車のクーラント液が減る原因は蒸発?リザーバータンクと温度ついても

クーラント液

エンジン冷却の為に必要なクーラント液が、なぜか減っていることがあります。

クーラント液の減り方には、明らかに大きく減る場合と微量に減る場合とがあります。

クーラント液が減少するとエンジン冷却の能力が落ちオーバーヒートやエンジン損傷の懸念があるため、クーラント液が減ったことを放置しておくわけにはいきません。

当記事では、クーラント液が減る原因やクーラント液の確認についてお伝えします。

Sponsored Link

クーラント液が減る原因

クーラント液が減る原因

  • 冷却系に損傷がある水漏れ

  • クーラント液の蒸発

  • リザーバータンク(リザーブタンク)の確認の仕方

冷却系に損傷がある水漏れ

クーラント液が明らかに減っている、急激に減り出した場合はクーラント液が漏れ(水漏れ)ていることが考えられます。

  1. ラジエターコア

  2. ラジエターホース

  3. ラジエター液

  4. ウォーターポンプ

  5. シリンダーヘッド

上記の箇所に大きな損傷がある場合は、ハッキリとした水漏れが確認でき、水温計の針が「H」付近になっています。

水漏れはエンジンを冷却する能力が落ち、走行を続けた場合はオーバーヒートやエンジンの損傷・焼き付き起こします。

修理には高額な費用、あるいはエンジンの載せ替えになることもあります。

走行を控え安全な場所に停車後、ロードサービスを呼ぶあるいは近くにディーラーや整備工場がある場合は、応急処置をしてディーラーや整備工場に行きましょう。

クーラント液の蒸発

蒸発

クーラント液は密閉された流路を流れていますが、わずかに蒸発をして外気に抜けています。

特に蒸発量が多くなる場合は、ラジエターキャップをリザーバータンクの水位が高い時に開けると、水蒸気として抜ける量が多くなります。

車検までの2年間を完全放置した場合においても、目にわかるほど水位は下がります。

蒸発はわずかな量しかしないため水位が一気に下がることはありませんが、長期間では蒸発量が多くなることがあります。

もし大量に減っている場合や急激に水位が下がった時は、冷却系の一部が損傷していることが考えられます。

Sponsored Link

 

リザーバータンク(リザーブタンク)

リザーバータンク リザーブタンク

リザーバータンク(リザーブタンク)は、あふれた冷却水を一時的に溜めておくタンクです。

『あふれた』の意味は、エンジンが暖まると熱膨張で冷却水の体積が増し溢れて(あふれて)しまいます。

リザーバータンクは、溢れた冷却水を溜めておく行き場となります。

エンジンが冷えた場合は帳尻を合わせるために、リザーバータンクに溜めておいた冷却水を負圧を利用してラジエターへ引き戻します。

  • エンジンがまっている時:リザーバータンクの水位は高い
  • エンジンがえている時 :リザーバータンクの水位は低い

クーラント液は、エンジン温度が変化するごとにエンジンとリザーバータンクを行き来しますので、エンジン温度が異なる違う日にリザーバータンクを確認した場合は、クーラント液の水位が異なり、『クーラント液が減った!?』と勘違いすることがあります。

クーラント液の水位の確認にはエンジン温度が同じ時、あるいはクーラント液の正しい水位の確認には、エンジンが冷えている時に確認します。

まとめ

  1. 冷却系の損傷箇所がある場合、水漏れしてクーラント液が減る。
  2. ラジエターキャップの開閉時など、自然に蒸発してクーラント液が減る
  3. エンジン温度が異なるタイミングでリザーバータンクの水位を確認し、クーラント液が減ったと勘違い
  4. クーラント液の正しい水位は、エンジンが冷えている時に確認する。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

サーモスタット車のサーモスタットが故障で修理した時の交換費用はいくら?寿命についても ウォーターポンプ異音ウォーターポンプから異音がする原因は?放置した場合と修理代についても ラジエターファンラジエターファンが回らないのはモーターの故障が原因?交換費用はいくら?
Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください