車の永久抹消登録の費用と必要書類は?廃車手続きが簡単な方法とは?

廃車 陸運局

廃車の手続きには3種類あります。

  1. 永久抹消登録・・・解体(スクラップ)
  2. 一時抹消登録・・・一時的に使用しない場合。再び登録が可能。
  3. 輸出抹消登録・・・輸出する場合

当記事では、永久抹消登録についてお伝えします。

車の永久抹消登録を、自ら陸運局で行う場合、あるいは廃車買取り業者を利用する場合の手続きには何が必要で時間や費用はいくらか、様々な不安や疑問があります。

当記事では、それらの不安や疑問についてお伝えし、自ら陸運局 (運輸支局)にて永久抹消登録を行った方が良いか、あるいは廃車買取り業者に依頼する方がお得か、一番手間や面倒ががかからず効率的お得な手続きについてお伝えします。

永久抹消登録にかかる費用は高い

費用

永久抹消登録の手続きにかかる費用は、廃車時の車両の状態や廃車解体業者により差がありますが、概ね以下の費用が目安となります。

永久抹消の手続きにかかる費用

  • 永久抹消登録申請書・・・・¥100円程
  • 解体費用・・・・・・・・・30,000円程
  • 引き取り(レッカー)代・・・20,000円程
  • 合計・・・・・・・・・・・50,100円程

自走が可能な場合は引き取り代(レッカー代)は必要ありませんが、自走不可の場合は廃車の引き取り代(レッカー代)の費用 (料) がかかります。

永久抹消登録には約50,000ほどの費用がかかります。

 

廃車買取りなら費用は一切無料で手続きも簡単

一方、廃車買取り業者に依頼をすると費用は無料で一切かからず、むしろお金貰えます

解体費用の¥30,000円も引き取り(レッカー)代の¥20,000円も無料です。

勿論、自動車税、重量税、自賠責保険などの還付金もその場で貰える、あるいは2~3日後に指定の口座に振り込みがあります。

自ら手続きを行った場合は3ヶ月~4ヶ月程度の期間がかかります。

無料
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
廃車買取なら廃車本舗!

陸運局(運輸支局)の窓口受付時間は平日のみ

陸運局_運輸支局

陸運局 (運輸支局) の窓口が開いている時間は平日のみです。

受付時間は以下の通りです。

登録窓口受付時間
午前:8:45~11:45 午後:1:00~4:00

 

陸運局(運輸支局)の業務時間
午前:9:00~12:00 午後:1:00~4:00

 

陸運局(運輸支局)の休日
土/日/祝  及び12月29日~1月3日

永久抹消登録に必要な書類

車検証

自ら陸運局(運輸支局)で永久抹消登録をする際に必要書類

  1. 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  2. 委任状(印鑑証明と同じ実印が押印してあるもの)
  3. 前後のナンバープレート
  4. 自動車検査証(車検証のこと)
  5. 解体報告記録日
  6. 移動報告番号(自動車リサイクル券に記載有り)
  7. 手数料納付書(当日、陸運局にて配布)
  8. 永久抹消登録申請書(当日、陸運局にて記入)
  9. 自動車税・自動車取得税申告書(当日、陸運局にて記入)

MEMO

  • 地域により不要な物がありますので、事前に陸運局にご確認ください。
  • 2番の委任状は、本人が実印を持参し手続きを取る場合は不要です。
  • 6番は自動車リサイクル券に記載されています。
  • 7番~9番は、当日陸運局にて用意や申請(記入)をします。
  • 自動車検査証(車検証)と前後のナンバープレートを盗難紛失した場合は、『理由書』が必要です。理由書はインターネットからダウンロードが可能です。

印鑑証明と車検証の住所が異なる場合は、住民票や戸籍謄本の附票が必要

『印鑑証明の住所』『車検証の住所』異なる場合は、住民票(発行から3ヶ月以内)が必要です。

車検証の住所から2回以上住所変更をされた場合は、住民票では住所の移転履歴を確認することができず、移転履歴を確認するには『戸籍謄本の附票』が必要です。

  • 住所変更が1回のみ・・・・・『住民票』
  • 住所変更が2回以上・・・・・『戸籍謄本の附票』

『戸籍謄本の附票』本籍地取得することになり、1通:¥350円の費用がかかります。

『戸籍謄本の附票』の取得には本人もしくは同一戸籍の方、及び直系親族の方が請求できます。

 

代理人に依頼する場合は委任状が必要です。

 

交付の際は、窓口にて本人確認できる身分証明書の提示が必要です。

 

 

 

郵送で請求する際は、インターネットから申請書ダウンロードし、『定額小為替証書』返信用封筒身分証明書の写しが必要です。

印鑑証明と車検証の名前が異なる場合は、戸籍謄本が必要

結婚などをして苗字が異なる場合は、戸籍謄本(発行から3ヶ月以内)が必要です。

自動車重量税の還付に必要な書類

車検までの期間が1ヶ月以上ある場合は以下の必要書類を揃えると、自動車重量税還付金を受け取ることができます。

  • マイナンバーカード
  • 還付金を振り込む口座(銀行名や口座番号など)
  • 還付金受領に関する委任状
注意

自動車重量税の還付金を代理人申請する場合は、代理人の身分証明書と印鑑が必要です。

『無料』 面倒な手続き無し
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
廃車買取なら廃車本舗!

永久抹消の手順

  • 手順1
    前後のナンバープレートを外す

    前後のナンバープレートをマイナスドライバーを使用して外します。

    後ろのナンバープレートはマイナスドライバーを利用し封印をこじあけます。

    中のネジをドライバーにて緩め外します。

    外したナンバープレートは、後日、陸運局(運輸支局)へ返却しますので、大切に保管してください。

  • 手順2
    解体業者にて車を解体する

    解体業者にて車を解体(スクラップ)します。

    解体後に郵送で『解体報告記録日』が届き、後日、陸運局(運輸支局)で行う手続きに必要です。

    注意

    陸運局(運輸支局)での手続きは15日以内に行わなければなりません。

  • 手順3
    永久抹消登録の必要書類を揃え陸運局へ向かう

    先程の、『永久抹消登録に必要な書類』を一式揃え、陸運局(運輸支局)へ手続きに行きます。

    陸運局内の販売窓口で以下のものを購入し必要事項を記入します。

    • 手数料納付書
    • 永久抹消登録申請書
    • 自動車税と自動車取得税申告書(地域により異なります)

  • 手順4
    ナンバープレートを返却する

    手順3の3点を揃え、前・後のナンバープレートを窓口へ返却します。

    前・後のナンバープレートを返却すると、『手数料納付書』に押印があります。

  • 手順5
    ここまでの書類一式を提出する

    押印された『手数料納付書』を含めた必要書類一式を陸運局の窓口に提出します。

  • 手順6
    陸運局内にて税金の還付金手続きをする

    陸運局内には自動車税事務所があり、還付金の手続きをとることができます。

    税申告窓口に『自動車税・自動車取得税申告書』を提出すると、自動車税が還付します。

    <4月 ~ 永久抹消登録月>までの税金が差し引かれ、<永久抹消登録月 ~ 翌年3月>までは支払う義務がありませんので還付されます。

    自分で永久抹消登録を手続きする場合は、自動車税還付金3ヶ月~4ヵ月後に指定の口座に振込みがあります。

    自賠責保険の還付金は、7日~10日程で指定の口座に振込みがあります。
    (還付金の申請が不要の地域もあります。詳細は陸運局などでご確認ください)

  • 手順7
    永久抹消手続きの完了

    以上で永久抹消手続きは完了します。

『無料』 早くて簡単丁寧
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
廃車買取なら廃車本舗!

永久抹消登録を自ら行うメリットは無い

廃車手続きの1つである『永久抹消登録』では、自ら手続きするリット何一つ無く、あるのは全てデメリットしかありません。

デメリットには以下のようなことがあります。

自ら手続きするデメリット

  1. 手続きそのものに手間がかかり面倒。(調べる事や確認する事が多い)
  2. 陸運局(運輸支局)の場所交通手段などのアクセス困難な場所にある。
  3. 手続きは平日のみ。窓口の開口時間短い
  4. ナンバープレートの取外し作業がある。
  5. 還付金の振込みが3~4ヵ月後になる。
  6. 手続きに半日~1日を要する。
  7. 提出物に不備がある場合、別の日に再び行くことになる。
  8. 廃車買取り業者に比べて非常多く費用、手間、時間がかかる。

以上のように、自ら永久抹消登録を行うことには、デメリットしかありません

無料
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
廃車買取なら廃車本舗!

廃車手続きにメリットがあるのは廃車買取りの利用

車の廃車手続きには、廃車買取り業者利用することが賢明メリット多くあります。

時間もかからず、手間もかからず、処分する車両に買値がつき、還付金も数日以内、あるいはその場で貰えます。

  • 時間がかからない
  • 手間や面倒が無い
  • 処分する車両に買値がつく(つかない場合もありますが費用がかかることは一切ありません)
  • 還付金がその場あるいは数日以内に振り込まれる

自ら行う永久抹消登録とは違い、廃車買取り利用するとメリットのみ有り、デメリットがありません。

もし、処分する車両に買値がつかなくても、自ら行う場合のように¥50,000円もの費用がかかることはありません!

廃車買取りでは、手続きにかかる面倒手間費用『無料』一切費用かかりません。

廃車に買値がつく理由は部品に価値がある為

もう動かない車両は、車としての価値はありませんが、30,000点以上の部品から造られている車は、部品単位ではまだまだ使える部品が多数あります。

例えば、マフラーは1年前に壊れて新品に交換してある、タイヤは半年前に交換したばかりで溝は新品同様に充分残っている、1年半前にエンジン冷却系は一式交換してあるなど、ユニットや部品ごとで見るとまだ使える部品が沢山ある為、それらに価値があり買値 (買取額) がつきます。

廃車買取り業者では、車が動かなくてもユニット部品価値があれば買値 (買取額) をつけてくれます。

『 無料 』不動車でも買値の期待が持てる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「動かなくなった車、どうすればいいの?」

そんな、廃車買取りにおススメは、『廃車買取なら廃車本舗! 』です。

廃車買取なら廃車本舗! 』では、先程の通り処分する費用一切かからず、むしろお金貰えます!

廃車にも価値が有ることで買取額がつきます!

さらに『廃車買取なら廃車本舗! 』のメリットをほんの一部紹介します。

『廃車本舗』のメリットの一例

  1. 海外輸出事業を行っている
  2. 自社リサイクル工場を持っている
  3. 自動車税と重量税、自賠責保険の還付金
  4. 面倒な手続きは無く代行できる。もちろん無料
  5. 価値がない車両も高価買取
  6. エンジンが故障した不動車でも買取り
  7. 買取り金額の振込みが2~3営業日以内と早い

海外輸出事業を行っている

海外輸出事業を行っている業者では、海外へ人気のある日本車を輸出することができるため買取額がつきやすくなります。

日本では需要もなく買取額がつかないと思われる廃車であっても、海外では充分走ることができ、さらに人気もある日本車は海外向け買値がつきやすくなります。

自社リサイクル工場を持っている

リサイクル工場

自社リサイクル工場を持っているところでは、直接買取りができるため仲介手数料がありません。

そのため、買取り額高くなります。

自動車税と重量税、自賠責保険の還付金

自動車税

廃車買取り業者によっては、自動車重量税自動車税自賠責保険料の還付金や返戻金(払戻金)の説明を充分に行わないところもあります。

『廃車本舗』では自動車重量税や自動車税、自賠責保険料の還付金返戻金、その受け取り方法についても、しっかりと説明していただけます。

後から、税金や保険料の還付があったなんて知らなかったと悔やむことはありません。

面倒な手続きは無く代行できる。もちろん無料

手続き

車を廃車する際には、処分するにもお金がかかります。

しかし、『廃車買取なら廃車本舗! 』では廃車にかかる費用一切ありません。

車を引き取る際のレッカー代負担することはありません。

価値がない車両も高価買取

高価買取り

直接の販売経路を持っていることで仲介コストがかからず高額買取りしていただけます。

他の店舗で買取り査定をしたところ¥0円の車両であっても、『廃車買取なら廃車本舗! 』では買値がつく場合があります。

無料  高額買取りこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
廃車買取なら廃車本舗!

エンジンが故障した不動車でも買取り

故障

10年落ちの車両や10万kmを越えた車両の場合、ディーラーなどでは下取り価格や買取価格がつきません。

事故車やエンジンが故障した車両など、他の店舗では買取りしていただけない車両であっても『廃車本舗』では、買取りしていただけます。

買取り金額の振込みが2~3営業日以内と早い

振込み

必要書類が揃い、車両の引き取り完了後、2~3営業日以内に買取り額の振込みがあります。

廃車で得をしたいなら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
廃車買取なら廃車本舗!

廃車本舗を利用した方の感想・体験談

♪ 少しでも高く査定してもらい ♪ 安心して乗り換える ♪

    【 利用した方の体験談と感想 】
  1. 廃車本舗は手続きが無料で簡単です。
  2. 親切で大変丁寧に対応していただき安心して手続きができました。
  3. 手続きに面倒なことはなく明瞭迅速かつ楽でした。
  4. 他の店舗では買取り額が¥0円の中、『廃車本舗』では買値をつけていただきました。
  5. 迅速機敏な対応をしていただき気持ちよく契約できました。
  6. 他の買取り査定横並びの中、買取り最高額をつけていただき、その他の手続きも迅速かつ安心でき感謝しています。
  7. 説明や対応に信頼安心を感じられ、愛車を安心して見送ることができました。

 

水没した冠水車なら『廃車買取なら廃車本舗! 』がおススメです。

 

廃車買取でをしたいなら・をしたくないなら、『廃車買取なら廃車本舗! 』を利用しないことはをします。

 

『廃車買取り査定』にて買取り額を調べないことには、廃車にした方がお得か、修理した方が良いかわからない為、まずは廃車買取り査定に出してみることです。

 

査定額を知った後に、一番お得になる方向決めをすることがをしません。

公式サイトこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
廃車買取なら廃車本舗!

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください