スパークプラグの種類と形状の違いは?熱価についても

スパークプラグの交換時期

エンジン部品の消耗品の1つにスパークプラグがあります。

スパークプラグには一般的なスパークプラグの他に白金プラグやイリジウムプラグがありますが、一般的なスパークプラグと比べどのような違いがあるのでしょうか?

当記事では、一般的なプラグと白金プラグ・イリジウムプラグの違いや、一般プラグから白金・イリジウムプラグへ変更した場合の効果や寿命の違いなどをお伝えしていきます。

Sponsored Link

スパークプラグ(点火プラグ)とは?

スパークプラグ

スパークプラグ点火プラグとも呼ばれ、混合気 (液体燃料に空気を混ぜて霧状にしたもの) に点火する装置になり、1つのエンジンシリンダーにつき1つのスパークプラグが取り付けられています。

スパークプラグのスパークとは火花を意味し、スパークプラグから混合気へ火花を飛ばし、点火した混合気が燃焼・爆発をします。

スパーク(火花)は電極部から飛ぶようになっており、ガソリン車のみ装備され、点火方式が異なるディーゼル車にはスパークプラグは装備されていません。

スパークプラグ

寿命や交換を怠った場合の不具合や症状

スパークプラグは消耗品のため、寿命や劣化が近づいた場合は交換をしなければなりません。

普通車の場合、約20,000km~30,000km寿命を向かえ交換する必要があります。

軽自動車の場合は、約10,000km寿命の目安になります。

交換をせずに走行し続けた場合には、次のことが起きる恐れがあります。

  • エンジン始動の困難
  • 異常燃焼・不完全燃焼
  • エンジンの出力低下
  • 点火タイミングのズレ(狂い)
  • アイドリングの不安定
  • 加速時のもたつき
  • 燃費の悪化

スパークプラグが全く機能しない場合は火花を飛ばすことができませんので、混合気に点火することはできずエンジンを始動することはできません。

寿命や劣化が近づいた場合、エンジン始動が困難になり、異常燃焼やエンジンの出力低下、点火タイミングの狂い、アイドリングの不安定、加速のもたつき、燃費の悪化などがあります。

いずれの場合も消耗したことにより火花飛びにくくなったことが原因です。

さまざまな悪化があるにもかかわらず、交換をせずに走行を続けた場合は、弱くなった火花を補うためにイグニッションコイル過負荷(負荷が大きくなり)となり、スパークプラグ以外の部品が損傷する恐れやエンジン故障に繋がる懸念があります。

イグニッションコイルとは

イグニッションコイルとは点火コイルとも呼ばれ、スパークプラグに火花を飛ばすための高電圧の電流を作る装置です。

スパークプラグへはハイテンションコードを用いて導きます。

また異常燃焼や不完全燃焼が生じた場合は、排気センサー触媒損傷に繋がり、特に触媒が損傷した場合は非常に高額な費用がかかります。

関連記事>>>『車のマフラーの触媒の交換と修理にかかる費用はいくら?寿命と音についても

エンジン型式にあった適合品を使用する

ピストン

スパークプラグはエンジンにより使用可能な型番が決められています。

非適合品を使用した場合は、点火(スパーク)の際にピストンに傷やをあける恐れがあるほか、点火不良から本来のエンジン性能を発揮することができません。

ピストンに傷などが入った場合は、修理することはできず新たなピストンに交換しなくてはなりません。

新たにピストンを交換する際はエンジンを分解しなくてはならず、交換に要する時間や費用が大きくかかります。

寿命が近づいた場合は早期に交換することで、その他のトラブルを誘発させません。

Sponsored Link

スパークプラグの種類と形状の違い

  • レジスタープラグ
  • グリーンプラグ
  • レース用プラグ
  • 多極プラグ
  • 白金プラグ
  • イリジウムプラグ

レジスタープラグ

レジスタープラグのレジスターとは『セラミックの抵抗体』を意味します。

スパークプラグにレジスター(セラミックの抵抗体)を内蔵したプラグです。

セラミック抵抗体を内蔵することにより、スパーク時のノイズの周波数を抑え、ラジオのスピーカーやカーナビなどに及ぼす影響を軽減します。

電極部は一般電極と同様の大きさ・ニッケル合金を使用していますので、耐久性やスパーク性能は一般プラグ同等になります。

レジスタープラグを使用した場合は、プラグコードも同様に抵抗が内蔵した製品を使用します。

グリーンプラグ

グリーンプラグ

出典:NGK

グリーンプラグとは、中心電極の先端に90度のV溝を加工を施したプラグです。

90度のV溝形状にすることで、中心電極の外周で確実にスパークするため、火炎の成長を妨げる原因となる消炎作用が小さくなり、一般プラグと比べ火花が飛びやすく着火性が向上します。

着火性能の向上と共に燃焼効率が良くなり、エンジン始動加速が改善されます。

注意

着火性は白金プラグイやリジウムプラグと比べた場合は劣ります

レース用プラグ

レーシングプラグ_スラント(斜方)タイプ

出典:NGK (レーシングプラグ スラント(斜方)タイプ)

 

レーシングプラグ_(セミ沿面タイプ)

出典:NGK (レーシングプラグ_(セミ沿面タイプ) 】

 

レーシングエンジンは高回転・高圧縮比エンジンとなり燃焼ガスの温度は高い為、耐熱性要求電圧も高くなります。

過酷なレース中の振動にも耐えるよう、電極の強度も高く造られています。

レーシングプラグの寿命は一般プラグに比べ約半分程度になります(一般プラグの普通車の寿命の目安は約20,000kmです)

  • NAエンジン:10,000km~15,000kmが寿命の目安
  • ターボ車  :10,000kmが寿命の目安

価格は一般プラグに比べ5倍程高くなります。

MEMO

レーシングプラグをノーマルエンジンに取り付けた場合、不具合が生じ恐れがありますので取り付けは控えるべきです。

ECUへ影響を及ぼすことや要求電圧や圧縮比の違いから消耗も早くなるほか、エンジン回転数による出力が 変わり街乗りでは乗りにくくなります。

レーシングプラグの一部には、一般車両のエンジンにも効果を発揮する商品もあります。

取り付ける場合は、確認が必要です。

 

注意

ロータリーエンジン搭載車両では、ロータリーエンジン専用に設計されたレーシングプラグがあります。

多極プラグ

多極プラグ

出典:NGK (多極プラグ) 】

 

多極プラグ

出典:NGK (多極プラグ) 】

多極プラグとは、接地電極を複数 (多極) 設けたプラグです。

多極にする理由は、電極の消耗を分散し耐久性の向上を狙うことや要求電圧を下げる効果があります。

白金プラグ・イリジウムプラグ

白金プラグは、中心電極部、接地電極部に白金合金を使用したプラグになり、

イリジウムプラグは、中心電極部、接地電極部にイリジウムプラグ合金を使用したプラグになります。

白金プラグとイリジウムプラグについては、

イリジウムプラグと白金プラグの違いとは?ノーマルプラグとの違いや効果は?』にて、

詳しく解説しています。

Sponsored Link

 

熱価(ねっか)の種類と違い

スパークプラグは燃焼時に熱の影響を受けます。

影響を受けた放熱度合い『熱価(ねっか)』と呼びます。

熱価は燃焼室の燃焼ガスの温度とスパークプラグの設計に起因し、熱の放熱度合いを『熱価』 を用いて表します。

スパークプラグの種類を熱価で分けた場合には次の2つの呼び方があります。

  • 低熱価(焼け型)
  • 高熱価(冷え型)

低熱価 (焼け型)

低熱価 (焼け型) は文字通り放熱度低く、中心電動の温度が上昇する傾向にあります。

外気温が低い時期であっても、エンジン始動性良くなります。

高熱価 (冷え型)

高熱価 (冷え型) は、低熱価 (焼け型) に比べ放熱度高く、中心極は温度上昇しにくい傾向にあります。

高回転エンジン向けに多く採用されています。

気温が低い時期のエンジン始動性は、低熱価 (焼け型) に比べて劣ります。

熱価の見方

熱価は数字で表記されます。

小さい数字ほど低熱価 (焼け型) のプラグになり、大きな数字ほど高熱価 (冷え型) のプラグになります。

  • 小さな数字 : 低熱価 (焼け型)
  • 大きな数字 : 熱価 (冷え型)

(例)NGKのスパークプラグ:BPR5ES-11の場合、『5』が熱価を表します。

熱価

熱が及ぼす影響

燃焼ガスによる熱影響を受け続けた場合、スパークプラグは溶損します(溶けてしまう)。

プラグを熱影響から避ける為に必要以上高熱価 (冷え型)プラグを使用した場合は、燃焼温度が上がらず不完全燃焼(かぶり)となります。

注意

スパークプラグは、燃焼温度や寸法などからエンジン型式あったプラグを適応表を確認し取り付けなければなりません。

関連記事>>>『スパークプラグの交換時期と費用はいくらかかる?寿命直前の症状についても

Sponsored Link

 

まとめ

  1. スパークプラグとは、火花を飛ばし混合気に点火する装置です。
  2. スパークプラグの種類には、エンジン特性用途に最適なプラグがあります。
  3. スパークプラグには熱価と呼ばれる、放熱度を表す『熱価』があり、エンジンにあった最適なプラグを取り付けます。

修理するか買い替えるか?

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

寿命が近づく10万kmに差し掛かろうとしている車を修理するのであれば、この先のことを考えると『買い替える方が得』をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください