車のマフラーから出る白煙と臭いの原因は?修理代はいくらかかるの?

白煙

車のマフラーから白煙が出ていると『車の調子が悪い?』『車のどこが調子悪いの?』と不安になると思います。

さらに白煙に臭いがあると、なおのこと心配になります。

当記事では、マフラーから白煙や臭いが出る原因と、その修理代についてお伝えします。

トラブルを未然に防ぐことで、不安のないカーライフを過ごす事ができます。

Sponsored Link

 

車のマフラーから出る白煙と臭いの原因

マフラー

マフラーから白煙と臭いが出る原因は、『エンジンオイル』燃焼している為です。

通常はエンジンオイルが燃焼することはありません。(エンジン設計時からわかりきっている、やむを得ない微量のエンジンオイルは燃焼します)

エンジンオイルが大量に燃焼しているということは、燃焼室に本来は入るはずが無いエンジンオイルが入り混合気と共に燃焼しているためです。

エンジンオイルが燃焼室に浸入した原因は?

エンジンオイルが燃焼室に浸入した原因は次のことがあげられます。

エンジンオイルが燃焼室に浸入した原因

  • オイル上がり
  • オイル下がり

オイル上がりとは?原因は?

オイル上がり

潤滑・冷却・洗浄・防錆・吸収を備えたエンジンオイルは、エンジンが始動するとクランクやピストンリングにより掻き上げられます。

掻き上げられたエンジンオイルはピストン下降時(爆発・膨張時)に、ピストンリングにより掻き落とされます。

ピストンリングが破損したり、シリンダ内壁方向に広がる力が弱くエンジンオイルを掻き落とす機能が衰えると、シリンダ内壁に大量のエンジンオイルが残ります。

残されたエンジンオイルは燃焼室で混合気と共に燃焼しマフラーから外気へ白煙をまじえ排気されます。

エンジンオイルの流れる向きが、下から上へ流れる現象から『オイル上がり』と呼びます。

エンジンブレーキはさらにオイル上がりを加速させる

ピストンリングが磨耗や破損をしている状態で、エンジンブレーキをかけると更にオイル上がりが起きやすくなります。

エンジンブレーキをかけると燃焼室は高い負圧となり、エンジンオイルは燃焼室吸い上げられます。

ピストンリングが正常であればエンジンブレーキをかけてもオイル上がりは起きることはありません。

吸い上げられたエンジンオイルはピストンリングにより掻き落とされ、正常にピストン運動を繰り返し何の問題もありません。

しかし、ピストンリングの磨耗破損している場合は、吸い上げられるエンジンオイル量が多く、さらに吸い上げられたエンジンオイルを充分に掻き落とすことができず、燃焼室に大量のエンジンオイルが残されます。

ピストンリングが磨耗する原因は?

ピストン

オイル上がりの原因はピストンリングの磨耗や損傷ですが根本的な原因は他にあります。

エンジンブレーキの負圧により吸い上げられようとしても、ピストンリングが磨耗していなければオイル上がりは起こりません。

ピストンリングが磨耗した原因は、エンジンオイル交換を怠ったためです。

エンジンオイルは一定期間の交換、一定距離での交換が定められています。

交換の時期を過ぎても使い続けたエンジンオイルでは汚れが酷く、潤滑・冷却・洗浄・防錆・吸収の5つの機能を発揮することができずピストンリングの磨耗を早めます。

エンジンオイルの交換 (目安)

  • 交換期間 :6ヶ月
  • 交換の距離:5,000km

Sponsored Link

オイル下がりとは

オイル下がり

オイル下がりとは、オイル上がりとは反対にエンジンオイルが上から下向きに流れる現象です。

燃焼室上部のシリンダーヘッドには、カムシャフトやカム、吸気バルブ、排気バルブがあり、汲み上げられたエンジンオイルで潤滑し余分なエンジンオイルはオイルパンに戻されます。

バルブを支えるバルブガイドバルブが規定以上に磨耗していると、エンジンオイルがオイルパンに戻る際、生じた隙間を通じて大量のエンジンオイル燃焼室へ垂れ落ち浸入します。

オイルが上から下へ向かって流れる現象から『オイル下がり』と呼びます。

オイル下がりの原因

オイル下がりの原因には次のことが挙げられます。

オイル下がりの原因

  • 長年の使用によるバルブを支えるバルブガイドバルブの磨耗により規定以上の隙間が生じたこと。
  • バルブシールやシール剤が経年劣化により硬化しシール機能が失われたこと。
  • 鉄粉などを含む汚れたエンジンオイルが磨耗や傷や亀裂を促進させたこと。

特に、古い年式の車や長年使用している車では、摺動部(しゅうどうぶ:動き擦れる部分)の磨耗や消耗が激しく隙間が生じやすくなります。

オイル下がりの原因についてもオイル上がり同様に根本的な原因は、一定期間、一定距離でもエンジンオイル交換怠ったことが原因です。

一定期間を超えたエンジンオイルでは鉄粉が含まれ、エンジンオイルの機能(潤滑・冷却・洗浄・防錆・吸収)が衰え磨耗や傷の原因になります。

オイル上がり オイル下がりオイル上がりとオイル下がりとはどんな症状?白煙の原因と対策方法は?
Sponsored Link

エンジン回転数と白煙

回転数

オイル上がり時の白煙と臭い

オイル上がりは、エンジン回転数高くなるほど燃焼室へエンジンオイルが掻き上げられるため、エンジン回転数が高いほど白煙が出ます。

臭いはオイルが焦げた臭いがします。

オイル下がり時の白煙と臭い

オイル下がりは、オイル上がりほど強制的に燃焼室へエンジンオイルが浸入することはなく、車両を停止中に吸排気バルブの隙間から徐々に燃焼室へ浸入し、エンジン始動時に一気にエンジンオイルが燃焼し白煙がでます。

白煙が出るのはエンジン始動時のみで、その後は白煙が出ることはありません。

再び、長時間駐車した場合は、駐車している間に燃焼室へエンジンオイルが浸入し、エンジン始動時に一気にエンジンオイルが燃焼し白煙が出ます。

臭いはオイル上がり同様に、オイルが焦げた臭いがします。

Sponsored Link

マフラーから白煙が出る修理代は?

費用

マフラーから白煙や臭いが出る原因はオイル上がり、あるいはオイル上がりが原因ですが、その修理費用は軽自動車の場合であっても15万円以上の費用がかかります。

損傷の大きさにもよりますが、¥15万円¥50万円以上の費用がかかります。

¥50万円以上の修理費がかかるのであれば、エンジン載せ替えという手段もあります。

修理はオイル上がり、オイル下がりのどちらの場合もシリンダーヘッドを分解することになり費用や時間を要します。

特に、オイル上がりではシリンダーヘッド分解後にピストンリングの交換やシリンダー内を真円にするボーリング加工を施さなくてはなりません。

シリンダー・ピストンは気密性や摺動部(しゅうどうぶ:擦れ動く部分)の為、シリンダーを真円に施した後にピストンリングとのすり合わせなど緻密な作業があります。

場合によっては、修理(オーバーホール)することは不可となり、エンジンを新たに載せ替えなくてはならない場合もあります。

オイル下がりの場合においても同様にシリンダーヘッドを分解しなくてはなりません。

磨耗や劣化したシール部品や消耗した部品は新品に交換しなくてはなりません。

オイル上がり、オイル下がりどちらの場合においても、非常に高額費用がかかります。

Sponsored Link

 

まとめ

  1. マフラーから白煙と臭いがでる原因は、オイル上がりオイル上がりが原因。
  2. オイル上がり、オイル下がりの原因は、エンジンオイルの交換を怠ったことが原因。
  3. オイル上がりでは、エンジン高回転時に白煙が出ます。
  4. オイル下がりでは、エンジン始動時に白煙ができます。
  5. 修理代はオイル上がり、オイル下がり共に¥15万円~¥50万円以上の高額な修理代です。

修理するか買い替えるか?

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

寿命が近づく10万kmに差し掛かろうとしている車を修理するのであれば、この先のことを考えると『買い替える方が得』をします。

車は修理より買い替えが得をする理由を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください