車のブースターケーブルの選び方を徹底解説!アンペアを決める大きさ・太さについても!

この記事では、ブースターケーブルを選ぶ際に何を見て選べば良いか、

ポイントになる点について紹介していきます。

バッテリー上がりを起こした時の為に常備してあるといいけど、選び方がいまひとつ

わからないという方もいらっしゃると思います。

間違った選び方をして、故障や事故・怪我に繋がることは避けたい思いがあります。

イメージと異なりブースターケーブルの選び方は思ったより簡単です。

選んだ後はブースターケーブルを常備しておくことで、バッテリーが上がってしまった際に、

自車のみならず他車の救援にも役に立つことができます。

Sponsored Link

ブースターケーブルの選び方

選ぶ際のポイントは3つあります。

電流量 (単位:アンペア (A) )

電圧 (単位:ボルト (V) )

●ケーブルの長さ (単位:(m) )

 

電流量(A)や電圧(V)と聞くと難しく感じるかもしれませんが、

すごく簡単ですので、一つ一つお話していきます。

 

ケーブルの太さとアンペアの関係とは?

ブースターケーブルの選び方電流量(アンペア)で決まります。

電流量とは、救援車と故障車を繋ぐブースターケーブルを流れる電流の量のことです。

 

単位は『アンペア』と表します。頭文字をとって『A』と表記もされます。

(例) 50A、80A、100A、120A

ブースターケーブルのアンペアは、主にこの4つです。

 

電流量はエンジン始動に必要な電流量になり、車種により違いはありますが、

概ね排気量により決まります。以下の表が参考になります。

電流量(A) 車種・排気量(cc)
50A  660cc ~ 1500cc
80A  660cc ~ 2500cc
100A  660cc ~ 大排気量車、外国車
120A  基本的に全ての車種に対応

迷った時やわからない時は、普通車であれば120A購入しておきます。

 

これは『大は小を兼ねる』で、容量の大きいものを使用した場合は余裕がありますので

120Aであれば車種を問いませんので問題はありません。

 

電流量とピッタリ合ったものを選ぶ必要はありませんし、

小さめの電流量のブースターケーブルを選んだ場合には、

救援車もそれなりの車種に限定されてしまいます。

120Aを選んでおくことで、どのような車種にも対応できますので、

120Aを選んでおくことをおすすめします。

 

電流量を簡単に見分ける目安は、ケーブルの太さです。

ケーブルの太いものは電流量も大きくなります。

ですが、太さの規格はありませんので購入の際は、

太さではなく表記してある電流量を確認してお求めください。

 

電流量がある車をブースターケーブルで繋ぐ際は、ブースターケーブルを
電流量の大きい車にあったものを使用してください。
120Aであれば車種を問いません。
電流量の小さい車に合わせた場合、容量不足によりケーブルが発熱し火災
繋がる恐れがあります。
Sponsored Link

電圧は12V

一般的に普通車の電圧は12Vですので、ブースターケーブルも12Vに対応したものを

選びます。(ほとんどのブースターケーブルは12Vに対応しています)

12V/24Vの両方に対応した商品もあり、こちらは大型車(トラック)などにも使用ができます。

 

余裕をもったケーブル長さ

ブースターケーブルは長さに余裕をもつと作業性が良くなります。

3mでは少し短いと感じることがあり、あまり長いものは収納に困ってしまいます。

必要な長さと収納を考えると、5mが一番おすすめと思います。

5mの長さがあれば作業面、収納面の両方において満足できると思います。

 

ブースターケーブルの価格

ブースターケーブルは電流量(A)やケーブル長さにより価格は異なります。

【参考】

電流量(A) 長さ(m)  相場
50A 3m 700円前後 
 120A  5m 2500円前後 

 

まとめ

アンペアとは電流量の単位。電流量とはケーブルを流れる電流の量のこと。

●車種により電流量(A)が異なるため、適応する電流量のケーブルを選ぶ。

●電流量が大きいブースターケーブルはケーブルが太くなる。

●大型車に小型車用のブースターケーブルを使用すると火災の恐れがある。

●普通車の電圧は一般的に12Vが多い。大型車は24Vのことが多い。

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

関連記事>>>ブースターケーブルを使用する方法

関連記事>>>ブースターケーブルは雨の日に使えるの?感電するつなぎ方とは?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.