8割くらいの区間は暗いので、お気をつけ下さい。

交通量は少ないと感じました。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

リクエストや感想などありましたら、

「お問い合わせ・リクエストフォーム」からお願い致します。

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.