本体系

オートマ車のエンストはバッテリーが原因?対処法と修理代についても

投稿日:2019年1月5日 更新日:

オートマ車 エンスト バッテリー

オートマ車がエンスト する原因にバッテリーと聞いて驚いたことはないでしょうか。

実は、オートマ車がエンストする原因の1つにバッテリーがあります。

当記事では、オートマ車のエンスト する原因がなぜバッテリーなのか、またエンストした場合の対処と修理代についても解説します。

走行中にエンストすることは、大変危険なことです。

エンスト の原因や理由、対処を知っておくことで危険を回避できます。

Sponsored Link

オートマ車のエンスト理由のバッテリーはオルタネーターが原因

オルタネーター

オートマ車のエンストする原因の1つにバッテリーがありますが、バッテリーというよりは『オルタネーター』が主な原因です。

 

エンストの原因はオルタネーター

オルタネーターはエンジンの回転を利用して発電する装置です。

発電後の電力をバッテリーへ供給し、車に搭載している電装品の駆動源となります。

従って、オルタネーター故障すると発電できず、バッテリーには電力が供給 (充電) されません。

バッテリーに電力がないため、燃料ポンプやインジェクターなど燃料供給に備えられたあらゆる電装品は作動しません。

電装品が作動しないために、燃料供給は絶たれエンストへ繋がります。

もちろん、バッテリー故障している場合も各電装品へ電力を供給できずエンストへ繋がります。

電力不足が原因のため、オルタネーターやバッテリーの交換や修理をしない限りエンジン始動はできません。

 

エンストの原因はバッテリー、オルタネーターの他にもある

オートマ車がエンストする原因は、バッテリーやオルタネーターの他にもあります。

燃料ポンプインジェクターなど燃料供給系トラブルなどがあります。

【関連記事】>>>『オートマ車がエンストする原因とは?なぜ信号待ちと坂道で起きるの?』

 

Sponsored Link

オートマ車がエンストした時の対処

安全な場所に停止

三角表示板(警告反射板)

エンストの予感がした際は、エンストする前に安全な場所に停車します。

もし、安全な場所に停車することが間に合わなく路上に停車した場合は、ハザードランプの点滅と三角表示板を設置し周囲へ緊急停車していることを知らせます。

焦る気持ちを抑え冷静を保ち、エンジンの再始動を試みます。

セレクトレバーをP (パーキング) へ入れ、ブレーキを踏みエンジン始動を試みます。

エンジンが始動した場合は、ゆっくりと安全な場所へ移動します。

オートマ車が走行中にエンストする理由は、車両に不調故障などのトラブルを抱えているためです。

JAF

エンジンが再始動しても運転は控え、救援依頼 (JAFやロードサービスなど) をするべきです。

走行中のエンストは大きな怪我をする懸念があり非常に危険です。

パワステが効かなくなりハンドルは重くなります。

ブレーキにおいても普段の何倍もので踏まないと効かないほどの重さになります。

女性の場合では、ハンドルが効かなくなった、ブレーキが効かなくなったと思うほど重くなります。

【関連記事】>>>『オートマ車がエンストする原因とは?なぜ信号待ちと坂道で起きるの?』

 

オルタネーターの故障・バッテリーの電力不足の対処法

オルタネーターのみが故障しバッテリーには問題がない場合の応急処置には、ブースターケーブルを使用しバッテリーへ電力供給する方法があります。

オルタネーターの故障により発電不可となっていますので、バッテリーの電力が全て消費すると再びエンスト (エンジン停止) します。

ディーラーや整備工場へ向かうための応急処置であり、継続的に走行することはできません。

ブースターケーブルの繋ぎ方は、『ブースターケーブルを使用する方法』で解説しています。

エンジンが再始動した際は、そのままディーラーや整備工場に向かい点検を受けることが良いです。

オルタネーターのみが故障している、バッテリーのみが故障していると断定するには難しいため、無難に救援依頼することも確かです。

 

Sponsored Link

オートマ車のエンストによる修理代

エンストした原因により修理代は異なります。

  • オルタネーターの故障
  • 燃料供給系の故障
  • スパークプラグの故障
  • 燃料の入れ違い

 

オルタネーターの故障

オルタネーター

オルタネーターの故障が原因の場合、交換費用は¥50,000円以上かかります。

 

燃料供給系の故障

燃料供給系は、燃料ポンプインジェクターなど複数の部品や装置があります。

 

【 燃料ポンプ 】

燃料ポンプ 故障 症状出典:Amazon

燃料ポンプが故障した場合の交換費用は、国産車では部品代と工賃を含めて¥50,500円~¥82,500円ほどになります。

欧州車の場合は国産車の2倍の費用、¥10万~¥16万円ほどがかかります。

【関連記事】>>>『燃料ポンプの寿命(交換時期)は走行距離何万キロ?交換費用はいくら?』

 

【 インジェクター 】

インジェクター(燃料供給装置)出典:HKS

インジェクターの故障にかかる交換費用は、現在、主流マルチポジションインジェクション (6気筒エンジンの場合) では、¥98,000円 ~ ¥13万5千円程かかります。

筒内直噴式の場合 (6気筒エンジンの場合) では、¥18万8千円 ~ ¥31万5千円程の交換費用がかかります。

いずれの場合もエンジン型式により費用は異なりますが、非常に高額費用がかかります。

特に、BMWのなど外国車はさらに費用が高く¥60万円を超える場合があります。

【関連記事】>>>『車のインジェクターの交換費用は工賃を含めていくら?交換時期についても』

 

スパークプラグの故障

スパークプラグ

スパークプラグ (点火プラグ) が故障した場合の交換費用は、一般プラグの場合は1本¥1,000円の費用がかかります。

1気筒に1本のスパークプラグが組み込まれますので、故障しているスパークプラグの本数を交換することになります。

イリジウムプラグを使用している場合は、1本¥2,500円程の費用がかかります。

同様に1気筒につき1本のスパークプラグが組み込まれますので、故障している数だけ交換することになります。

【関連記事】>>>『スパークプラグの交換時期と費用はいくらかかる?寿命直前の症状についても』

 

燃料の入れ違い

燃料

燃料の入れ違いは、エンジン破損の懸念があります。

エンジンを載せ替える場合は、車種やエンジン型式によりますが¥50万円 ~ ¥80万円以上と非常に高額な費用がかかります。

載せ替えに要する作業期間は、1週間 ~ 2週間程度かかります。

¥50万円 ~ ¥80万円以上の高額費用がかかる場合は、廃車を決断する方がいらっしゃいます。

【関連記事】>>>『車の廃車手続きをディーラーでした場合のかかる費用と期間は?保険の解約はいつ行う?』

Sponsored Link

 

まとめ

  • オートマ車がエンストする原因に挙げられるバッテリーとは、オルタネーター故障により全ての電力が消費するためです。
  • オートマ車がエンストした時の対処は、安全な場所に停車し救援依頼することです。エンジンを再始動し運転することは危険が伴います。
  • オートマ車のエンストによる修理代は、いずれの原因についても高額費用がかかり廃車を決断する方もいらっしゃいます。

車は修理より買い替えが得する理由

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

10万kmに差し掛かり寿命が近づく車は修理をするとをします。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

-本体系

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.