タイヤ側面のひび割れを放置するとバーストの原因に? 限界状態でも車検は通る?

ひび割れ

車のタイヤにはゴムの劣化を遅らせる劣化防止剤などが練りこまれていますが、タイヤを長く使用していると、いずれゴムが硬化して経年劣化が起きてしまいます。

そんな、ひび割れたタイヤを乗り続けた場合バーストして事故に繋がるのでは?

ひび割れたタイヤで車検は通る?など様々なことが頭の中をよぎります。

今回は、そんな疑問や悩みについて解説していきます。

Sponsored Link

ひび割れはバーストに繋がる?

バースト

バーストは、タイヤ内部の構造が破壊(ダメージ)されなければバーストに至りませんので、タイヤ表面のひび割れがバーストの原因と直結することはありません。

しかし、ひび割れによりタイヤ内部に雨水などが浸入し、タイヤ内部のワイヤーを錆びさせてしまうと、タイヤとワイヤーが剥離強度下がってしまいます。

強度が下がったところに車重がかかると空気圧でバーストに至ります。

ひび割れして直ぐにバーストすることはありませんが、車を使用しているうちにいずれバーストを引き起こします。

またバーストは走行中でなくても、車両を放置してある状態でも起きることがあります。

車を走らせていない場合であっても、タイヤには常に空気圧がかかっていますので、いつバーストが起きても不思議ではありません。

ひび割れの原因と防止

Sponsored Link

車のタイヤには製造工程中にゴムの劣化を遅らせるために、劣化防止剤が練りこまれています。

劣化防止剤は進行を遅らせるだけであって劣化しないようにはできません。

またタイヤは、使い方によっては劣化を促進させてしまうこともあります。

タイヤの進行を早めてしまう使い方や原因と防止について挙げてみます。

 

実は車を走行してないことも理由

意外なことですが車を走らせていない場合、厳密にはタイヤを動かしていない場合はタイヤが劣化しやすくなります。

理由は、タイヤに練りこまれた劣化防止剤は、タイヤに運動を与えることで(車を走らせることで)、適度にタイヤ内部からにじみ出てきます。

にじみ出てきた劣化防止剤がタイヤの表面を覆うことで紫外線などからタイヤを保護します。

従って、タイヤを動かさなければタイヤを保護する成分がにじみ出てきませんので、タイヤの劣化は早くなります。

 

低い空気圧や重量物の積載

タイヤの空気圧が低い場合や重い荷物を積んだ車両では、タイヤ側面(サイドウォール)のたわみ量大きくなります。

タイヤ側面(サイドウォール)は、接地面に比べゴムの厚みは薄いですが、強いゴムを用いて造られています。

一番伸縮する部分であり、負担(負荷)が大きいことが理由です。

しかし負担が大きい分、劣化を早めてしまいます。

タイヤの側面からひび割れが表れるのもこういったことが理由の一つです。

適正な空気圧を保つことが、タイヤの劣化を遅らせます。

 

油性のタイヤワックス

タイヤワックス

タイヤワックスには水性油性の2種類がありますが、油性タイプはタイヤのひび割れを進行させてしまいます。

ゴムに油分を塗布してしまうと、化学反応により劣化防止剤が想定より多く出てきてしまいます。

適度ににじみ出る分にはタイヤの保護に役立ちますが、多く出すぎてはタイヤ自身の硬化を早めてしまい、ひび割れが起きやすくなります。

一方、水性タイプはこのようなことはありません。

艶は油性に比べ劣りますが、タイヤ劣化の面では水性タイプの方がタイヤには優しいです。

使用する場合は水性タイプをおすすめします。

水性か油性かは、商品の成分欄などに記載してあります。

あまり、タイヤ接地面(トレッド面)にタイヤワックスを塗る方はいないと思いますが、水性タイプであってもタイヤ接地面(トレッド面)は避けるほうが良いです。

タイヤ接地面はタイヤ側面に比べ、走行性能や乗り心地をアップさせる目的で柔らかいゴムを使用していますので、水性タイプであっても避けることをおすすめします。

 

経年劣化や高温な環境

劣化防止剤は高温化ではタイヤ内部から抜けやすく気化しやすくなります。

従って、外気温が高い季節や走行による発熱、路面温度が高い場合は気化しやすくタイヤの劣化も早くなります。

その他には、紫外線を浴びることも化防止剤が早く抜けてしまう原因です。

 

ひび割れたタイヤは車検に通る?

車検

車検にはタイヤのひび割れについての規定はありませんので、ひび割れがあるからといって車検に通らないことはありません。

検査員が目視をして、安全に走行ができると判断されれば車検を通過できます。

例えば、浅いひび割れやヘアクラックと呼ばれる細い線のひび割れ程度なら車検はクリアーできます。

深い割れなど限界状態のタイヤでは車検に通る?

あまりにひび割れがひどい場合は、検査員の判断により車検に通らないことがあります。

例えば、タイヤの骨格を形成しているカーカスワイヤー露出しているなど、この状態で走行をし続けると明らかに危険を伴うと想像がつく状態のタイヤでは車検に通らないと考えた方が良いです。

 

まとめ

1:タイヤのひび割れが即バーストに至ることはないが、ひび割れからタイヤ内部にダメージを負い将来的にバーストすることは考えられる。

 

2:タイヤのひび割れの原因は様々であるが、いずれも管理次第で劣化を遅らせることができる。

 

3:車検にはタイヤのひび割れについての保安基準が無い為、原則、車検が通らないことは無い。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

関連記事

スタンディングウェーブ現象でバーストした時の 対処法!原因は高速と空気圧?

Sponsored Link

 

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください