「ランフラットタイヤ」 一覧

ランフラットタイヤ

車の構造

ランフラットタイヤの構造とTPMSについて解説!乗り心地についても

一般的なタイヤはパンクをした際、スペアータイヤに交換をするなど、そのまま走行を続けることはできませが、ランフラットタイヤは一定の条件であれば走行ができてしまいます。 その理由はランフラットタイヤの構造にあります。 ランフラットタイヤの構造は一体どのようになっているのでしょうか。 圧力センサーのTPMSや乗り心地とあわせて、解説していきます。 Sponsored Link   ランフラットタイヤの構造と特徴 ランフラットタイヤがパンク後も走行できる条件とは? 『タイヤの空気圧がゼロになっても時速8 ...

ランフラットタイヤ

車の構造

ランフラットタイヤのメリットとデメリットについて!普及しない理由は?

ランフラットタイヤは安全面において優れたタイヤです。 パンク瞬間時の危険回避にあわせて、二次的な危険回避にも良い面をもたらすタイヤです。 2000年頃から欧州を中心に、2000年後半頃からは米国にも普及し始めましたが、日本ではまだあまり普及はしていません。 なぜ、欧米と日本では普及に差があるのか? その疑問についてメリット、デメリットからお話していきます。 Sponsored Link   ランフラットタイヤのメリット パンクしても余裕がある パンクをしても時速80km/hで距離80kmまで走行 ...

ランフラットタイヤ

車のトラブル/メンテナンス

ランフラットタイヤに釘が刺さったとき修理費用は?パンクしたまま走行は可能?

ランフラットタイヤに釘がささったパンクの場合に不安になることは、『ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて修理費が高くなる?』と思われる方がいらっしゃると思います。 また、『釘がささったりバーストした状態で走行することは問題ないの?』と不安に思われる方もいらっしゃると思います。 ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて高価なタイヤになりますので、そのような気持ちになってしまいます。 今回はこの2つの不安について解決していきます。 Sponsored Link   釘がささった場合の修理費用は ...

ランフラットタイヤ

車のトラブル/メンテナンス

ランフラットタイヤはパンクしたら気づかないまま?走行できるけど修理は必要なの?

一般的なタイヤでは走行中にパンクをした際は、スペアータイヤに交換することになります。 パンク後も走行できてしまう丈夫なタイヤでは、『パンクに気がつかないのでは?』と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。しかし、ランフラットタイヤはパンクした際にも走り続けることができます。 またパンクをしても走れる事ができるのであれば、『修理の必要はあるの?』と思われる方もいらっしゃると思います。 今回はこの2つの疑問について解説していきます。 Sponsored Link   走行中や外見からは気がつかない ラ ...

Copyright© 自動車部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.