煽り運転の罰則強化はいつから?該当する違反と対策についても

煽り運転

煽り運転をした場合は、どのような『罰則』が科せられるのでしょうか。

2017年12月と2018年1月、警視庁が煽り運転に対する罰則を強化しましたが、その内容とはどのようなもので、煽り運転の対策にはどんなことがあるのでしょうか。

今回は、煽り運転の罰則や対策についてお話していきます。

Sponsored Link

警察の罰則強化とは

警視庁は2017年12月、煽り運転により事故に至らなくても『免許停止』などの処分を行う旨を全国の警察に通達しました。

免許停止になると30日間~180日間、車を運転することができません。

さらに、2018年1月17日に警視庁から煽り運転の罰則強化の発表がありました。

煽り運転により事故や死傷に繋がると、『危険運転致死傷罪(妨害目的運転)』や刑法の暴行罪が適用され、欠格期間を含めた免許取消になることがあります。

車間距離をつめる行為は、『道路交通法26条』に抵触し以下の罰則が科せられます。

  一般道 高速道路
懲役 3ヶ月以下
罰金 ¥50,000円以下 ¥50,000円以下
反則金 ¥6,000 ¥10,000
¥8,000 ¥15,000
¥10,000 ¥20,000
基礎点数 1点加算 2点加算

煽り運転は道路交通法違反

Sponsored Link

煽り運転とは、走行中に直前を走る車へ車間距離をつめて威嚇嫌がらせをする、悪質な危険行為です。

なお、後ろからの嫌がらせ・威嚇行為のみならず、前方横からの威嚇行為『煽り運転』に含まれます。

嫌がらせや威嚇をされた車は、自車の後方から煽られたように受けるため、『煽り運転』と呼ばれます。

煽られた車のドライバーは精神的に不安になり安全運転障をきたすため、煽り運転は道路交通法違反になります。

以下の違反に該当します。

・車間距離保持義務違反

・進路変更禁止違反

・急ブレーキ禁止違反等

煽り運転

煽り運転にはいくつかありますので挙げてみます。

・車間距離をつめる
・ハイビームやパッシング
・クラクション
・無理な車線変更からの割り込み後に急ブレーキ。
・幅寄せ
・言葉による暴言や罵声

これらは、偶然起きたものではなく故意で行う威嚇嫌がらせ行為であり、同時に危険運転に該当します。

警察の取り締まり

警察は積極的に交通指導を取り締まっています。

2018年3月には静岡県警が新東名高速の取締りをリコプターにて上空から取り締まりを行いました。

この取締りでは、速度超過や通行帯違反などを検挙し、同年5月のゴールデンウィークにも実施されました。

煽り運転にあった時の対策

自分が煽り運転にあった場合には、どのように対策をすれば良いでしょうか。

道を譲る

自分が運転する車が煽り運転にあっていると感じたら、道を譲ってあげましょう。

譲ってあげると、さっと追い越して行きます。

無視・相手にしない

どれだけ煽られても無視相手にしないことです。

勿論、その場合はこちらも道路交通法を厳守した上でのことです。

相手にすると余計に反応しますので無視しましょう。

高速道路ならSA・PAに入る

なるべく平常心を保ち最寄のSAやPAに入り、必要があれば110番通報をしましょう。

仕返しや報復はNG

煽り運転を受けても、決して道路上に停止をしたり、仕返し報復行為をしないようにしましょう。

煽り運転をしてくる車から逃げようと、速度を上げることも事故に繋がりますので控えましょう。

もし、同乗者がいる場合は、110番通報をしてもらい、煽り運転をした車のナンバーを控え、スマートフォンなどで動画撮影も有効に活用しましょう。

まとめ

1:煽り運転の罰則強化は2017年12月2018年1月の2回実施されました。

2:煽り運転は『道路交通法違反』『危険運転致死傷罪(妨害目的運転)』、『暴行罪』に該当し、『免許停止』『免許取消』になることがあります。

3:煽り運転を受けても無視し続け、仕返し報復をしてはいけません。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする