新品タイヤにある赤丸と黄丸の意味は?マークを消す方法は?

ユニフォミティマーク

新車や新しくタイヤを履き替えた際に、目につくと同時に疑問に思うことがあります。

『タイヤに赤色のマークと黄色のマーク?』、『新品なのに汚れがついている?』

など、この『赤丸』と『黄丸』は何?と疑問に思われる方がいらっしゃると思います。

このマークは購入後に必要になることはありませんが、タイヤメーカーやタイヤ販売店にとっては大事なマークとなり、運転者にとっても良い結果をもたらすマークです。

今回は、この『赤丸』と『黄丸』の意味について解説していきます。

また、このマークを消したいという方もいらっしゃいますので、サット消せる方法もあわせてお話していきます。

Sponsored Link

赤丸の意味は?

赤色のマークの名称は『ユニフォミティマーク』と呼ばれるマークです。

意味は、『タイヤの外径が最も大きい部分』の目印です。

別の言い方では、『一番反発力のある部分』とも呼ばれます。

丸いタイヤはどこを測っても同じと思われますが、実は測る場所によって微妙に直径が異なります。

 

当然、真円になるように製造していますが、実は完全に真円にするには難しいことです。

また、ラジアルタイヤの構造は、タイヤにスチールベルトやカーカスをぐるっと1周して貼り付けますが、最後のところを少し重ねてタイヤを造ります。

最後は少し重ねますので、その部分は少し厚みが増し外径が大きくなります。

この様なことからタイヤを真円に造ることは難しくなります。

 

そこで、外径が最も大きい部分に赤丸『ユニフォミティマーク』を施しています。

ホイールの外径が一番小さい部分にあわせて組み付けると、取付け後は真円に限りなく近くなり、『回転バランス』が良くなります。

実は、ホイールも同様に真円で製造することは難しく、各寸法に微妙な差があります。

ホイールの場合には、外径が一番小さい部分には『白丸』が施してあります。

ホイールの白丸とタイヤの赤丸を一致させて組み込むことで、なるべく真円に近づけ回転バランスを良くしようとします。

ちなみに、赤丸の『ユニフォミティマーク』は、海外メーカーでは採用していないことが多く、国内メーカーにおいても一部のメーカーしか採用はしていません。

黄丸の意味は?

Sponsored Link

黄色のマークの名称は『軽点』と呼ばれるマークです。

意味は、『タイヤの最も軽い部分』の目印です。

赤丸と同様にホイールとあわせた際いの『回転バランス』を取る際に必要なものです。

ホイールのエアバルブがある部分は、それがあることで重くなります。

エアバルブがある重い位置と、黄色の『軽点マーク』をあわせて組み込めば回転バランスを取りやすくなります。

これを『質量あわせ』と呼ばれています。

従ってほとんどの場合、『エアバルブの位置』と黄丸の『軽点』をあわせて組み込まれています。

原則、『エアバルブ』と『軽点』の2つをあわせて組み込みますが、必ず『エアバルブ』と『軽点』の2つをあわせるわけではなく、組み込み後に微調整のために少しずらす場合もあります。

黄丸の『軽点』の場合も、海外メーカーには採用されていないことが多くあります。

国産メーカには採用されていることが多いです。

 

一つの疑問が…

ここで、1つの疑問が生じます。

赤丸『ユニフォミティマーク』にあわせると、黄丸『軽点』の位置がずれ、反対に黄丸の『軽点』にあわせると、赤丸の『ユニフォミティマーク』がずれ、両方あわせることは難しいのでは?と疑問が生じます。

実は、多くの場合は黄色の『軽点』とホイールの『エアバルブ』を合わせることが常識的に行われています。

なかには、赤丸の『ユニフォミティマーク』を使ったタイヤの真円度にこだわる店舗もあります。

この場合では、高速走行の快適性や安定した足回りが感じ取れるようになります。

作業には専用機が必要になりますので設備を導入している店舗が少なく、工賃もタイヤ1本あたり8,000円前後かかってしまいます。4本では32,000円前後になってしまいます。

しかし、現在のタイヤの完成度(精度)は非常に高くどちらであわせた場合も充分な『回転バランス』を発揮します。

海外メーカーには無い理由

一部の海外メーカーでは採用していない理由に、『自社の製品に自信を持っているため組み込み時にバランスを気にする必要はない。アンバランスがあったとしても許容範囲内』といった考えがあります。

マークを消す方法

本当は、黄色の『軽点』マークだけでも残しておいたほうが良いのですが、実際のところは走行している間に消えてしまっていることが多いと思われます。

それなら、最初のうちに消してしまいたいと考える方もいらっしゃいますので、消し方についてお話します。

いくつか方法がありますが、簡単なものを紹介します。

・パーツクリーナーとウエスを使って拭き消すことができます。

・サンドペーパーなどて軽く擦ると消すことができます。

・黒の油性マジックで上から塗りつぶす。

※シンナーは溶剤ですのでNGです。

 

まとめ

1:いマークは『ユニフォミティマーク』と呼び、タイヤの外径が最も大きい部分。

 

2:いマークは『軽点』と呼び、『タイヤの最も軽い分』

 

3:ホイールと組み込む際に『回転バランス』を取る為に必要なことで乗り心地を左右する。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください