車の燃料タンク(ガソリンタンク)が錆る原因と防止について!錆取り方法は?

燃料タンク

長期間、車を動かさないと燃料タンク(ガソリンタンク)が錆びてしまうと聞くことがあります。

燃料タンク(ガソリンタンク)には、ガソリンあるいは軽油以外入れることがありませんが、なぜ、水を入れたわけではないガソリンタンク内が錆てしまうのでしょうか。

当記事では、燃料タンク(ガソリンタンク)が錆る原因と防止・対策、錆を取る方法について解説していきます。

Sponsored Link

錆の原因は水

結露

燃料タンク(ガソリンタンク)内の原因『水』です。

燃料タンク内に水は入れていませんが、なぜ水が混入したのでしょうか?

 

給油蓋が開いていた?

 

給油口のキャップがしっかり閉まっていなかった?

 

燃料タンク内の水は『結露』が原因です。

燃料タンク内は、ガソリンで満たされた領域とガソリンで満たされていない空間があります。

ガソリンで満たされていない空間の水蒸気が結露し水になります。

結露により燃料タンクの壁面に水滴として付着、あるいは壁面に付着した水がタンク底へ垂れて行き、いずれを誘発させます。

結露は気温が低い日多くなります。

 

  • は燃料タンク内の空間の水蒸気結露したもの。

 

タンク壁面に付着した水がガソリン内に垂れ落ちた場合、ガソリンと比べ比重が大きい水が底に溜まります。(水とガソリンが分離します)

タンク底に水のみが溜まった状態でエンジンをかけると、最初の燃料供給時は水のみを吸い込むことになります。

ガソリンをエンジンへ送るパイプは燃料タンクの上部に取り付けらていますが、上部に取り付けられたパイプへはタンク底のガソリンあるいは水を吸い上げます。

Sponsored Link

錆の防止には満タン

満タン

結露の防止には、常にガソリンを満タンにしておくことです。

満タンであれば結露の要因である空間が少なくなり、結露による水は少ない量になります。

しかし、常に満タンにしておくことは現時的に困難です。

また、ガソリンは微量水分を含み水の混入を完全に阻止することは極めて困難です。

水が混入したら水抜き剤かドレンプラグ

水が混入した際の除去には、ガソリンの『水抜き剤』あるいは『燃タンクのドレンプラグ』から抜き取る方法があります。

  • 水抜き剤の使用
  • 燃料タンクのドレンプラグから抜き取る

水抜き剤

一般的な方法かつ手軽に行えるのは、『水抜き剤』を使った方法です。

使用方法は、給油時に水抜き剤を燃料タンク内へ注ぐだけです。

MEMO

水抜き剤は数多く出回っていますので、ご自分の車種にあったものを選んで使用してください。

燃料タンクのドレンプラグから抜き取る

燃料タンクのドレンプラグから抜き取る方法がありますが、車両のジャッキアップや作業性の悪さから、おすすめはしません。

ディーラーや整備工場に相談

ディーラー

燃料タンク(ガソリンタンク)内の水抜きには、手軽な水抜き剤とドレンプラグから抜き取る方法をお伝えしましたが、状況によってはドレンプラグから水抜きをした方が良い場合もありますので、どちらを選択するかはディーラーや整備工場に相談してからお決めになることが良いです。

Sponsored Link

ガソリンタンク(燃料タンク)の錆取り

燃料タンク

燃料タンクのは微細のためフューエルフィルター(燃料フィルター)で拾いきることができず、いずれエンジン停止燃料供給ラインに支障をきたします。

錆を確認した際は何かしらの処置をしなければなりません。

 

関連記事>>>『車の燃料フィルター(フューエルフィルター)とは?構造と詰まりについても』

ガソリンタンク内の錆取り

通常、車の燃料タンク(ガソリンタンク)の錆取りは行いません。

バイクの場合は専用の錆取り剤を使用しますが、車の場合はディーラーなどで燃料タンクを取り外さなければならなく、特別な理由が無い限りは錆取りすることはありません。

ガソリンタンクの交換時間と交換費用

ディーラーや整備工場では、燃料タンク(ガソリンタンク)を交換することができます。

交換時間や費用は車種により大きく違います。

交換時間

時間

簡単に取り外しができる車両の場合は2時間程度で終了しますが、取り外しに時間がかかる車両では6時間~8時間程度かかることがあります。

交換費用

費用

燃料タンクの交換費用

  • 燃料タンクの費用:¥30,000円 ~ ¥50,000円程

  • 工賃      :¥10,000円 ~ ¥30,000円程

  • 合計      :¥40,000円 ~ ¥80,000円程

交換費用は車種により異なりますが、おおよそ上記の費用が目安になります。

エンジン停止や燃料タンクに穴が空く

穴

燃料タンク(ガソリンタンク)の錆取り(除去)をせずに放置した場合、微細な錆をフューエルフィルターで取り除くことができず、燃料供給ラインは錆で詰まりエンジン停止不完全燃焼などエンジンに支障をきたします。

水はガソリンに比べ比重が大きい為、燃料タンクに溜まり、錆や腐食の進行からタンクにが空きます。

まとめ

  1. 燃料タンク(ガソリンタンク)の錆の原因は結露した
  2. 満タンにすると結露がおきにくくなる。
  3. 錆はエンジンや燃料供給ラインに支障をきたす為、燃料タンクを交換する。
  4. 燃料タンク内の錆を放置しておくとが空く。

関連記事>>>『車の燃料フィルター(フューエルフィルター)とは?構造と詰まりについても』

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

修理するか買い替えるか?

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

寿命が近づく10万kmに差し掛かろうとしている車を修理するのであれば、この先のことを考えると『買い替える方が得』をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください