車のプラグコードとは?パワーケーブとの違いや効果は?

プラグコード

近年、減りつつあるプラグコードは、あまり聞き慣れない部品の一つです。

プラグコードとは、どのような役割りをする部品でしょうか。

また、プラグコードの中には『パワーケーブル』がありますが、ノーマルプラグとの違いや効果についてもお伝えしていきます。

Sponsored Link

車のプラグコードとは導線

車のプラグコードとは、イグニッションコイルで作られた高電圧電流点火プラグ(スパークプラグ)やディストリビューターなどへ送る導線です。

エンジンの高温にも耐えるよう、高い耐熱性と絶縁性のある材質で覆われています。

プラグコードの抵抗値が低い場合は点火エネルギーが高く、あわせてエンジン性能が向上します。

デメリットは電気ノイズが多くなり、ECUやオーディオ類に弊害を生じます。

プラグコードを新しく交換した際には、次の効果があります。

プラグコードの効果

  • エンジン始動性の向上
  • アイドリングの安定
  • 加速の向上
  • 燃費の向上

パワーケーブルとは?

パワーケーブルは抵抗値が低く、点火エネルギーが高いプラグコードです。

従って、火花を飛ばす力が大きくなります。

一般的なプラグコード(ノーマルコード)と比べた効果の違い

  • エンジン始動性の向上
  • アイドリングの安定
  • レスポンスの向上
  • 加速性能の向上
  • 出力の向上
  • エンジン振動の低下
  • エンジン音の低下
  • 燃費の向上

安定性や性能面が向上した理由は、ノーマルプラグに比べて失火が起こりにくいためです。

より効果を期待したい場合は、プラグコードと点火プラグ(スパークプラグ)の両方を同時に交換すると大きな効果が実感できます。

Sponsored Link

まとめ

  • プラグコードとは高電圧の電流を点火プラグ(スパークプラグ)やディストリビューターへ送る導線です。
  • パワーケーブルとは、火花を飛ばす力が大きいプラグコードです。
  • ノーマルプラグに比べ、パワープラグは各性能や安定が向上します。

修理するか買い替えるか?

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

寿命が近づく10万kmに差し掛かろうとしている車を修理するのであれば、この先のことを考えると『買い替える方が得』をします。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

関連記事>>『プラグコードの寿命と症状について!交換時期は何万キロ?』

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください