宮ケ瀬から伊勢原へ向かう宮ケ瀬レイクライン(神奈川県道64号)

今回は、愛称:『宮ケ瀬レイクライン』の一部区間である、神奈川県道64号  伊勢原津久井線を紹介します。

神奈川の人気エリアの1つ 宮ケ瀬 鳥居原ふれあいの館の記事で紹介しました、神奈川県道60号・64号の境目にある、『尾崎』信号 → 『分かれ道』信号の区間、全長約6.1kmです。

Sponsored Link

地図

【Google mapより引用】

 「尾崎」信号 → 「分かれ道」』信号 県道64号

この道路は伊勢原市 → 宮ケ瀬湖方面に向かう(宮ケ瀬湖 → 伊勢原市)の道路で、峠道やワインディングロードではありませんので、ドライブを楽しむといった道ではなく、宮ケ瀬湖 ~ 伊勢原市を結ぶ普通の道路です。

神奈川県道64号は、宮ケ瀬湖畔を通るため『宮ケ瀬レイクライン』という愛称があります。

当記事でお伝えする区間は宮ケ瀬湖畔を通りませんが、県道64号は宮ケ瀬湖畔を通り相模原市緑区までを結んでいます。

宮ケ瀬湖畔区間については、神奈川の人気エリアの1つ 宮ケ瀬 鳥居原ふれあいの館を、お読みください。

今回は神奈川県道64号線をまだ走ったことがない方や、知りたい方の為に注意する点2つありますので、そちらについてお伝えいたします。

Sponsored Link

 

1つ目の幅員減少

【Google ストリートビューより引用】


尾崎信号から1km程先に、『幅員減少』の標識があります。

幅員減少していますが、すれ違いができない程の幅員ではありません (中央線は破線になっており2車線あります) ので、心配なく通行できます。

注意
幅員減少区間の進入時バンパーをガードレールに擦らないように注意です

2つ目の幅員減少

【Google ストリートビューより引用】

終盤にある『幅員減少』区間は、事前に案内標識ありません幅員は減少』しています。

距離は、200m~300mほどあります。

特に、カーブ区間を対向車とすれ違う時は、停止をしてすれ違いをする方が無難です。

 

直線区間では徐行ですれ違いできますが、不安と感じた場合は停止してすれ違うことが安全です。

 

また、この区間は制限速度は30km/hになっており、速度違反取締り強化をしています。

 

以上の2点が注意点になります。

おわりに

伊勢原方面 → 宮ケ瀬湖方面 ( 宮ケ瀬湖 → 伊勢原方面 )に向かう際に通行すると便利で交通量も少なく良いと感じました。

全体の8割ほどの区間は暗いため、走行時はお気をつけ下さい。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください