【道祖神峠】茨城県道42号 セミ・ワインディング

今回のおすすめは、茨城県道42号笠間つくば線の一部区間である、

茨城県石岡市大田~茨城県笠間市北吉原の

『道祖神峠(どうろくしんとうげ)』です。

フルーツラインの一部でもあり、

全長約8.7kmのセミ・ワインディングロードです。

Sponsored Link

セミ・ワインディングの道祖神峠(どうろくしんとうげ)

道祖神峠(どうろくしんとうげ)のコーナーは、

キツ過ぎもしない緩すぎもしない適度なコーナー勾配から、

セミ・ワインディングロードをドライブする感覚です。

コーナーの先が見えないようなブラインドコーナー少ないですが、

物足りないさは無くしっかり峠ドライブ楽しむことができます。

本格的な峠道と一般的な山道の中間のようイメージで、

ゆったりしたドライビングの中にも、

ワインディングロードの楽しさを味わうことができます。

表筑波カイラインほど幅員狭くなく、交通量も少ないです。

距離が8.7kmと少し短めですがおすすめの一品です。

Sponsored Link

「自動二輪車走行禁止」となっております。

関連記事>>>【表筑波スカイライン】茨城県道236号 峠・ワインディング

地図

【Google mapより引用】


 

おわりに

写真にあるセンターラインの引き方や、

チャッターバー(通称:キャッツアイ) 、センターポール

自動二輪走行禁止があることから、

峠・ワインディングロード好むドライバーが訪れる

コースであると思われます。

ということは、楽しい峠道です。

個人的には、茨城県人気No.1『表筑波スカイライン』

引けを取らないと感じます。

道祖神峠(どうろくしんとうげ)には道祖神峠の楽しさ、

表筑波スカイラインには表筑波スカイラインの楽しさがありますので、

どちらの峠道楽しむのがベストです。

関連記事>>>【表筑波スカイライン】茨城県道236号 峠・ワインディング

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする