スノーシェッド(覆道)とは

スノーシェッド

スノーシェッドは覆道(ふくどう)とも言います。

スノーシェッドは山間部で目にする機会が多く、

トンネルに似た形状で、道路鉄道積雪雪崩(なだれ)から防護する目的で造られた

防雪施設です。

雪崩が起きても、覆い(スノーシェッド)の下の道路には

被害及ばないようになっています。

北海道や東北や北陸地方など雪国に多くみられ、安全性は抜群です。

Sponsored Link

 

トンネルとの違い

断面形状は長方形になっています。

トンネルと違いスノーシェッドの上には土などはありません。

トンネルの場合は山を掘って造るため、完成後はトンネルの回りや上は

山の土や岩がありますが、スノーシェッドの場合は雪崩などから

守る目的(覆う目的)で造られた為、

スノーシェッドの上には何も無いのが通常の見え方です。

道路用の場合は『洞門』(どうもん)と呼ばれることが多いです。

ちなみに、『シェッド』とは防護とか覆うという意味です。

防護や覆うという意味ですので、岩石から道路や鉄道を守るものは、

『ロックシェッド』土砂の崩落や土石流から守るものを『アースシェッド』と呼びます。

 

衝撃荷重から耐える高強度

スノーシェッドは雪崩や岩石などの ”衝撃荷重” から守るために

相当強度で造られています。

受けた衝撃荷重吸収逃がす構造になっています。

スノーシェッドのおかげで、雪崩土砂による道路寸断事故防ぐことができます。

雪国にはなくてはならない存在です。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.