車の水没時に水位はどこまでなら大丈夫?マフラーの高さが限界?

水没どこまで

車が水没した際に誰もが気になることは、どこまでの水位に浸かると影響や故障があるか、エンジンはかかるけど走行しても良いか?

そもそもエンジンはかけても大丈夫か?など様々な不安や疑問があります。

水没した際、車両やエンジンに影響を及ぼすポイントは2つあります。

当記事では2つのポイントを含め、あなたの不安や疑問について水位を基準にお伝えします。

もし、水没で車を廃車にしなくてはならなくなった場合についてもあわせてお伝えします。

影響を及ぼす水没時の水位はどこまで?

水没 どこまで 水位

車は大雨などで路面に水がある状況でも走行できるように設計されていますが、限度を超えた場合は走行することはできず、場合によってはエンジンが破損することがあります。

エンジン破損のきっかけになる部品は2つあります。

エンジンに影響を及ぼす部品

  • エアクリーナー
  • マフラー

エアクリーナーの限界水位

エアクリーナー

エアクリーナーは、エンジンに吸入される空気中のゴミを取り除くフィルターです。

従って、エアクリーナーが水に浸ってしまうと、吸入時に水を吸い込みエンジンのシリンダー内まで浸水します。

シリンダー内に水が入ると、圧縮工程時にシリンダーやピストンに負荷がかかり、コンロッドの破損やシリンダーヘッドの歪が生じます。

この現象を、水撃作用や『ウォーターハンマー 』、『ウォーターハンマー現象』と呼びます。

エアクリーナーの位置は車種や年式により異なり、車両によっては意図的に純正とは異なる低い位置に取り付けていることもあります。

自分の車のエアクリーナーがどこに取り付けられているか確認しておくことが重要です。

駐車中に水没した車の場合は、シリンダー内に水が入っているかわからない為、エンジンをかけずにディーラーなどに相談することが無難です。

マフラーの限界水位

マフラー

マフラーの排気口が全て水に浸かると排気することができず一時的にエンジンは停止しますが、水位が下がり排気できるようになると走行は可能になります。

それ以上に致命的な損傷は、『エンジンの排気ポート』まで水位がある時です。

ほとんどの車は『エンジンの排気ポート』は『マフラーの排気口』よりも高い位置にある為、排気口が水に浸かった程度ではシリンダー内まで水が流れることはありません。

水没 どこまで 水位

しかし、水没時の水位が『エンジンの排気ポート』まである場合は、マフラーを通してエンジンの排気ポートへ水が流れる懸念があります。

特にFF車では車のフロント部が重い為、車両が前のめりになりマフラーを通してシリンダー内へ水が入ることが考えられます。

シリンダー内へ水が入った場合は、エアクリーナーの場合と同様にウォーターハンマーによりエンジン破損します。

水位よりシリンダー内の浸水

シリンダー

水没時にどれくらいの水位に浸かると影響がでるか気になりますが、「ここまで水に浸かると廃車になる。もうエンジンがかからない」といった水位はありません。

水没時の水位が低くても高くても、エンジン始動しなければ致命的な破損は避けられます。

ただ、致命的な破損はなくても、臭いの問題で廃車にする方はいらっしゃいます。

冠水車 水没 臭い車の水没・浸水の臭いが取れない?車内クリーングや清掃の効果は?

高額な費用がかかる場合はシリンダー内に水が入り、エンジン始動した時です。

理由は、ウォーターハンマー現象が起きてしまうからです。

シリンダー内へ水が入っても、エンジン始動しなければウォーターハンマー現象は起きませんので、致命的な破損をすることはありません。

ウォーターハンマー現象が起きていなければ、エンジン分解後に洗浄し再びエンジンを組み直し車に乗り続けることができます。

洗浄作業に時間を要しますが、部品の破損はありませんので高額な費用はかかりません。

シリンダー内に水が入っているかわからない場合や、自分では判断ができない場合はディーラーなどへ相談しましょう。

水没車(冠水車)は修理や交換をすることで引き続き乗り続けることはできますが、車両の状態により費用は大きく差があります。

修理や交換に高額な費用がかかる場合や臭いが気になる場合は、廃車を選択した方がお得になる場合があります。

  修理費用
エアクリーナーやマフラー下まで ¥0円 
フロアーまで水に浸かる ¥50,000円~
シート座面下まで水に浸かる ¥150,000円~
エアクリーナーやマフラーまで水に浸かる ¥250,000円~
タイヤハウス上部まで水に浸かる ¥250,000円~
シート座面まで水に浸かる ¥250,000円~
車両全体が水に浸かる ¥500,000円~
エンジン載せ替え(V6型の場合) ¥800,000円~

廃車価格が付くか知りたい人こちらをクリック
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
廃車を無料で査定する

冠水路の走行

冠水路を走行することは控え、迂回する措置をとらなければなりませんが、状況によりどうしても車を走らせなければならないことがあるかと思います。

その様な状況に遭遇した時の冠水路の走行についてお伝えします。

時速30km/h以下で走行する

冠水路の走行は、時速30km/h目安として走行してください。

時速30km/hを超える速度では、大きな水の抵抗でハンドルが取られ、車内には水しぶきが入ることもあります。

路面状況をイメージしながら走行

冠水路は水が濁り、路面にどのような異物があるか発見することが困難です。

水深の見分けがつきにくく、水位により蓋が外れた側溝で脱輪する恐れもあります。

何かあった場合も直ぐにブレーキが踏める心の準備が必要です。

代表的な冠水しやすい場所

代表的な冠水しやすい場所

  • 電車のガード下

  • アンダーパス(立体交差点の下を通る道路)

  • サグ部

  • 海抜が低い道路

冠水が起きやすい場所には、標識などで注意喚起がされています。

冠水しやすい場所の道路形状の特徴は、水が溜まりやすい『すり鉢状』になっています。

普段から冠水場所を覚えておくと、少しでも早い対処が取れます。

万が一、冠水路でエンジンが停止した際はドアが開くうちに車外へ避難・脱出してください。

水圧でドアが開かない、かつパワーウィンドウも効かない場合はウィンドウを破壊する道具(脱出用ハンマー)を用いウィンドウを破壊して脱出します。

脱出用ハンマーで破壊する際は、運転席助手席のウィンドウ破壊します。

フロントガラス脱出ハンマーを用いても破壊困難です。

脱出用ハンマーが無い場合は、車内で冷静を保ちつつドアが開く水圧になるまで待ちます。

車内への浸水も忘れずに

走行可能な水深は、タイヤ半分位やドアの下端部、車内の床が水に浸からない程度です。

これ以上の水深では、エンジンのシリンダ内に水が入る恐れや車外への避難・脱出困難の懸念があります。

もし車内へ浸水した際はエンジンが停止することが考えられますので、これ以上の走行は早々に諦めエンジンを停止して車内から避難をしましょう。

水没車は冠水歴車となり車の価値が下がるが、売れます!

水没車

水没した経歴のある車両を『冠水歴車』と呼びます。

日本自動車査定協会が定める冠水車の定義は以下になります。(一部を引用)

室内フロア以上に浸水したもの、または、その痕跡により商品価値の下落が見込まれるもの。複数以上の痕跡が確認できるものは、冠水車として取り扱うことができる。

引用元:日本自動車査定協会

水位においては、車内のフロアまで浸水した車は『冠水歴車』扱いになります。

冠水歴車はディーラや中古車買取りの査定では買値がつかない・買取ってもらえない、あるいは評価額が低くなります。

理由は水没による不具合の原因を細部まで確認することが難しく、修理をしても高確率で故障再発する為です。

またシートなどに残った強い臭いはクリーニングでは落とし切ることができず、新品交換を強いられます。

ディーラーなどでは、買値がつかないだけではなく、車を処分する際に有料となります。

水没車(冠水歴車)のリスク

  • 冠水歴車となり車の価値が下がる
  • 修理代が非常に高額になる。
  • 修理をしても故障が再発する。
  • 保険は全損扱いになりことが多く自己負担額が有る。

高額な修理費を支払って乗り続けるよりも、廃車を選択することが得になる場合があります。

ディーラーなどで廃車手続きをとる場合は一般的に有料になりますが、『廃車買取り』では引き取りや手続きが無料で、むしろ買値をつけてもらえることがあります。

水没車は廃車買取りを利用し、新しい車の足しにした方がお得になります。

水没車ならタウ! 買取り額がつく!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料 >>> 水没車の買取り額を知る!

水没車廃車買取りがおススメな理由

水没して動かなくなった車をディーラーなどで処分をするは費用 (有料)がかかります。

しかし、『株式会社タウ 』では処分する費用は一切かからず無料、むしろお金が貰えます!

水没車にも価値があるため買取り額がつきます。

株式会社タウ 』のメリットには次のことがあります(一例)

  • 海外販売ネットワークを築いている
  • 日本では価値がないとされる水没車も高価買取り
  • 面倒な手続きが無く全て無料
  • 迅速で丁寧な安心対応
  • 自動車税と重量税、自賠責保険の還付金

 

特に、他の買取り業者にはない、高額買取り額つく理由には次のことがあります。

日本では見向きもされない水没車の高額買取りを実現できる理由

『タウ』には、日本車の人気がある海外への販売ネットワークがあります。

 

日本と海外では、『価値観の違い』や『流通価格の差』があります。

 

日本の『水没車』の位置づけは残念ながら、『見向きもされない損害車』が実情です。

 

しかし、日本以外の世界各国では『しっかりと修復されていれば良い』という合理的な考えを持っている国が数多く存在しています。

 

そして、世界各地の水没車や損害車の修理費用は、日本と比較すると圧倒的に安く上がります。

 

従って、水没車や損害者は日本国内で修理するのではなく、輸出先の各国で修理をします。

 

タウはこの2点に着目し、『海外の方がビジネスがしやすい!』と考え、全世界で112カ国に販売ネットワーク築きました。

 

さらに世界中の人々は、日本車の『品質』と『性能』の高さを知っている為、例え水没車や損害者であっても新車同様に高い需要を持っています。

 

 

価値が無いと諦めていませんか? タウなら水没車でも買取り額がつきます!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料 >>> 水没車をタウで売却する

 

♪ 価値がつかない水没車を高く査定してもらい ♪ お得に乗り換える ♪

日本では価値がつかないとされる水没車の買取りをお探しなら『タウ』は買取りの期待が大いに持てます。

 

ディーラーのように¥0円査定に加え、¥30,000円ほどの処分費用を請求されることはなく、『タウ』では年式や車種によっては何十万円もの高額買取りの期待が持てます。

 

買取り時の査定や面倒な手続き、手数料、レッカー代などの費用は一切無料です。

普通の車種と思っていたら人気車種で高値がつくこともあります。

 

水没車には価値有ります。

 

利用するか、利用しないかの差だけで、手元に入る金額に数万~数十万円の違いがあります。

 

お金にならないことをわかっていながらディーラーへ引き渡すより、

『タウ』に水没車を引き渡す代わりにお金をいただくことが損をしないお得な行動です。

水没車『お金』です。

無料 >>>水没車の買取り額がわかる!

買取り額を調べないことには、何を選択することがお得になるかわからない為、まずは買取り額を知る為に買取り査定に出してみることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください