オルタネーターの故障にかかる費用を工賃を含めて解説!修理と交換はどちらが安い?

オルタネーター出典:Rakuten

オルタネーターが故障した時に、かかる費用について気になったことはないでしょうか。

実はオルタネーターの故障にかかる費用は故障後の選び方(修理する場合、新品交換する場合、リビルド交換の場合)により、かかる費用に大きく差があります。

当記事では、オルタネーターの故障にかかる費用を工賃を含めて解説します。

Sponsored Link

オルタネーターが故障した時の費用

費用

オルタネーターが故障した時には、修理するか交換するかの違いで費用に大きく差があります。

故障した時は修理を選択することが費用抑えることができます。

  • 修理費用
  • 交換費用(新品)
  • リビルド品の交換費用

オルタネーターの修理費用

オルタネーターの修理費用

  • 修理費用¥10,000円以下

オルタネーターの修理費用¥10,000円以下で可能です。

修理が施せない箇所は部分的に新しく交換する場合がありますが、¥10,000円を超えることはありません。

修理費用に¥10,000円を超える場合は、新品交換やリビルド品の交換を検討することが望ましいです。

オルタネーターの交換費用(新品交換)

オルタネーターの交換費用と工賃

  • オルタネーター (部品代):¥50,000円 ~ ¥10万円
  • 交換工賃         :¥10,000円 ~ ¥20,000円程
  • 工賃を含む合計費用    :¥60,000円 ~ ¥12万円

リビルド品の交換費用

オルタネーターのリビルド品の交換費用と工賃

  • リビルド品の価格 :¥20,000円 ~ ¥30,000円程
  • 作業工賃     :¥10,000円 ~ ¥20,000円程
  • 工賃を含む合計費用¥30,000円 ~ ¥50,000円程

リビルド品新品では費用が2倍異なります。

リビルド品は、中古品のオルタネーターを分解・洗浄し、修理が施せない箇所は部分的に新しく交換してあります。

故障したタイミングから残りの車に乗る期間とオルタネーターの寿命を考慮し(オルタネーターは耐久性に優れた電装部品です)、リビルド品の交換であっても充分の場合があります。

Sponsored Link

オルタネーターの修理時間と交換時間

時間

  • 修理時間
  • 交換時間

オルタネーターの修理時間

オルタネーターの修理時間約2時間程です。

オルタネーターの交換時間

交換作業

オルタネーターの交換時間は車種やエンジン型式により異なります。

交換時間の多くは1時間以内で終えますが、オルタネーターの取り外しが困難な位置にある車種や水平対向エンジンロータリーエンジンでは約2時間、あるいは2時間以上(半日近く)を要します。

まとめ

  • オルタネーターの故障にかかる修理費用は、¥10,000円以内です。
  • オルタネーターの故障にかかる交換費用は、¥60,000円 ~ ¥12万円
  • オルタネーターをリビルド品に交換する費用は¥30,000円 ~ ¥50,000円程になり、新品交換約半分です。
  • オルタネーターの修理・交換時間は多くの場合1時間程度ですが、車種やエンジン型式により2時間前後要する場合があります。

【関連記事】>>>『オルタネーターの寿命の症状と前兆は?走行距離と年数は何キロまで?』

Sponsored Link

車は修理より買い替えが得する理由

新車

走行距離が7万kmに差し掛かかると車の寿命が近づく為、修理や故障の頻度が多くなります。

そんな時に、『修理してもう少し乗り続けるようか』 それとも『思い切って買い替えようか』と悩んでしまいます。

大きなお金が動くため、どちらを選択した方が損をせず得になるか判断に迷いが生じます。

10万kmに差し掛かり寿命が近づく車は修理をするとをします。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください