【十国峠】静岡県道20号 峠・ワインディング

今回おすすめするワインディングロードは、

静岡県田方郡函南町にある全長約9.5kmの、

十国峠(静岡県道20号)です。

Sponsored Link

十国峠(静岡県道20号)

十国峠の印象は、小さい西伊豆スカイラインやビーナスラインの霧が峰を

思わせるワインディングロードです。

全線通して完全2車線道路でセンターライン(黄色)もありますが、

幅員(道幅)は少し狭いです。

その上、側溝に蓋が無い所があり脱輪に注意です。

線形直線と言えるようなところは1ヶ所くらいしかなく、

アップダウン勾配と言えるところも殆どありません

殆どがタイトコーナーブラインドコーナー連続で、

クランクになっているところもあります。

勿論、事前に注意喚起の標識はあります。

メインになるドライビングハンドル操作アクセルワークです。

峠やワインディングロードによくある、

減速・加速を繰り返えしたり、

シフトチェンジを頻繁に行うドライビングではありません。

ドライビング・スタイルは、ハンドル操作アクセルワーク。
Sponsored Link

特に、ハンドル操作忙しく誤ると事故の危険や、

側溝には蓋が無い所もありますので脱輪の恐れがあります。

地図

【Google mapより引用】


 

道の駅『十国峠ケーブルカーレストハウス』


ケーブルカーで上まで行くと
富士山を見ることができます(天候によります)。

  


道の駅『十国峠ケーブルカーレストハウス』前の道路からも富士山を見ることができます。 


夕方も綺麗な富士山が見えます。

伊豆スカイライン 熱海峠IC入口

道の駅『十国峠ケーブルカーレストハウス』の先には

『伊豆スカイライン』熱海峠IC入口があります。

霧・濃霧に注意

十国峠(静岡県道20号)に限らず、

標高1000mくらいのところではよくある、

霧・濃霧に注意してください。

平野部では天気が良くても、

標高1000m付近では天候が異なることはよくあります。

案内標識の確認もできない濃霧も珍しくありません。

関連記事>>>【伊豆スカイライン】Part 1 熱海峠I.C~亀石峠I.C

関連記事>>>【伊豆スカイライン】Part 2 亀石峠I.C~天城高原I.C

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はな より:

    【十国峠】静岡県道20号 ワインディングロード を更新しました。