【足柄峠】 静岡県と神奈川県の峠道・ワインディングロード

足柄峠は静岡県(県道365号線)と神奈川県側(県道78号線)の2つの県をまたぐ、

全長約14kmの峠道・ワインディングロードです。

静岡県側(県道365号線)と神奈川県側(県道78号線)の

ドライビングフィールは違いがあります。

Sponsored Link

 

地図

【Google mapより引用】

神奈川県側(県道78号線)

Sponsored Link

 

序盤

神奈川県側(県道78号線)の道路は、序盤は国道と思わせるしっかりした2車線道路です。

適度なカーブ勾配からなる道路は、交通量・信号は少なく、ある程度のスピードで走ると

気持ちが良い流すドライブが楽しめます。

『箱根新道 中・高速型ワインディング』を思い起こさせる、

峠道・ワインディングロードです。

 

 

中盤

中盤に差し掛かると序盤と線形が変わります。

急勾配クネクネが峠の頂上付近まで続きます

結構勾配があるので、アクセルも踏み込めると思います。

クネクネもあり、ヘアピンに近いコーナーもあり、

区間は短いかもしれませんが、ここまで来た甲斐がある

ドライブが楽しめると思います。

ブラックマークもあることから、

走ると楽しい峠道・ワインディングロードと言えそうです。

静岡県側(県道365号線) 金太郎富士見ライン

終盤

終盤は下り坂になり、

『金太郎富士見ライン』という名称の道路です。

1ヶ所か2ヶ所ほど、急勾配+ヘアピンのようなところがありますが、

それ以外は、勾配はあるものの、ほぼ直線緩やかなカーブ

残念ながら、特に楽しい区間・箇所はありませんでした。

誓いの丘 昼は富士山

金太郎富士見ラインを下って行くと(3分程)、

『誓いの丘』という広場が見えてきます。

天候に恵まれると『富士山』が見れます。

 

誓いの丘 夜は夜景

夜は夜景が綺麗に見えます。

街灯などは一切無いので暗いです。

 

車高の低い車は注意

誓いの丘の入口は傾斜になっておりますので、車高の低い車はお気をつけ下さい。

 

走った感想

コーナーの数が多いという印象はありませんでした。

それよりも、急勾配『イメージで近いのは箱根』と感じる区間がありました。

全長は約14kmと峠ドライブとしては充分な距離ですが、

実際にドライブを楽しいと感じる区間神奈川県側(県道78号線)のみになるかもしれません。

それでも走ってみる価値のある峠・ワインディング(ドライブコース)です。

 

渋滞回避ルートとして

足柄峠は渋滞回避に使えます。

御殿場IC(インターチェンジ)から東名高速 上り線を利用する場合に、

既に御殿場ICから渋滞している時や、そのすぐ先で渋滞している時は、

東名高速に乗らずに、渋滞回避ルートを使うことをおすすめします。

詳しくはこちらの記事で書いています。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

関連記事>>>渋滞回避ルート 御殿場ICからの東名高速(上り線)

Sponsored Link

 

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください