快走路な中速型セミ・ワインディング【国道471号】岐阜県

はじめに

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯 ~ 岐阜県飛騨市までの約35.5kmを紹介します。

信号ほとんどなく流すセミ・ワインディングロードのドライブコースです。

 

国道471号はもう1ヶ所(紹介するR471よりも西側)ありますが、そちらの国道471号は【酷道】で、酷道の中の酷道といった道です。今回は普通の国道です。

Sponsored Link

 

 

平湯IC ~ 船津北

2区間に別けて紹介します。

  1. 平湯IC ~ 栃尾 丁字路 (10km)
  2. 栃尾 丁字路 ~ 船津北 丁字路 (25.5km)

 

 

平湯IC ~ 栃尾 丁字路 (10km)

【Google mapより引用】

 

平湯IC(平湯IC口 交差点) ~ 栃尾 丁字路 (岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾)

までの10kmです。

Sponsored Link

 

安房峠トンネルを通過し平湯ICを出た先にある『平湯IC口』の交差点を直進します。

『平湯IC口』の交差点を右折しても数キロメートル先で同じ道路に合流しますが、右折した道路は温泉街で観光客(歩行者)が多いく狭いことと、車道と歩道の分離もされていないこと、そして一番気をつけなければいけないことは、途中ある分岐の進路を間違った場合は、酷道(酷道)である『安房峠』に行ってしまうこと。そして、それはせっかく安房峠トンネルを通ってきたのに、通ってきた進路と反対方向に進むことになり、なに一つメリットがないため、直進することをおすすめします。

 

平湯IC口交差点を直進し、後は栃尾丁字路の信号までを道なりに進むだけです。

この区間の10kmは下り急勾配になっています。

線形はブラインドコーナーやタイトコーナのところもありますが、

それほど気にするほどでもありません。幅員も完全2車線で普通です。

 

カーナビを設定している場合は4.5km程先(くま牧場付近)で左折の案内がでるかもしれませんが、気にせずに進んでください。おそらくその案内は、新平湯温泉街への案内と思われます。距離は少し短いですが、徐行運転になるので時間がかかり、さらには再び国道471号(R471)に合流する際に時間がかかってしまい、結果として遅くなります。
 

Sponsored Link

 
 

【栃尾 】丁字路手前

【Google ストリートビューより引用】

『平湯IC口』から約10.0km先の ”赤い橋” の先に栃尾』信号がありますので、

左折します。

 

【Google mapより引用】

 

 

Sponsored Link

栃尾 丁字路 ~ 船津北 丁字路 (25.5km)

栃尾 丁字路の信号を左折して船津北 丁字路までの25.5kmです。

この約25km区間信号無し快適セミ・ワインディングロードです。

 

【Google mapより引用】

 

 

食事・軽食やトイレは、1.5km先『道の駅 奥飛騨温泉郷上宝』がありますので、こちらをご利用できます。
 
 
 
 
 
さらに『道の駅 奥飛騨温泉郷上宝』から8.0km先(栃尾丁字路から9.5km先)にもトイレがあります。この先、約15kmトイレ、コンビニ、軽食を取れるところはありません。ご注意ください。

最初の8.0km

栃尾の丁字路から最初の8.0kmは、緩やかな下り坂緩やかなカーブが続き、たまに直線がある、ワインディングです。見通しも良いので適度スピードで走ると気落ちが良いです。

 

8.0km地点から先はもっと楽しく

8.0km地点から先は、さらに運転が楽しくなる線形をしています。

勾配は引き続き緩やかな下り坂です。

緩やかなコーナーが続く区間もあれば、ブラインドコーナーが連続する区間もあります。

この両方区間繰り返す道で、1度で2パターンを楽しめます。

同じ性格を持った道を走り続けるわけではありませんので、

集中モード、少し流すモードとドライビングにもメリハリの効いた線形です。

クネクネした峠道ではありませんので、それなりのスピードと

適度なハンドリングでドライブを楽しめます。

幅員は広くも狭くも無い、適度な緊張感を持つ完全2車線道路です。

ブラインドコーナーの緊張感も併せドライブ中は良い緊張感を保てます。

『道の駅 スカイドーム神岡』までの約24kmはこのような線形が続き、

気持ちの良い楽しいドライブができます。

Sponsored Link

 

ノーベル賞 スカイドーム神岡

栃尾丁字路から約24km進むとノーベル賞にまつわる『道の駅 スカイドーム神岡』があります。お食事、トレイ、お土産品があります。
 
『スカイドーム 神岡』から約1.8km先の『船津北』丁字路を右折(富山方面)して国道41号に入りますが、その場合は約24kmトイレありませんので、富山方面へ向かわれる方はご注意ください。
 

【Google ストリートビューより引用】

 

『道の駅 スカイドーム神岡』を通過すると『船津北』丁字路までは1.8km程です。

船津北までは完全2車線の普通の道になりますが、幅員少し狭い区間が300m程あります。

特に対向から大型車が来る際は少し注意してください。

Google ストリートビューよりご確認ください。

(直線区間ではあるもののセンターラインはオレンジです)

【Google ストリートビューより引用】

Google ストリートビューの左前方に見えている、

青い橋を渡り終えたところが『船津北』丁字路です。

 

 

【Google ストリートビューより引用】

 

 

 

全区間の地図

【Google mapより引用】

走ってみた感想

平湯ICから栃尾までの10km区間は、線形は悪くは無いんですが、

どちらかというと下り急勾配に気をつけながらのドライブになります。

加えて民家がある箇所を通りますので、たまに歩行者や観光客もいます。

 

栃尾から船津北までの残りの区間(25.5km)は、

これは楽しいドライブになります。

走るなら観光シーズン紅葉シーズン大型連休の時期避けた方が良さそうです。

渋滞になるようなことはありませんが、あまり快適に走るペースではないことが

多々あります。そうなると、ただ山道を走っているだけになってしまいますので、

時期や時間帯をずらして走るといいと思います。

ちなみに、夜・深夜は街灯がないため真っ暗ですが、車はほどんと走っていませんので、

体調が良ければ深夜に走るのもいいと思います。

(タイミング悪く、大型車の後ろについてしまうこともあります。)

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください