「走行系」 一覧

ランフラットタイヤ

車の構造

ランフラットタイヤの構造とTPMSについて解説!乗り心地についても

一般的なタイヤはパンクをした際、スペアータイヤに交換をするなど、そのまま走行を続けることはできませが、ランフラットタイヤは一定の条件であれば走行ができてしまいます。 その理由はランフラットタイヤの構造にあります。 ランフラットタイヤの構造は一体どのようになっているのでしょうか。 圧力センサーのTPMSや乗り心地とあわせて、解説していきます。 Sponsored Link   ランフラットタイヤの構造と特徴 ランフラットタイヤがパンク後も走行できる条件とは? 『タイヤの空気圧がゼロになっても時速8 ...

ひび割れ

車のメンテナンス

タイヤ側面のひび割れを放置するとバーストの原因に? 限界状態でも車検は通る?

車のタイヤにはゴムの劣化を遅らせる劣化防止剤などが練りこまれていますが、タイヤを長く使用していると、いずれゴムが硬化して経年劣化が起きてしまいます。 そんな、ひび割れたタイヤを乗り続けた場合バーストして事故に繋がるのでは? ひび割れたタイヤで車検は通る?など様々なことが頭の中をよぎります。 今回は、そんな疑問や悩みについて解説していきます。 Sponsored Link   ひび割れはバーストに繋がる? バーストは、タイヤ内部の構造が破壊(ダメージ)されなければバーストに至りませんので、タイヤ表 ...

スリップサイン

車のメンテナンス

スリップサインの見方と探し方は?溝の測り方と片減りでも車検は通らない?

タイヤの磨耗がどれくらい進行しているかを判別する『スリップサイン』の見方や『スリップサイン』がどこにあるか探し方がわからない方もいるかと思います。 また、スリップサインやタイヤの溝をどの程度まで使っても車検を通すことができるのか? 片減りは車検に通るのか? 『夏用タイヤ』と『スタッドレスタイヤ』の確認に違いはあるのか? など、『スリップサインの見方』や『タイヤの溝深さの測り方』、『スタッドレスタイヤ』などについて解説していきます。 Sponsored Link   タイヤのスリップサインとは タ ...

雨の日

車のトラブル

車のタイヤをパンクさせる釘は雨の日に刺さりやすい?理由は摩擦にある?

『車のタイヤに釘が刺さってパンクする確率は?前輪に刺さる原理についても』の記事では、タイヤに釘が刺さる原理を解説しましたが、実は、『釘』や『ネジ』がタイヤに刺さる原因である『巻き上げ』は、『雨の日』に起こりやすくなります。 また、『巻き上げ』とは違う理由からも、『雨の日』と『雨の翌日』はタイヤをパンクする車両は多くなります。 なぜ、『雨の日』には『巻き上げ』が起こりやすくなるのか? なぜ、『雨の日』や『雨の翌日』にはパンクする車両が多いのか? 『晴れた日』と『雨の日』では何が違うのでしょうか? この疑問に ...

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.