グロージャンとガスリーがF1で接触事故!トロロッソ・ホンダの順位は?

F1

F1スペイングランプリ(スペインGP)で、ハースのドライバー、”ロマン・グロージャン”が再び他のドライバーを巻き込む接触を起こしました。

グロージャン・ミサイルと言われるほど、他のドライバーに追突する接触を、度々起こすグロージャンとは、どんな経歴のあるドライバーでしょうか。

今回は、ロマン・グロージャンについてお話してみようと思います。

Sponsored Link

 

ロマン・グロージャン

ロマン・グロージャン(以下、グロージャン)は、フランススイス二重国籍を持つ現在32歳の3児のF1ドライバーです。

 

2009年

2009年がF1デビューの年で、ヨーロッパGP(グランプリ)からデビューしました。しかし、このデビュー戦でルカ・バドエル接触を起こしてしまいます。

この年は他にも、ジェンソン・バトンとも接触を起こし、イタリアGPでは単独(自滅)も起こしています。

 

2010年

2010年はチームに所属していませんでした。

 

2011年

王者 チャンピオン

2011年はロータス・ルノーのテストドライバーに就任していましたが、レースには出場していませんでした。

しかし、F1直下のカテゴリーGP2の”DAMS”チームに所属し年間王者に輝きました。

 

2012年

2012年は、再びロータス・ルノーに所属しF1ドライバーとなりました。

パートナーは現在フェラーリのキミ・ライコネンでした。

開幕戦からの数戦は、予選3番手や決勝レースでは表彰台やポイント獲得、ファーステストラップを記録するなど元GP2王者だけあって、速さを持ったドライバーを実証しました。

しかし、その後に大きな多重接触を起こし、1レースの出場停止罰金が科せられ、その後のレースにおいてもペナルティーを受けることがあり、他のドライバーから批判を受けるようになりました。

 

2012年に起こした接触は、

・第1戦 :パストール・マルドナルド
・第2戦 :ミハエル・シューマッハ
・第5戦 :セルジオ・ペレス
・第6戦 :モナコGPで再びミハエル・シューマッハ
・第9戦 :ポール・ディ・レスタ
・第10戦:フェリペ・マッサとブルーノ・セナ
・第11戦:キミ・ライコネン
・第12戦:ルイス・ハミルトン
・第15戦:マーク・ウェバー

 

10度の接触と1度の単独(自滅)、合計11度起こしています。

ここまで、通産20戦のうち11戦レース1周目に接触あるいは単独(自滅)を引き起こしています。

この辺りから、他のドライバーからは、『問題児』など様々なキャッチフレーズがつけられました。

 

2013年

2013年は、前半戦はタイヤの使い方に苦しみましたが、後半は速さを見せつけました。

この年から、接触が原因で他のドライバーとの距離が出来始めました。

この年も、モナコGPでダニエル・リチャルド追突を起こしました。

 

2014年

2014年は、最高順位が8位と成績が振るいませんでした。

パートナーはパストール・マルドナルドになり、以前に他車と接触を繰り返したことで ”2大問題児コンビ” として話題になりました。

 

2015年

Sponsored Link

2015年は、3位が1度あり、翌年から新チームのハースへ移籍することが決まりました。

 

2016年

2016年は、開幕戦6位、第2戦は5位と出だしは好調でした。

その後は良い成績が残せませんでしたが、チームには貢献をしました。

 

2017年

2017年は、好調と不調がハッキリわかるシーズンでした。

 

2018年

2018年は、先に行われたアゼルバイジャンGPルーキーでもしなミスと言われる単独(自滅)を起こし、今回のスペインGPで合計3台が絡む接触を起こしました。

その相手は、日本のホンダエンジンを搭載する、トロロッソ・ホンダのガスリーとの接触でした。

なお、この件でグロージャンは次戦モナコGPで3グリッド降格およびペナルティポイント2が加算されました。

 

スペインGPのトロロッソホンダの成績

Sponsored Link

 

ガスリーは残念ながらリタイヤとなりましたが、もう一人のトロロッソ・ホンダのドライバーである、ハートレーがポイント圏外ではありますが12位という結果を残しました。

チームのポイントランキングは10チーム中8位と前回の順位から変動はありませんでした。

 

スペイングGP終了後のランキング

ドライバーランキング

【スペインGP終了時:ドライバーランキング】

順位 ドライバー ポイント数 1戦 2戦 3戦 4戦 5戦
1 ハミルトン 95 18 15 12 25 25
2 ベッテル 78 25 25 4 12 12
3 ボッタス 58 4 18 18 0 18
4 ライコネン 48 15 0 15 18 0
5 リカルド 47 12 0 25 0 10
6 フェルスタッペン 33 8 0 10 0 15
7 アロンソ 32 10 6 6 6 4
8 ヒュルケンベルグ 22 6 8 8 0 0
9 サインツ 19 1 0 2 10 6
10 マグヌッセン 19 0 10 1 0 8
11 ペレス 17 0 0 0 15 2
12 ガスリー 12 0 12 0 0 0
13 ルクレール 9 0 0 0 8 1
14 バンドーン 8 2 4 0 2 0
15 ストロール 4 0 0 0 4 0
16 エリクソン 2 0 2 0 0 0
17 オコン 1 0 1 0 0 0
18 ハートレー 1 0 0 0 1 0
19 シロトキン 0 0 0 0 0 0
20 グロージャン 0 0 0 0 0 0

 

 

コンストラクターズランキング

【スペインGP終了時:コンストラクターズランキング】

順位 ドライバー ポイント数 1戦 2戦 3戦 4戦 5戦
1 メルセデスAMG 153 22 33 30 25 43
2 フェラーリ 126 40 25 19 30 12
3 レッドブル 80 20 0 35 0 25
4 ルノー 41 7 8 10 10 6
5 マクラーレン 40 12 10 6 8 4
6 ハース 19 0 10 1 0 8
7 フォース・インディア 18 0 1 0 15 2
8 トロロッソ・ホンダ 13 0 12 0 1 0
9 ザウバー 11 0 2 0 8 1
10 ウイリアムズ 4 0 0 0 4 0

 

 

まとめ

1:ロマン・グロージャンは、他車を巻き込む接触多い

 

2:スペイングランプリのトロロッソ・ホンダの結果はハートレー12位でした。

 

3:チームのポイントランキングは、10チーム中8位と前回と変わらずでした。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

関連記事>>>スーパーフォーミュラとF1の違いは?ラップタイム・レースのタイム差はゼロ?

Sponsored Link

 

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください