スタンディングウェーブ現象でバーストした時の 対処法!原因は高速と空気圧?

スタンディングウェーブ現象

自動車の免許を取得する際に教習所で習う『スタンディングウェーブ現象』

このことについて、もう一度確認したいという方もいらっしゃると思います。

特に『スタンディングウェーブ現象』は命の危険にも繋がり、安全の為には知っておかなければならないことです。

どのような点に気をつければ良いか理解し、安全な運転ができるように解説していきます。

Sponsored Link

スタンディングウェーブ現象とは

スタンディングウェーブ現象

スタンディングウェーブ現象とは、『タイヤ接地面の後側が波(ウェーブ)打つ異常変形』のことです。

なぜこのような現象が起きてしまうか理由を解説します。

タイヤが路面と接地している面は、車の重量によって少し平らになります。

タイヤが回転すると、平らになっていた部分が路面から離れ元の形状に戻ります(復元)。

タイヤのある一点を見ると、” 平ら ” と ” 復元 ” を繰り返しながらタイヤは回転します。

しかし、高速走行時には、タイヤの回転速度に “復元” が間に合わず 、 ” 平ら ” に近い形状で路面に接地してしまいます。

この状態を繰り返すと、タイヤ接地面の後側が波打った異常変形となり、スタンディングウェーブ現象』が起きます。

 

バーストの危険性

Sponsored Link

スタンディングウェーブ現象が起きると、タイヤのトレッド面(タイヤの接地面)が激しく揉まれ(もまれ)、タイヤ内部温度が急激に上昇します。

次第に、タイヤのトレッド面やタイヤ内部のカーカス剥がれるセパレーションが起き、さらに走行を続けるとタイヤはついにバーストを起こし車はコントロールを失います。

 

ドライバーは気がつきにくい

波打ったタイヤで走行を続けるとドライバーは直ぐに気がつきそうですが、ほとんどの場合ドライバーバーストするまで異常を感じることがありません。そのためスタンディングウェーブ現象は非常に危険なトラブルです。

 

スタンディングウェーブ現象の原因

空気圧低下

スタンディングウェーブ現象の原因には、空気圧高速走行が大きく関わります。

空気圧が低いとタイヤ変形量が大きくなり、変形したタイヤの復元力も小さくなります。

この2つは復元に時間を要してしまいます

この時に、タイヤが高速回転していると、復元までの時間がさらに短縮され、スタンディングウェーブ現象が起きやすくなります。

スタンディングウェーブ現象の原因には、空気圧の低下高速走行が挙げられます。

 

スタンディングウェーブ現象の対処法

1:適正タイヤ空気圧に設定する。特に高速道路を走る前は必ず確認するようにします。

 

2:高速走行には気をつけます。スタンディングウェーブ現象は、速度が上がれば上がるほど起きやすくなります。

 

3:荷物を積みすぎ(過積載)の時はタイヤ空気圧を少し高めにします。

適正な空気圧であっても、荷物が多くて重い場合は、タイヤのへこみが大きくなり、スタンディングウェーブ現象が起きやすくなります。

タイヤがへこんだ分、空気を足して変形量を少なくします。

荷物を降ろした後は、適正空気圧に戻す必要があります。

 

まとめ

1:スタンディングウェーブ現象とは、『タイヤ接地面の後側が波(ウェーブ)打つ異常変形』

 

2:原因は『低いタイヤ空気圧』と『高速走行』が深く関わる。

 

3:対処法は、『適正なタイヤ空気圧』や『制限速度の厳守』に気をつけます。積載量が多い時は少し空気を足します。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

関連記事

『F1や車のスローパンクチャーとは?原因の見つけ方と修理方法は?』

『タイヤの空気圧の点検はどこでするの?チェックする頻度と期間はいつ頃?』

・『ハイドロプレーニング現象は雨の高速道路に多い?スリップ以外の対策とは?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.