【本栖みち】甲州いろは坂 山梨県の峠・ワインディング

本栖みちは、別名『甲州いろは坂』とも言われている、

山梨県南巨摩郡にある国道300号線です。

全長は約11.0kmあり、峠道・ワインディングロードです。

『道の駅 しもべ』 → 本栖湖に向かって登坂を走りました。

Sponsored Link

 

地図

【Google mapより引用】


 

本栖みち《甲州いろは坂》

いきなり2連続の急勾配ヘアピンから始まります。

全体を通して、急勾配のヘアピンやカーブが多いですが、

タイトなカーブは少なく、見通しの悪いカーブなどがあった印象はありませんでした。

ヘアピンでシフトチェンジをして、ヘアピンを抜けるとカーブに併せてハンドル操作をして、

またヘアピンでシフトチェンジをして、という感じです。

ヘアピン以外は、それほどブレーキを踏んだりアクセルを踏んだりを

繰り返す走り方ではありませんでした。

 

ヘアピンでシフトチェンジ・ブレーキ・アクセル・ハンドル操作。

ヘアピンを抜けると、ほぼシフトチェンジは無く、軽くハンドル操作・アクセル操作です。

線形を見ると走りにくそうに思えますが、

普通のドライバーの方にも走りやすい峠道・ワインディングロードと言えそうです。

 

紅葉

9.0kmほど走ると右手に『南アルプス展望台』があります。

ここからは、良い景色が眺めることができると思います。

駐車場は5台~6台程の駐車スペースです。

紅葉の時期に行ったので、展望台の中には入ったものの、

駐車場には停めるとこができず、ドライブスルーになってしまいました。

ここからの景色を見ることができませんでしたが、

おそらく良い景色が眺めることができると思われます。

 

最後の「中之倉トンネル」を抜けると

終盤に『中之倉トンネル』という、峠の割りには広めのトンネルがあります。

このトンネルを抜けると本栖みちが終わります。

しかし、このトンネルを抜けた瞬間、目の前に、

壮大な富士山と本栖湖が現れます。

ものすごく感動します。

Sponsored Link

 

富士山絶景と本栖湖 千円紙幣の撮影場所

富士山絶景・本栖湖

綺麗な紅葉と壮大な富士山と本栖湖を眺めることができました。

ここからの眺めは歩道になりますが、

歩道も広く造ってあるのでゆっくりと眺めることができます。

写真を撮ったところの下(湖畔)ではキャンプをしている方もいらっしゃいました。

湖畔で富士山と静かな湖面を見ながらキャンプも良いと思います。

 

千円紙幣

実はここ、千円紙幣の撮影場所です。

 

 

 

駐車場・トイレ

駐車場は入口のところと、そこから200m先に進んだところにもあります。

併せて30台くらいは停めれたと思います。

トイレもあります。

 

 

まとめ

本栖みち(甲州いろは坂)は、峠道・ワインディングロードとはいえ、

非常に走りやすいです。

また、走っている時に運転席から見える景色も良いので、

あまり走るというよりも、景色も味わいながらのドライブもいいなと思いました。

紅葉の時期ということもあったかもしれませんが、

紅葉の時期以外の新緑の時期にも同じ感想を抱きそうです。

 

峠・ワインディングとしてつなまらないということはありませんので、

峠ドライブ目的で行く価値もあります。

峠ドライブが終わった後は、富士山・本栖湖もあります。

その先にある、本栖湖畔線(山梨県 県道709号線)をドライブするのもいいと思います。

 

関連記事>>>本栖湖畔線(山梨県 県道709号線)

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

リクエストがある方は、

《お問い合わせ・リクエストフォーム》からお願いします。

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください