東京湾一望は24時間見所いっぱい【富津岬】千葉県

富津岬(ふっつみさき)

富津岬(千葉県富津市) 。”富津” と書いて “ふっつ” と言います。

富津岬は東京湾に突出する約5kmの砂浜で形成された砂州(さす)の岬です。

見た目は鶴のくちばしのように突き出た形をしています。

一番目立つ展望塔は美しいデザインで訪れた人を魅了します。

その美しい展望塔は五葉松からデザイン(環境デザイナー:池原謙一郎氏)され、

正式名称『明治百年記念展望塔』と言います。

Sponsored Link

のぼってみればわかる 東京湾一望の景色

展望塔からは東京都心東京スカイツリー東京湾アクアライン海ほたる

西の方に目を向けると神奈川県横浜市のランドマークタワー横須賀の街並み、

10kmほど先の三浦半島観音崎まで見渡せ東京湾一望できます。

とても綺麗景色望めます。

空気が澄んだ日には、遠く富士山を望むこともでき、夕暮れには撮影待ちの方までいます。

長居しても飽きないほどの、綺麗景色を眺めることができます。

 

 

 

日没スポットの1つ

オレンジ色にキラキラと揺らぐ海面に、

ゆっくりと沈んでいく夕日はとても綺麗です。

カメラを手にこの時を待って構えている人も。

 

 

ゆったり・まったりと夜景

夜景も楽しめる富津岬。

駐車場は車を海に向けて駐車ができるので、

車内からシートに座ったまま夜景眺めることができます。

東京都心の方向に目を向けると、

東京スカイツリー東京タワー東京ゲートブリッジ、羽田に向かう飛行機まで見る

ことがで、左に目を向ければ横浜みなとみらい21ランドマークタワー

首都高速湾岸線横浜ベイブリッジ、右はプライント夜景を見れます。

Sponsored Link

駐車場

富津岬の先端には駐車場があります。

 

 

アクセスは車がおすすめ

【館山自動車道】木更津南IC から国道16号(R16)経由で約20分。

 

バス

バスはあまり本数がないとのことで、

事前に帰りの時刻表を確認して行くことをおすすめします。

JR青堀駅】または【JR木更津駅 西口】より

【路線バス 富津公園行き】(日東交通)に乗車し、

富津公園】で下車します。

 

 

周辺施設

富津ジャンボプール(夏期のみ)

潮干狩り場

地引網・簀立て(すだて)遊び(富津海岸)

 

 

 

【地図&住所】

【Google mapより引用】  千葉県富津市富津2280

 

 

行ってみた感想

展望塔一番上から眺める景色はすごく綺麗でした。

展望塔下では風がなくても、上ると風は多少あります。

景色は良いです。そんなに先まで見えるのかと驚きました。

展望塔の上には景色に関する解説が少々ありました。

展望塔上のスペースは大人7人~8人くらいです。

 

 

豆知識

富津岬はどうやってできたのか?

富津岬は特徴的な形をしており、なんでこんな形になったのかと思う方もいらっしゃると

思います。

大まかに言うと、川の沿岸流と東京湾の潮の流れによって砂が少しずつ堆積し、

それが細長い形(富津岬)となりました。

 

展望塔と五葉松

五葉松をデザインに取り入れた展望台は明治元年から節目の100年目にあたる

1971年(昭和46年)に造られました。

その後2004年と2016年12月~2017年3月に補修工事が行われ、

現在は美しい姿を保っています。

 

富津岬の先にある2つの島

富津岬の先には2つの島があります(展望塔からも見ることができます)。

この島は実は人工島です。

この島は戦争の時に造られた島で、敵からの侵入を防ぐ(東京湾)ために造られた島です。

(展望塔の近くに解説した看板もありました)

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください