富山~東京・横浜間おすすめルートは4つのメリット

【富山 ~ 東京・横浜間】のおすすめルートを紹介します。

【富山 ~ 東京・横浜間】は、

『富山市~松本ICまでのおすすめルートは5つのメリット』

付随したルートになり、走行した際のメリット大きくなりますので、

是非、ご活用下さい。

Sponsored Link

おすすめルートと4つのメリット

一般的な【富山~東京・横浜間】のルートは、所要時間が短い順に

  1. 【北陸自動車道 ~ 上信越自動車道 ~ 関越自動車道】
  2. 【北陸自動車道 ~ 関越自動車道】
  3. 【北陸自動車道 ~ 上信越自動車道 ~ 長野自動車道 ~ 中央自動車道】

上記3つが代表的なルートで、高速道路(自動車道)を2つ ~ 4つ使用します。


富山 ~ 東京・横浜のおすすめルート

【富山 ~ 松本IC 間】のルートは、

『富山市~松本ICまでのおすすめルートは5つのメリット』を使います。

松本ICからは、【長野自動車道 東京方面】を利用します。

岡谷JCT(ジャンクション)にて【中央道 東京方面】に入り、【東京・横浜】へ向かいます。

このルートを利用するとメリット大きおすすめです。

Sponsored Link

片道だけで大きな4つのメリット

  1. 通行料金(高速料金)を約2200円節約できる(東京・横浜ともに)
  2. ガソリン代約3000円節約できる(マイカーをもとに計算)
  3. 走行距離100km短縮できる。東京の場合は70km短縮できる。
  4. 断続渋滞が起こる上越JCT(ジャンクション)を通らなくて良い。

 

【A について】

通行料金(高速料金)は東京・横浜ともに約2200円節約になります。

 

【B について】

ガソリン代を約3000円節約できます(マイカーをもとに計算)

 

【C について】

走行距離は横浜からの場合、約98kmも短縮できます。

東京からの場合は71km短縮できます。

  おすすめルート 高速道路 利用ルート
東京 361km 432km 71km
横浜  368km 466km 98km

 

【D について】

高速道路を利用したルートは北陸自動車道 上越JCT(ジャンクション)前後で

断続渋滞にあいます。上越JCT前後の断続渋滞は大型連休時によく見られ、

本当になかなか動かない渋滞です。

大型連休時に新島々駅(R158)~松本ICでは

たまに少しの渋滞はありますが、激しい渋滞はありません

 

 

片道約5200円節約、走行距離は横浜の場合は約98km少ないので

その分の疲労少ないです。

金額の面では往復すると1万円超える差があります

Sponsored Link

デメリット

  1. 冬季積雪・凍結。場合によっては豪雪
  2. 雨量規制がある
  3. 所要時間については東京では30分、横浜では20分遅れがあります。

 

【a について】

そのままですが、冬季は積雪凍結があります。豪雪地帯を通りますので、

タイヤチェーンスタッドレスタイヤ必須です。

雪道走ったことがないドライバーや雪道走り慣れていないドライバーは

いくらタイヤチェーンスタッドレスタイヤ装着していても避けるべきです

 

 

【b について】

雨量規制があります。

紹介したおすすめルート区間が豪雨に見舞われる時は、

周辺もそれなりに降水量が多いと思われます。

その様な天候時は、車での外出自体を控えると思いますので、

あまりデメリットに含まれそうには感じません。

 

【C について】

所要時間については東京では30分、横浜では20分遅れがあります。

 

デメリットは実質 a 、c の2つです。

 

地図

【Google mapより引用】

 

 

おわりに

片道 20分 ~ 30分多く時間がかかるだけで5000円往復1万円節約です。

移動距離は片道約98km。往復で約196kmです。ほぼ200km少ないです。

もちろん疲労少ないです。

1万円節約ができて運転する距離200km少なければ、

今回紹介したおすすめルートを使ったほうが良いと思います。

冬季以外は使用しない理由が見当たらないくらいに思います。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください