車の水没・浸水の臭いが取れない?車内クリーングや清掃の効果は?

冠水車 水没 臭い

水没車(冠水車)の気になることの1つに、車内の臭いがあります。

氾濫した河川の水や海水などが入り混じった水に浸かった車内は、どのような臭いがするのでしょうか。

車内をクリーニングした後は臭いの問題は全て解決するのでしょうか。

当記事では、水没後の車内の臭いとクリーニングや消臭についてお伝えします。

クリーニング後は継続して車に乗り続けることができるか、それとも廃車となるか、水没車の選択についても触れていきます。

水没・浸水した車内の臭いは強烈

臭い 異臭

車内のフロアーまで浸水した水没車(冠水車)の車内は非常に強い臭いがあります。

雑巾の臭いやドブ川の臭い、食品が腐った臭いなどが立ち込め、強烈な悪臭から乗れたものではありません。

悪臭の原因はフロアーマットとカーペットの下にある遮音材 (断熱や防音の為の多数のスポンジ) が、汚水を吸水し細菌繁殖したためです。

浸水した車内のクリーニング、清掃方法

消臭

臭いを抑えるには、フロアーマット、カーペットを新品交換することです。

新品交換をせず清掃・クリーニングのみで臭いを抑えるには、フロアーマットとカーペットを徹底的洗浄しなければなりません。

注意

新品交換や清掃をしても数日後に清掃時に手が届かない隙間などから異臭を発します。

クリーニング方法は、まずはシート(座席)、ダッシュボード、センターコンソールなどを全て外します。

次に、フロアーマットとカーペットを金属が見えるまで全て外します。

外したフロアーマットとカーペットを徹底的に洗浄し、洗浄後に10日前後乾燥させ完了です。

フロアーマットやカーペットの取り外しや清掃、乾燥は、実際に作業すると1人では大変な作業となり現実的ではありません。

ディーラーや専門業者に依頼することをおススメしますが、ディーラーや専門業者にクリーニングを依頼した場合、車種により異なりますが150,000前後となります。

クリーニングに要する期間は1週間~10日ほどです。

車内は風通しが悪くカビや細菌にとって繁殖しやすい環境下にあります。

クリーニングは水没してから少しでも早く取り掛かった方が、臭いを抑えることができ錆の問題にも悩まずに済みます。

水没や浸水した車内はクリーニング、清掃をしても消臭はできない

車内

フロアーマットなどをクリーニング業者などに依頼をしても、残念ながら臭いが完全に消えることはありません

クリーニング後に臭いを感じなかったとしても、一時的に臭いがおさまっているだけで数日後、数ヵ月後に再び悪臭を放ちます。

水没した車はわずかな隙間にも汚水が入り込み、手が届かない隙間や細部まで綺麗にクリーニングすることは困難です。

汚れが残っているため臭いの基を絶つことはできず、車内に悪臭が漂い廃車にする方が大勢いらっしゃいます。

廃車価格が付くか知りたい人こちらをクリック
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
廃車を無料で査定する

水没車は冠水歴車となり車の価値が下がるが、売れます!

水没車

水没した経歴のある車両を『冠水歴車』と呼びます。

日本自動車査定協会が定める冠水車の定義は以下になります。(一部を引用)

室内フロア以上に浸水したもの、または、その痕跡により商品価値の下落が見込まれるもの。複数以上の痕跡が確認できるものは、冠水車として取り扱うことができる。

引用元:日本自動車査定協会

水位においては、車内のフロアまで浸水した車は『冠水歴車』扱いになります。

冠水歴車はディーラや中古車買取りの査定では買値がつかない・買取ってもらえない、あるいは評価額が低くなります。

理由は水没による不具合の原因を細部まで確認することが難しく、修理をしても高確率で故障再発する為です。

またシートなどに残った強い臭いはクリーニングでは落とし切ることができず、新品交換を強いられます。

ディーラーなどでは、買値がつかないだけではなく、車を処分する際に有料となります。

水没車(冠水歴車)のリスク

  • 冠水歴車となり車の価値が下がる
  • 修理代が非常に高額になる。
  • 修理をしても故障が再発する。
  • 保険は全損扱いになりことが多く自己負担額が有る。

高額な修理費を支払って乗り続けるよりも、廃車を選択することが得になる場合があります。

ディーラーなどで廃車手続きをとる場合は一般的に有料になりますが、『廃車買取り』では引き取りや手続きが無料で、むしろ買値をつけてもらえることがあります。

水没車は廃車買取りを利用し、新しい車の足しにした方がお得になります。

水没車ならタウ! 買取り額がつく!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料 >>> 水没車の買取り額を知る!

水没車廃車買取りがおススメな理由

水没して動かなくなった車をディーラーなどで処分をするは費用 (有料)がかかります。

しかし、『株式会社タウ 』では処分する費用は一切かからず無料、むしろお金が貰えます!

水没車にも価値があるため買取り額がつきます。

株式会社タウ 』のメリットには次のことがあります(一例)

  • 海外販売ネットワークを築いている
  • 日本では価値がないとされる水没車も高価買取り
  • 面倒な手続きが無く全て無料
  • 迅速で丁寧な安心対応
  • 自動車税と重量税、自賠責保険の還付金

 

特に、他の買取り業者にはない、高額買取り額つく理由には次のことがあります。

日本では見向きもされない水没車の高額買取りを実現できる理由

『タウ』には、日本車の人気がある海外への販売ネットワークがあります。

 

日本と海外では、『価値観の違い』や『流通価格の差』があります。

 

日本の『水没車』の位置づけは残念ながら、『見向きもされない損害車』が実情です。

 

しかし、日本以外の世界各国では『しっかりと修復されていれば良い』という合理的な考えを持っている国が数多く存在しています。

 

そして、世界各地の水没車や損害車の修理費用は、日本と比較すると圧倒的に安く上がります。

 

従って、水没車や損害者は日本国内で修理するのではなく、輸出先の各国で修理をします。

 

タウはこの2点に着目し、『海外の方がビジネスがしやすい!』と考え、全世界で112カ国に販売ネットワーク築きました。

 

さらに世界中の人々は、日本車の『品質』と『性能』の高さを知っている為、例え水没車や損害者であっても新車同様に高い需要を持っています。

 

 

価値が無いと諦めていませんか? タウなら水没車でも買取り額がつきます!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料 >>> 水没車をタウで売却する

 

♪ 価値がつかない水没車を高く査定してもらい ♪ お得に乗り換える ♪

日本では価値がつかないとされる水没車の買取りをお探しなら『タウ』は買取りの期待が大いに持てます。

 

ディーラーのように¥0円査定に加え、¥30,000円ほどの処分費用を請求されることはなく、『タウ』では年式や車種によっては何十万円もの高額買取りの期待が持てます。

 

買取り時の査定や面倒な手続き、手数料、レッカー代などの費用は一切無料です。

普通の車種と思っていたら人気車種で高値がつくこともあります。

 

水没車には価値有ります。

 

利用するか、利用しないかの差だけで、手元に入る金額に数万~数十万円の違いがあります。

 

お金にならないことをわかっていながらディーラーへ引き渡すより、

『タウ』に水没車を引き渡す代わりにお金をいただくことが損をしないお得な行動です。

水没車『お金』です。

無料 >>>水没車の買取り額がわかる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください