【ターンパイク箱根小田原本線】神奈川県の人気ワインディング

ターンパイク箱根小田原本線

今回のおすすめのコースは、神奈川県小田原市~神奈川県足柄下郡湯河原町の

全長約13.7kmの【ターンパイク箱根小田原本線】です。

Sponsored Link

 

地図

【Google map より引用】

車好きバイク好きが多く走りに来る場所です。

車好きバイク好きが走りに来る道路です。

峠道ではありませんが、走って気持ちのいい道路です。

特に、バイクの方には絶大な人気を誇るようで、

大変気持ちが良い道路のようです。

 

 

TVや車雑誌の取材にも使われるところです。

4kmくらい走ったところに『御所ノ入駐車場』があり、

時々ここで取材や撮影が行われています。

また、桜の開花時期やそうでない時期でも、

ここで愛車を撮っている方が多数いらっしゃいます。

特に、桜開花の時期は人や駐車している車が多く、

撮影の順番待ちがあるほどです。

 

 

勾配

登り勾配は結構きつめです。

スタートからいきなりの急勾配で、アクセルを踏み込む感じです。

コーナーは高速コーナーと言った感じで、

場所に寄ってはバンクがついているところもあります。

また数ヶ所、登坂車線もあります。

メリットは渋滞回避

走る目的以外でのメリットは渋滞回避です。

並走する箱根新道は渋滞がありますが、ターンパイクは渋滞を聞いたことがありません。

特に、箱根新道は、行楽地からの帰宅による交通集中で、17:00頃から渋滞が始まり、

この渋滞を抜けるのには通常の何倍もの時間がかかります。

例えば、通常15分で通過できるところも、1時間前後要することもあります。

その点、ターンパイクは渋滞がありませんので翌日から仕事で早く帰宅したい場合は

おすすめです。

Sponsored Link

 

下り坂はエンジンブレーキを!

先程もお伝えしましたが急勾配ですので、下りはスピードがのります。

エンジンブレーキを促す看板が立てられていることからも、

エンジンブレーキを使って慎重に下ることをおすすめします。

あまり良いお話ではありませんが、下り坂でスピードが乗ることに起因した事故を聞きます。

渋滞もなく空いていることから、ついついスピードが出てしまうかもしれませんが、

慎重に下ることを心がけ下さい。

 

スカイラウンジ

小田原料金所から登るとその先の頂上には2階建てになった『スカイラウンジ』という、

食事やカフェ・ソフトドリンクの飲食ができるところがります。

1Fは軽食があり、お土産コーナーもあります。

2Fはカフェ・ソフトドリンク(一定料金で飲み放題)の飲食ができます。

駐車場からは富士山絶景を眺めることができます。

スカイラウンジの2Fからも、富士山絶景を眺めることができます。

そして、男性用のトイレの個室には大きなガラス窓があり、富士山を眺めることができるようになっています。

 

スーパーカー、スポーツカー、名車などが多数来ます

フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーやポルシェ、

その他にもだわりのある車やバイクも多数来ます。

Sponsored Link

富士山 絶景ポイント

天候が良ければ富士山も見れます。

 

早川料金所

 

ターンパイクは有料道路です。

普通車は片道720円です。

料金は小田原側にある、ターンパイク早川料金所で支払います。

終点(大観山)には料金所はありません。

その為、反対側から入った車は、

最後に料金を支払います。

 

時間 5:30~22:30(最終入場は22:00)

最終入場は22:00ですが、22:30までに出ないといけないようです。

料金所と反対側(大観山)にはゲートがありますので、

おそらくこのゲートが22:30になると閉じられると思います。

このくらいの時間帯ですと箱根新道も渋滞はないと思うので、

わざわざターンパイクを走るメリットはないと思います。

関連記事>>>1周24kmのワインディング周回コース!?神奈川県

関連記事>>>【清澄養老ライン】千葉県道81号

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください