【熱海ビーチライン】ゆったりとドライブする海岸線 静岡県

はじめに

今回のおすすめは、熱海ビーチライン(正式名称:熱海海岸自動車道)です。

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は、

静岡県熱海市泉~静岡県熱海市東海岸町(お宮の松付近)の全長約:7.0kmです。

Sponsored Link

 

熱海ビーチライン(正式名称:熱海海岸自動車道)

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は海岸線をドライブするコースです。

750m北に離れた『真鶴道路(真鶴ブルーライン)』も同様に

海岸線を走りますが、

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は、

海岸線ギリギリを走るので良く見えます。

そして、トンネルありませんので

最初から最後まで眺めることができます。

海が良く見えとても気持ちのいい海岸線ドライブ

楽しむことができます。

走りやすさの点においても、並走する国道135号(R135)に比べ格段に違います。

平坦緩やかな線形ドライブコースになっています。

ゆったり綺麗な海眺めながらのドライブをおすすめします。

 

 

 

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は有料道ですが、

お金を払ってでも走る価値はあります。

普通車:300円
料金所は、ETCには対応していません。
 
歩行者や125cc以下の自動二輪は通行禁止です。

 

 

Sponsored Link

地図

【Google mapより引用】

北上ルートの場合は一部無料区間がある

お宮の松がある熱海サンビーチ側から入った場合、

1.8km先にある『伊豆山港 出口』を出ると料金は無料になります。

 

熱海サンビーチ側には料金所はありますが、

上下線ともドライブスルーで、ここでは料金を徴収しません。

料金は6.0km先の最後の出口に当たる『門川料金所』で支払います。

しかし、前述の1.8km先にある『伊豆山港』出口は料金所自体ありません

出口のみ設けてあります。

熱海サンビーチ側からは、入口料金所では料金徴収無し

1.8km先の『伊豆山港』出口は、料金所自体無い

結果、無料で通行可

 

反対ルート(南下ルート)の場合は、門川料金所で先に料金を支払うため

無料にはなりません

 

無料区間(熱海サンビーチ → 伊豆山港出口)の地図はこちら

【Google mapより引用】

おわりに

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は有料道路だけあって費用対効果はあります。

海岸線ドライブを目的でしたら、是非、走ってみることをおすすめします。

ただ、荒れた天気の時は波が打ちよせる為か、通行止めになることがあるそうです。

事前情報をご確認の上、向かうようにしてください。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください