ラジエターの液漏れで故障した時の修理代は?原因と応急処置についても

ラジエター 液漏れ(水漏れ)

ラジエターから液漏れをした場合は故障の疑いがあり、自走することは難しく修理・交換をしなければなりません。

その際は、修理にかかる費用や安全な場所に避難する為の応急処置について不安がよぎります。

当記事では、ラジエターが液漏れや故障した際にかかる修理代や原因、安全な場所に避難する為の応急処置についてお伝えしていきます。

修理に出して乗り続けるか、あるいは車を買い替えるか今後の予定を立てやすくなります。

Sponsored Link

 

ラジエターの水漏れ(液漏れ)にかかる費用は

延滞金

ラジエターが故障した際は、修理ではなく交換をおすすめします。

費用は車両によって差がありますが、ラジエター代が約50,000円~約100,000円程、工賃が約20,000円程かかります。

合計で約70,000円~約120,000円ほどの費用がかかります。

車両によっては、エンジンを降ろさなければ交換作業ができない車両もありますので、工賃がさらにかかることがあります。

ラジエター修理代

ラジエター代:約50,000円~約100,000円

工賃    :約20,000円

合計    :約70,000円~約120,000円

液漏れ(水漏れ)の原因

飛び石

ラジエター本体から液漏れする原因は、飛び石が当たる破損によるものです。

破損した部分に穴が開き液漏れをします。

ラジエターホースから液漏れする原因は、ゴム経年劣化によるものです。

ポンプなどゴムを使用している箇所は8年~10年ほどで経年劣化をし、ひび割れた部分から液漏れをします。

エンジン走行距離が10万km前後になると、車の様々な箇所に劣化や損傷が見られるようになり、ラジエター以外からも液漏れする恐れがあります。

ラジエター液ラジエターの液漏れで故障した時の修理代は?原因と応急処置についても
Sponsored Link

ラジエター液の色

ラジエター液 冷却水 クーラント LLC

液漏れした場合は、車両の下に液だまりができていることがあります。

液の色は、トヨタでは赤色日産など他のメーカーでは(青色)が一般的となっています。

状況によっては、ボンネットの隙間からエンジンの熱で暖められたラジエター液が蒸気となり噴き出すことがあります。

におい

ラジエター液には特有の甘いにおいがあります。

エアコンの水と間違えない為には、においの両方から判別することができます。

ラジエターの判別は色と甘いにおい

(トヨタ)

/(日産など)

・甘いにおい

液が微量に減ることがある

夏

液漏れがない場合であっても、エンジンの熱や夏の高温化では蒸発することで液が少し減ることがあります。

この場合は、液漏れではありませんので修理・交換の必要はなくラジエター液補充で補えます。

Sponsored Link

 

液漏れで走行すると高額修理になる

重量税

液漏れとわかった時は、早期に修理・交換することが大事です。

液漏れはエンジン冷却不十分になり、オーバーヒートやエンジンの焼き付きを起こし、高額修理費用がかかる場合やエンジンを載せ替えなければならないことがあります。

場合によっては車両火災を引き起こすこともありますので、早期に修理に出すようにしましょう。

ディーラーや整備工場が近くに見つからず、長距離走行に不安がある場合は迷わずJAFロードサービス救援依頼をしましょう。

ラジエターの寿命は?

ラジエター

ラジエターの寿命は、10万km~15万km前後、使用年数10年~15年寿命となります

運転の仕方や使用環境により寿命が早くなることや遅れることがあります。

また、ラジエターに個体差があり5年~10年程度で故障することもあります。

自分で修理することは可能?

修理

ラジエターの修理はプロの方であっても難しい為、自ら修理することは困難です。

ディーラーや整備工場など専門店に依頼することが修理に確実性があります。

修理では1年後に再発することがありますので、純正部品交換することをおすすめします。

液漏れと応急処置

水

液漏れ時の応急処置には補充する方法があります。

しかし、水はラジエター液と違い防錆効果凍結防止効果がありません。

錆と凍結に注意して一時的な処置と考えてください。

注意

水温計警告灯には注意を払ってください。

警告灯が点灯した際は安全な場所に停止して、JAFやロードサービスなどに救援依頼をして下さい。

まとめ

1:ラジエターの水漏れ(液漏れ)にかかる費用は、7万円~12万円の修理代がかかります。

2:水漏れ(液漏れ)の原因は、ラジエター本体への飛び石による破損(穴)やゴムホースの経年劣化によるひび割れです。

3:応急処置にはを補充する方法がありますが、錆や凍結の懸念があります。

4:液漏れを放置して走行することはオーバーヒートを起こし高額修理や車両火災の恐れがあります。

Sponsored Link

 

修理か買い替えか

ラジエターが故障した際は、修理では再発の恐れがあるため交換をおすすめします。

交換をした場合の修理費用が10万円前後かかると、今の車に乗り続けるか新しい車に買い替えるか迷うところです。

ラジエターが寿命で液漏れする場合は既にエンジンの走行距離が10万km前後に達していることがほとんどです。

今後は他の部品にも寿命が現れ修理や交換に迫られます。

これを機に車の買い替えを検討してみてはいがでしょうか。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください