【箱根 七曲り】神奈川県の県道732号

“七曲り” 峠・ワインディングには大人気

峠道・ワインディングロードを走ることが好きなドライバーには、

人気の箱根エリアです。ドライバーに限らず、箱根は観光地としても人気エリアです。

今回は人気箱根エリアから、神奈川県足柄下郡箱根町にある、

【七曲り】を県道732号線と併せて紹介致します。

全長は7.3km程ですが、急勾配の連続ヘアピンでクネクネの道路です。

ヘアピンとヘアピンの直線も短めで忙しいですが、

その忙しさが楽しい峠道・ワインディングロードです。

Sponsored Link

 

地図

【Google mapより引用】

 

 

 

序盤

スタートからの850m区間(神社まで)

須雲川インターチェンジ(以下I.C.)からスタートして箱根神社・芦ノ湖方面に向かって進みます。

登坂になります。

須雲川I.C.から850m程進むと神社があります。

その神社を超えたところから本格的に始まります。

神社までは住宅のある道路を走ります。

その850m区間は1.5~1.8車線くらいで、

対向車が来た時は、どちらか止まらないとすれ違い(離合)ができないくらいの道路幅です。

 

神社を超えてからは2車線

神社を超えてからは2車線あります。

途中に200m程1.2車線区間がありますが、バスも通りますので、

普通の車ならすれ違い時は(離合)、どちらか一方が止まれば大丈夫です。

道路幅は1.2車線位ですが待避スペースはありますので心配はいりません。

 

良い雰囲気の峠道を緩やかなカーブと、そこそこの勾配のある登坂を走って行きます。

木の枝の隙間から差し込む日差しがとても良い雰囲気をかもし出します。

勿論、走りも楽しい、これから楽しくなる予感を漂わせます。

まだタイトなコーナはなく、そこそこの勾配のついた登坂を、

緩やかにハンドルを切りながら走る感じです。

Sponsored Link

 

中盤

箱根名物 七曲り

中盤にはメインの『七曲り』がやってきます。

勾配もさらにきつくなり、クネクネの急勾配が続きます。

急勾配の短い直線に連続するヘアピンです

シフトチェンジ、加・減速、ハンドル操作を繰り返します。

センターラインには通称『キャッツアイ』や『センターポール』があります。

『ローリング禁止』の看板もあります。

 

 

終盤

『七曲り』が終わっても急勾配は続きます。

直線に近い道に少しカーブが加わった峠道が続き、

その後にもう一度、『急勾配のヘアピン』がきます。

 

そこを抜けると右手には

『甘酒茶屋』が見えてきます。

『甘酒茶屋』については後ほど超簡単に紹介します。

甘酒茶屋を過ぎても急勾配とヘアピン・連続カーブが少し続きます。

最後のカーブを抜けると勾配も無くなり平坦になります。

畑宿入口 旧1号線の東海道に出て終了です。

左に行くと、元箱根・芦ノ湖方面です。

右に行くと、宮ノ下方面です。

Sponsored Link

 

注意点

ロードレーサー(自転車)

ロードレーサー(自転車)の方が結構いるので、追い抜く時は注意です。

急勾配の登坂の為、自転車の方もいつも以上にスピードが出ていません。

車体も安定しない為ふらつきやすくもなります。

そんな中、追い抜こうとしてもセンターラインには

キャッツアイやセンターポールがあったり、

すぐ先にはヘアピンがあり対向車の確認が困難です。

そして自転車の方がいつも以上にスピードが出ていないので追突にも注意です。

自転車の追い越しの時には、いつも以上に慎重に行った方がいいです。

 

バス

バスも走ります。停留所でバスが停車中に無理に追い越すよりは、

バスに譲るくらいで、バスの後ろで同じ様に停車して待つのも良いと思います。

もちろん、見通しが良く対向車が来なければ追い越しますが、

状況から難しい時は無理をしない事をおすすめします。

Sponsored Link

甘酒茶屋は、甘酒が飲めます。

しかし、アルコールは含まれていなくドライバー方が飲んでも運転でき飲酒運転にはならないそうです。

甘酒以外にもあります。呼称がわからないのですが和菓子のようなスイーツのような、

上品そうな高級そうな箱根らしいものがあります。

店内も雰囲気がいいです。

少し薄暗い感じテーブルや椅子が良い感じです。

夏場は外にあるテーブルや椅子でかき氷が食べれます。

自転車の方など休憩しているところもよく見ます。

メニューなどの詳細は甘酒茶屋のホームページでご確認ください。

甘酒についても詳しく載っています。

 

駐車場 低車高は注意

駐車場はありますが、いつもいっぱいで運が悪いと入れないこともあります。

もう一つの注意点は、駐車場の入口が坂になっており、

車高の低い車はきつそうです。

国産車で純正の車高なら大丈夫だと思いますが、

自分で車高を下げたりしている方は厳しいと思います。

 

 

まとめ

七曲りは楽しい道です。

急勾配でクネクネしていますので、

峠道・ワインディングロードが好きなあなたには、楽しめます。

周辺の雰囲気とかも良いですし、「峠を走りに来た」という気分にもなります。

箱根は七曲り・県道732号線に限らず、

走って楽しい峠道・ワインディングロードが沢山あります。

自動車・バイクの交通量は比較的少ないと思います。

やはり、箱根新道(1号線)や観光の方は旧1号線の東海道の方をよく通ります。

旧1号線の東海道は旅館やお店が沢山ありますので、自然とそちらに車が集中してしまいます。

 

今回もありがとうございました。

Sponsored Link

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください